FC2ブログ

電子書籍

先ほどNHKから今日発売の電子書籍版「ネットでコッミュニュケーション」を購入した。

紙の本は1,080円、電子書籍は952円、15%の割引クーポンが、手に入る楽天KOBOでの購入で、クーポンを使えば810円である。
本棚に形として残らないのは、寂しいと思われる方も多いだろう。

私は場所をとる、文学全集も処分したいと思っているので、断捨離を進めていく中で、新たな紙の書籍は要らない。
電子書籍で手に入るものは、電子書籍にしたいと思っている。


 @1R0019566.jpg


ただ今回のこのテキストは、タイトルにある通り”ゼロから始めるデジタル講座”なので、既にネットでブログを書いている方には必要はないかも・・・。
今までもシリーズで、何度も放送をしていたのと、さほど内容的には変わらない。
新たにLineを始めよう、或いはタブレットを使ってみようという方には向いているかも。





川柳作家は15歳

15歳の川柳作家が、昨年川柳句集「かぐや」を上梓したのを知っていた。

川柳の句集は電子書籍にはならない。
見かけたら購入しようと思っていた。

ところがこの句集の発行所の書籍は、一般の本屋に並んでいない。
っということで、ちょっとせこいが、ネットで中古品を購入した。
それが今日届いた。
中古品ではあるが、なぜか売上カードが挟んである、全くの新品である。
もちろん帯も付いている。
本はCDケースを一回り大きくしたぐらいか、真四角である。
帯には↓のように紹介されている。

平易な言葉で心を動かすその作風で、川柳会を驚愕させた一人の少女。
少女の奏でる17音は、月の光となり闇を照らす。

とあり表紙だけでなく中も真っ黒の中に、感性の句が白字で浮き彫りになっている。
作家は現在高校1年生の倉間しおりさん。

あの世からのお迎えが近くなった六十路にはない、ひれ伏したいほどのみずみずしく、柔らかな感性である。
高校1年生、孫と同じ歳である・・・



@1IMG_0001.jpg

お気に入りのペンなら嘘も書きやすい

憧れてキリンに化けてみるバナナ

妙案は出てこぬ自動販売機

一本の木になりたくて入る森

大盛りにされると嬉しそうな皿

食卓は豪雨鉄板焼きの音

手始めにどこを攻めようパフェの城

大根の白さで殴りたいあの子

目玉焼きどろりと泣かす皿の上

枯枝は何を求めて手を空へ




プロフィールをみてびっくり
川柳研究代表の津田暹氏のお孫さんだという。
3才から作句をはじめ中学3年で12年の柳歴を持つ。

当然と言えば当然だが、川柳の基本がしっかり出来ている。
昨今流行りの、川柳もどきではない。


津田暹氏は、我が柳社の大会にもよく来ていただいている。

いやはや、蛙の子は蛙・・・ではなく、カエルの孫もカエルだった。

今後の成長が楽しみである。
素敵な句集を読ませていただきました。しおりさんありがとう。

シニアナビで、「シニア川柳の会」を開催するようだが、我々シニアの感性ではこんなハッとするような句には、出会えないかも知れない。

9月2回目の映画は

周防正行監督の舞妓はレディ」を観てきた。
シニアナビのyinan さんのお薦めもあって、この作品を観た。
主役は、16歳にしては、体も小さく幼い感じの、上白石萌音(かみしらいしもね)800名に上る応募者から選ばれたという。
平凡な顔立ちだが、800名の中から選ばれただけあって、歌唱力がしっかりしている。

ミュージカル仕立ての映画は、メリル・ストリープ、アマンダ・サイフリッド、の「マンマミーア」以来だったと思う。

周防正行監督が20年温めていた企画だと言う。
文句なしに面白い!

芸達者の役者陣の中で、16歳の新人が光っていた。



以下公式ホームページから転載。

京都にある「下八軒(しもはちけん)」は、小さいけれども歴史がある花街(かがい)。だが、舞妓が百春(田畑智子)ひとりしかいないのが悩みのタネ。しかもその百春も、舞妓になってもう10年が経とうとしていた。
 そんなある日、下八軒に「舞妓になりたい」という少女・春子(上白石萌音)がやってきた。彼女が扉をたたいたのは、八軒小路の老舗のお茶屋・万寿楽(ばんすらく)。唯一の舞妓の百春と、芸妓の豆春(渡辺えり)、里春(草刈民代)を抱えるこのお茶屋に春子がやってきたのは、百春のブログを見たからだった。
 新しい舞妓が欲しいとはいえ、コテコテの鹿児島弁と津軽弁を話す、どこの馬の骨ともわからない春子を引き取るわけにはいかず、万寿楽の女将・千春(富司純子)は彼女を追い返そうとする。だが、たまたまその場に居合わせた、言語学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が春子に興味を抱いたことから、彼女の運命は一転する。「春子の訛りでは舞妓は無理だ」と言う、万寿楽の客で老舗呉服屋の社長・北野(岸部一徳)に対し、京野は「絶対に春子の訛りを直してみせる」と宣言。「春子を一人前の舞妓にしたら、京野のお茶屋遊びの面倒をすべて北野がみる」という約束を取り付けてしまう。

 かくして、その賭けのおかげで、春子は晴れて万寿楽の仕込み(見習い)になることに。しかし、仕込みになったからといって、すぐにお座敷にあがれるわけではない。春子を待ち受けていたのは、厳しい花街のしきたりと、唄や舞踊の稽古の日々。そして何より春子が苦戦したのは、訛りの矯正だった。舞妓になりたい一心で、懸命に稽古や言葉の矯正に励むが、師匠からは「違う違う」と叱られ、先輩芸妓からは「いつになったら、ちゃんとできるの?」と責められる。ついには、京野の弟子・秋平(濱田岳)から「君には舞妓は似合わない」と、とどめを刺され、ショックを受ける。

 果たして春子は、一人前の舞妓になることができるのか? そして、春子が舞妓になりたい本当の理由とは……?


        **************************************



本当の理由は、作品を観てのお楽しみ・・・


   @1photo07.jpg


結末・・・

神戸市長田区の女児行方不明事件は、最悪の結果で発見された。

以下JCASTニュースから

神戸市長田区の小学1年生、生田美玲さん(6)の切断遺体が見つかった雑木林は、女児の自宅から約100メートルの近さだった。

犯人の家からは30メートル、女児が通う小学校からも近く、重点的に捜索が行われたエリアだった。
兵庫県警は連日100~200人の捜査員が動員しながら、なぜ発見までの約10日間、雑木林を捜索しなかったのか疑問が残る。

元刑事からも「なぜ」と疑問の声

女児の遺体は頭部や手足がバラバラに切断され、複数のポリ袋に分けて入れられていた。遺体の損傷が進み、すぐに行方不明の女児だと判別ができなかったほどだ。

発見現場の雑木林は交通量の多い大通りから路地に入り、急な階段を上った場所にある。腰までの草木が生えており、地元の人も普段は立ち入らず、路地からは中の様子が分からない。

しかし、女児が行方不明になったのは11日、県警が捜索を公表したのは翌12日だ。遺体が発見された23日まで、雑木林が捜索されなかったのは不可解だ。

23日、遺体発見の段階で行われた会見で、県警は捜索中に「臭いに気づいて、(階段を)上って発見した」と説明。それまでは階段の下までしか捜索せず、現場を確認していなかったという。その理由については、神戸新聞によると、「17日に現場付近を捜索したが、空き家の発見を目的としたものだった」と説明している。


kabotya.jpg


素人が考えても何か変だと思う。
犯人の自宅から、たった30メートルしか離れていない場所、しかも早くから怪しいとマークされていた犯人。
室内を捜索までしたのに、なぜ少し階段を上がって捜索範囲を、広げなかったのだろう?
重点的に捜索が行われたエリア内の雑木林・・・。
誰一人として疑う捜査員は、いなかったのだろうか?

遺体が発見された雑木林は、阪神大震災で家屋が壊れた跡、そのまま放置されていたと場所だそうだ。
学校からも女児の自宅からも近い、この雑木林にもしや?との思いはなかったのだろうか?
兵庫県警の完全なチョンボだと思う。


埼玉の娘にLineで、「子どもにはうるさすぎるほど教えないといかんね」と言うと「ウチの子、前の公園で知らないおじさんがボールをあげると言ったけど、お母さんに叱られると言っていたので、安心したわ」と返ってきた。

殆どが、優しい親切なおじさんおばさんだが、親としては気を許すことはできない、嫌な世の中である。




お利口さん

先週の心臓血管外科の受診日のこと。

私が座った前のソファーに、ラブラドール・レトリーバーの盲導犬を連れた視力障害の男性がいた。
しばらくして、「自分の受付票の番号は何番ですか?」と受付票を見せて言った。
モニターに映る文字は見えるが、白い紙に黒い印字が見えないと言う。
モニターはグリーンに黒字だったか。
受付時に、紙と一緒に出てくる呼び出し機にもナンバーが付いているが、白地に黒字。
これも見えないようだった。
自分の受付番号が解らないと、モニターに表示されても解らない。

穏やかな口調の男性で、ついどこの訓練センターで盲導犬の訓練を受けられたのか、聞いてみた。
京都の亀岡にあるのは知っていたが、その方によると全国で11か所あるが、近畿は恵まれていて3か所あり、自分は神戸で訓練を受けたと話された。

数日前に録画で、盲導犬クィールの映画を観たとこだったので、お利口にじっとしている盲導犬をみて、色々お話を伺った。
この子と暮らし始めて、3年目になること。この子なしの生活は考えられないこと。
「ホントに賢い子です、何時間でも文句を言わず、じっと待ってくれます」
これを聞いて、予約時間が2時間ほど過ぎて文句をいう人に、聞かせてやりたいと思った。

男性がちょっと後ろに身体を向けると、素早く仕事の顔になり立ち上がる盲導犬。
優しく「sit down」の声で、また座りなおす。まだ仕事ではないようだと、姿勢を崩して横になる。
時々、男性の顔を見上げる。

その方との話のなかで、東京であった盲導犬が傷つけられた話しがでた。
こんなにおとなしくて、私達盲人の目なのに残念なことです・・・と悔しがっていた。
そうこうしているうちに、その方の呼び出し機が鳴り診察室の前に行った。
診察室の前で、横になりリラックスするワンちゃん。

2時間余りの間、一度も声を出さなかった。本当にお利口さんである。


軟骨無形成症

テレビでIPS細胞が、この病気の薬効を確認したというニュースをみて、初めてこの病気の名前を知った。
染色体の異常なのか、50年前の高校の同級生の顔とよく似ていた。
ダウン症の人の顔に特徴があるように、この病気もネットでみる限り、みんな同じような顔をしている。

同級生の彼女は、すでにお母さんがそ亡くなっていて、お父さんと姉さんや兄さんと暮らしていると聞いていた。

身長約120センチぐらいだったか、そう手足の長くない私より、手足が極端に短かった。
私は同じような体型の人と会うのは初めてだった。
他のクラスや学年から彼女を見に来た。

当然と言えば当然で体育は苦手だった。
でも他のことは何でもできていた。特に珠算がよく出来て、字もきれいだった。

何かの病気だなと思っていたが、本人に聞くのは躊躇われ、病名を知らないまま卒業した。

高1のある日、その友人も入れて5人で遊びに行こうと云うことになった。
当日お弁当を持って集合場所に行ったが、彼女は来なかった。
お姉さんが”○○さんですか?Iの姉です”と声をかけてきて、一緒に行けないことを聞いた。
一緒に行けない、行かせない?理由は解らなかった。
多分、迷惑を掛けないようにとの配慮だったと思う。

みんなと一緒に掃除もした、昔のことで廊下の拭き掃除もしていたが、「足が短い=スカートが短い」ので、廊下の雑巾掛けをすると、下着が見えた。
みんなで話し合って彼女は、廊下の拭き掃除はしなくてもいいことにした。



体育祭前日のホームルームの時、担任が苦しそうに”Iさんを体育祭に出さないようにと校長から言われた”と言った。
Iさんの席を見るといなかった。
血の気の多かった私たちは、怒った怒った。グランドにいた校長に詰め寄った。
脱いであったスーツの上着を、みんなで踏んづけ破いて放り投げた。

翌日、彼女が来なかったら、迎えに行くことを決めて、学校に行った。
彼女は、何事もなかったように登校してきた。
小さな身体に、強い意思を持っていることに感心し、そんなクラスメイトが自慢であった。


教育者が、こんなことを言うなど、今なら絶対にあり得ない話だと思う。
もしそんなことを言ったら、ニュースになり、実名でネットで叩かれるに違いない。。

50年前の教育者は、こんなことを平気で言ったのだ。


今から薬剤が開発されても、同級生は救えないが、この病気で苦しんでいる多くの子供たちを、救えるようになればいいなと思う。
IPS細胞の計り知れない可能性に拍手



言葉・漢字

季刊誌の鑑賞文を書くとき、あるいは文字数の決められた長文を書く時は、wordを原稿用紙設定にして打っている。
そして、それが活字になる時は、内閣(現在は文化庁?)告示現代仮名遣いに従って書く必要がある。
間違えていたら師の校正が入るので、いいと言えばいいのだが、返された原稿にあまりたくさんの赤字を見たくはないのが本音である。


先月の勉強会の鑑賞文に使った漢字をここでチェックしてみた


「改定した常用漢字表(2010.11)」のチェック結果
結果は次の通り。


出現した全漢字: 171字
常用漢字以外: 7字 噛.云頷尤燦.浩栗
(↑2文字目以降は.で表示しています。その字や.をクリックすると、出現場所にジャンプします)
常用漢字: 164字
 小学1年) 30字 日入見一上小八人早出中気生石山手文白子水先空大下目田四月村男
 小学2年) 41字 食明前作心自分西夜時思方朝知合毎活当間回同言元今半長地親考野新聞紙読通書来切門園妹
 小学3年) 28字 院事者急決味受仕終持起橋待病向予短医物感両安神送代問消使
 小学4年) 12字 良信夫約周囲冷最験例試老
 小学5年) 12字 構備余句張術過経性減版承
 小学6年) 10字 宅段私担忘砂著権姿幼
 中学以降) 29字 違輝乾詠敢及緊込恵恐購賢悟寝宵丈煮摂怒脱籍稚芳普爆倒裕坊帽
 旧字体など) 0字
 追加字種) 2字 頃羨


そして19日のブログ《花嫁と角砂糖》は↓の通り。

改定した常用漢字表(2010.11)」のチェック結果
結果は次の通りです。


出現した全漢字: 148字
常用漢字以外: 3字 叩賑筈
(↑2文字目以降は.で表示しています。その字や.をクリックすると、出現場所にジャンプします)
常用漢字: 145字
 小学1年) 23字 花日一大中生上本田人四正足出手口草子下青年見目
 小学2年) 33字 前画角通明家親今光思活食室台園後帰来首教書夜行時直言用作外国読多分
 小学3年) 24字 式族集事礼品世界物庭和昔放仕部屋死転相持病期定所
 小学4年) 15字 録観初結末静必型景軍隊愛最浅良
 小学5年) 7字 勢情舎寄布常設
 小学6年) 14字 映砂糖暮我並私幼座洗供窓納探
 中学以降) 25字 嫁違儀箇婚控甲載込更悟需寝随稚締葬婿抱薄敷彼娘戻恋
 旧字体など) 0字
 追加字種) 4字 蓋膳鍵臆


っと、まあ親切に今の子どもたちが、漢字を習う学年まで表示してくれる。

↑を見ても解るように、あまり難しい漢字使わないが、送り仮名は極力間違えないように気を付けているつもり。

蟬・鯖、あるいは髙・﨑など人名や地名、また高齢の作者が使っている旧字体は、基本的にそのまま打つことにしている。これは師のこだわりだと思う。

英語圏で製作されたwordは、笑ってしまうような誤変換が多いが、一太郎はしっかりもののお兄さんである。
しかし今のWindows7のPCに買い換えた時、一太郎は7に対応していなかった。
すぐあとで新しいソフトが出たが、そのころ会報の編集をしていてやっとwordに慣れたのにと思い、そのままwordを使っている。
夫は11年の春ごろ新しいPCを購入し、一太郎のソフトも購入した。
一太郎も前に使っていたのとは大きく違っている。
日本語の文章しか書けない私には、一太郎の方が合っているのは確かだが、wordで保存したものをまた一太郎に変換するのが面倒で、そのままになっている。


私がPCを使い始めた頃、購入したPCは、そのままではただの大きな箱だった。
必要なソフトをインストールして、やっと一人前のPCになった。
今のPCはよくJネットのCMなどで言っている通り、ネットに繋げさえすれば立派なPCになる。
最初から、あらゆるソフトが入っている。
ネットに繋がなくてもPCそのものであるが、ネットに繋げば、よりPCの魅力を発揮するというところだろうか。

川柳のあとのランチの時、ある方に「ガラケーとスマホの違いは?」と聞かれた。
「一言でいえばスマホ(私はiphone)は小さなPC、何でもできる」と答えた。

何でも出来る小さなPCだが、大きなPCも小さなPCも、使いこなしているとは言えないのが、私の実情である。

そして今日の午後、Lineは乗っ取りを防ぐため、セキュリティを強化するPINコードの設定を義務付けた。

Lineに対しては、事件に巻き込まれる原因になるという誤解がある。
正しい使い方をすれば、心配することはないと思っている。


パソコンと蜜月になりみつめあう   タンポポ

便利なもの

@R0019536@.jpg右の丸で囲んだものは何かご存知ですか?

今まで給油もずっと、カード決済をしていた。
長年給油していたガソリンスタンドが、急に閉店したのは今年5月の連休のころだった。

洗車券がたくさん残っているのに・・・
夫が入院中は、月に2回は給油していたのに、何のアクションもなかった。本当に急だった。


自宅に一番近いスタンドは交差点のところで、出るのも入るのもちょっと苦手。
生活圏には、なぜか○ニオスが多い。

7月の終わりだったか、川柳の帰りに○ェルのスタンドを見つけて入った。
あっちゃセルフだ・・・
このまま出ようかと思っていると、お姉さんが出てきてくれた
私のようなバアチャンドライバーに、セルフは無理だと店の方も思っているらしい

一応教えてもらったが、自慢じゃないが一度で覚えられるほど、物覚えはよくない。
その時、この画像の物にすれば、次回からカードを出さなくてよいと言われて作ったのだ。
全国の貝マークのスタンドで使えるという。
機械に、これをかざせば情報が入って、ガソリンを入れるとレシートに名前が印字されている。
サインも要らない優れものなのだ。
もちろんきっちりカード会社から、請求書もくる
そして昨日も川柳の帰りに、同じスタンドに入った。
免許を取って16年、初めて自分で給油口の蓋を開けた

やっぱり一人では入れられなかった

モタモタしていると、おじさんが出てきてくれて、もう一度レクチャーしてもらう。

次回は一人で入れられると思う・・・多分。
手順を忘れないうちに行かないと

花嫁と角砂糖

@hanayome_satogashi_0.jpg
ずいぶん前に録画していたブルーレイを観た。
初めてイランの映画を観た。

「花嫁と角砂糖」タイトル通り花嫁がヒロインであり、結婚式を明日に控えている末娘パサド。
静かに暮らしている一家に、親族が大勢集まってくる。
それぞれに事情を抱えて・・・。

婚礼に角砂糖は必需品のようだ。


薄型テレビや、スマホ、ノートPC、今や世界中どこにでもある光景だと思いながら観ていた。
我々の生活とちょっと違うのは、カーペットの上に敷物を敷いてごちそうを並べて食事をするのだ。
日本の家庭では和室なら、ちゃぶ台やテーブルの上に並べて食事をする。

昔々田舎では、私が幼稚園ぐらいまでだったか。一人ずつ四角い蓋つきのお膳を前にして正座して食べていた。
その後、田んぼから帰って足を洗わなくても食事が出来るようにと、テーブルになった。



大勢の親族が集まるので、にぎやかな映画である。
花嫁のおじさんが、手の甲に角砂糖を載せて手首をポンと叩いて、角砂糖を口に放り込む。
そんな仕草を子供に教える。


   **************************************
下書きのつもりだったのにアップされていた

賑やかに婚礼前の夜が更けていく。

大勢集まった親族は、家の鍵はおろかドアや窓も締めずに、ごろ寝をしている。
ヒロインがおじさんのいる部屋に行くと、寝ていると思ったおじさんが死んでいる。

婚礼の筈が、一転して葬儀になってしまう。
ヒロイン、パサドが思いを寄せていた青年が、軍隊から一時帰ってくる。
ラジオを直したり、幼い子供の相手をしたり、そこで布をかぶせてあるものを見てしまう。
日本で言えば結納用品だろうか?
一目見て結婚式を悟った青年は、軍隊に戻ってしまう。

軍に戻るため出て行った彼を、ランプを持って探しに出るパサド。
恋愛に臆病なのか、イラン人の常なのかはわからない。


そして最後まで、花婿の出てこない作品だった。
花婿は外国にいるという設定ではあったが・・・。

私の読みは浅いが、多分良い作品なんだろう、と思う箇所が随所にある。

試練はまだまだ

昨日、4時~4時半予約の心臓血管外科の診察に行って来た。
駐車場に入ったのは13時28分。
受付をして、9月最初の診察なので、保険証のチェックを受ける。
支払いも受付も機械だが、保険証のチェックは当たり前だが人の目


70日以上も塞がらない皮膚に開いた穴からは、毎日、血と黄水が出て、ガーゼがべったりと汚れる。
今日の採血の結果、変な細菌もいない、CTを撮ったが異常はない。
ならばなぜ70日も皮膚に穴が開いたままなのか、医者も首をひねる。

最初の手術で、胸骨を開きワイヤーでとめてある。そのワイヤーが悪さをしているのかもしれない。
何度か書いているが、夫は去年の吐血(4月26日)後、食道抜去と100日以上、胃瘻、食道瘻をしていた。
その後、8月15日に食道再建胃管胸骨前手術を受けている。
これは特殊な、↓の画像のような手術である。

      @IMG_1054@.jpg

   《2013・11・15日撮影》 食後で胃がパンパンに膨らんでいる。

ワイヤーは6か所とめてあるそうで、ワイヤーを抜くだけなら、局所麻酔でごく簡単な手術らしい。
夫の場合、皮膚のすぐ下に偽の?食道があるため、食道を傷つけないようにメスを入れねばならない。
これが難しい。医者はかなり嫌がっているようにみえる。
心臓血管外科と外科との、共同の手術になる。

次は3週間後の受診、それまでに塞がっていればいいが、多分無理だと思う。

もしかすると年内に半回神経麻痺と、ワイヤーを抜く手術を、受けるようになるかもしれない。

闘病は続く 命のある限り    タンポポ   はぁ~

質の悪い睡眠

昨夜夫が寝室へ引き上げる時、”早く寝ろよ”と言う。
”早くベッドに入っても電気を点けて、ずっと本を読んでるのも変わらんやん”と返す。
すると意外にも”もう寝ようと思った時、隣のベッドが空だったら心配する”と言う。
嘘か誠か???ええぇ~~

しかし、私がべッドに入った時、夫が本を読んでいると明るくて寝られないのは、気づいてないようだ
だから夫が電気を消したころを、見計らって寝室に行くのだ。

脚の手術をしたこともあって、長女が嫁いで以来10年ぐらい、娘の部屋のベッドを買い換え、私が寝るようになった。
この時は、スリープのタイマーをかけて、CDを聴いたりラジオを聴いたりしていた。
気楽でよかった。

次女も嫁いで数年後、もう一つ空いた部屋にベッドを2台入れて、寝室にしようと夫が提案した。
「今後、歳を重ね別々の部屋で寝ていて、何かあって朝まで気づかないようなことがあるとも限らない・・・」
私の場合、何かがあっても、そのままにしてほしいと思った。
虫の息になっているのを、無理に助けてもらわなくても・・・。

何で今更寝室を一緒に・・・と思いつつも、仕方なく夫の言うようにした。
5年程前のことで、夫も元気だったので、家具の移動はほとんど一人でした。

そして今・・・2年半で6度の手術をした病身の夫。
高齢の男性の宿命ともいえる前立腺肥大のため、何度もトイレに起きる。
そのたびに目が覚める。目が覚めないようにと、薬を飲んでもやっぱり目覚める

退院直後、トイレに起きて2度転んだ。痩せこけた老人が転ぶのは、骨折のリスクが非常にたかく危険である。
そんなこともあって目が覚める。そっと音をたてないように起きているが、目は覚める





つい先ほど関東地方に、地震速報が発令されました。
震源は茨城県南部。
埼玉、群馬、栃木、みなさんのところに被害がありませんように。

   @R0019527.jpg

三連休最終日

私は三百六十五連休   伸廣

我が家も同じ、どこかに出かけなければと言うのは、病院ぐらいである。

明日は心臓血管外科の受診日で、出かけなければならない貴重な日である。

先日、敬老の日を前にして、幼稚園児の孫娘から、お手紙?プレゼントが届いていた。
先生が作った状差しに、色紙のどんぐりを貼ってあった。
自分の名前も書けないTに代わって、先生bの字で、いつまでも元気でいてくださいね  Tより
と書いてあった。

夫は封筒のままどこかにしまった。
状差しなんだから、使わなあかんでしょ

そして今朝、テレビ電話(フェイスタイム)をしようと言うので、付き合った。
”Tちゃんのお手紙届いた?”
”届いたよ、ありがとうね、おじいちゃん大事にしまってるわ


昨日はお父さんの幼馴染が2人遊びに来たこと、前までお出迎えに行ったこと、お土産をもらったこと・・・色々話してくれる。
お兄ちゃんのKは、3人の中でお父さんが一番カッコよかったと言い、Tはディズニーランドを経営する会社に勤務する方からの、お土産が嬉しかったようで、そのおじさんが一番カッコよかったという。
でもその後で”みんなカッコよかった”とフォローも忘れない。
なかなかの世渡り上手かもしれない。



   @R0019531.jpg

  《ぼんやりと一人見上げる秋の雲   タンポポ》

青い空白い雲

   @R0019513@

    《鬱々としては駄目だと空が言う     タンポポ》

朝夕はめっきり涼しくなった。
キッチンで火を使ってもあまり暑くなく、料理をしようかという気にもなる

お天気がよく空がきれいだ清々しい気分になれる筈なのに、イマイチこの青空のようにスカッとしない。
過去4回の手術のように命がけではないが、7回目の手術に前向きな夫と、止せばいいのにと心の片隅で思っている、私の心のせめぎあいが原因だと思う。


ホント疲れたなあ~・・・。

わたくしの老後は 限りなくグレー    タンポポ

短詩型文芸

私タンポポは、趣味として川柳を初めて18年になった。
その割には上達をしていない・・・否そういう問題ではない。
冷静に考えると、PCを初めてから、川柳に入れ込む力が半減したのだと思う。

川柳を始めた頃、週3日マンションの管理人のおばちゃんをしていた。
午前9時から午後5時まで、さしたる仕事もなく窓口で、エントランスを眺めてひたすら座っていた。
読書ぐらいは可だったが、あまり目立つことは出来なかった。
そんな時、無料で配達されるタブロイド紙を読んでいて、川柳の講座を見つけたのだった。
これなら座っていながら考えられると思った。
阪神大震災の後、新聞に掲載された川柳に心を動かされ、やってみたいと思っていた。

被災地へ急ぐ背中の水の音    天根 夢草
平成七年一月十七日裂ける     時実 新子

この2句がズキンと胸に突き刺さった。
それ以来忘れることのない句である。

そして、5期生として5人の仲間と講座に入った。
今も残っているのは、私だけである。
継続は力なりと言うが、私の場合厚かましさと仲間の優しさで、続けていると思う。

元々母と祖父が、雑排という短詩型の文芸をしていた。
少しながらその血を、受け継いでいるのかも知れない。
私が初めて7~8年後、長姉も独学で川柳を始め、同じ季刊誌に投稿をしている。



中学生のころ、学習雑誌を買っていて、後ろの方に投稿欄があった。

”木犀の香り豊かな秋日和” 俳句のつもりで投稿したのだが、季重なりのこの句が入選した

川柳人口も高齢化の一途をたどっている。
教室の仲間は皆健在だが、18年の間に、多くの柳友を失った。
60代後半はまだ若い方である。あと何年出来るか解らないが、仲間と3冊目の川柳集を出すまでは、精進せねばと思っている。

”2000年の春・2010年の夏”と出した。
順番なら次は”2020年の秋”になるが、それには、まだ6年もある。
メンバーの年齢を考慮すれば、もう6年は待てない。
恐らく2~年先に出すことになると思う。

↓は旧作から

水虫の足も入っている足湯             タンポポ
これ以上曲がる余地ない母の腰            ”
闘病は続く 命のある限り                ”
ラッピングされ恥ずかしい路線バス          ”  
婆さんと夫に呼ばれ無視をする             ”
香焚いて自問自答の夜が更ける            ”

反回神経麻痺(片側)

夫の声が、人工血管再置換手術後、かすれてほとんど出なくなって、7か月が過ぎた。

詳しくはここ反回神経麻痺で・・・。
昨日、通院中の病院の耳鼻咽喉科を受診してきた。
そして、はっきりとこの病名を告げられた。

術後半年間は、自然に回復することもあるので、今まで様子をみていた。
しかし、夫婦二人暮らしとはいえ、お互いに耳も段々聞こえにくくなっている。
一度で話が伝わらないもどかしさは、双方にストレスがたまる。

そこで今回、受診したのであった。
麻痺している声帯の外科手術をすれば、元には戻らないが、今より出る可能性はある。
しなければこのまま戻らない。
夫は手術する気満々である。

しかし、100%今より声が出るという保障のない、手術である。
手術時間は約2時間、入院は1週間・・・
1か月後の再診時、返事をするという。

10月が来ると、最初に倒れてから3年になる。
また手術、3年の間に7回目の手術・・・気が重い

長寿の両親


昨日、部屋に入ると先月103歳の誕生日を迎えた父に、職員さん手作りのバースディカードが壁に貼ってあった。
今の父には、自分の年も誕生日も解らない。

8年前、特養に入所した時、住所氏名生年月日を書いて若い職員さんに”スゴイ!”と拍手をしてもらった。
この時も、すでに認知症を発症していて、ゆっくりゆっくり進んでいた。
100歳の時は”100歳になったよ”と言うと”えらい長生きしとるのう”と言った。
今は耳もほとんど聞こえていないので、会話もかなり困難である。

母は昨日、叔母をみて”歳とったなあ”と言った。
自分の歳を、この時点で間違えていて90歳だと言った。
叔母が”私が88歳で姉ちゃんは92歳やで”と言うと、しばらく考えて”そうだったかいな、この頃呆けてるねん”

10年後、20年後の自分が、どうなっているのか怖くて仕方がない。
もっともその時、生きていればの話ではある。

  @R0019476.jpg
 
  午後5時ゴロの《明石海峡大橋》上り線SAから。

  @R0019482.jpg

  同じく5時ごろの《下り線のSAにある観覧車》上り線からみたもの。

親不孝娘ですが

叔母と従妹と姉二人と、両親の面会に行って来た。
夫が倒れて以来数えるほどしか両親の顔を見に行っていない親不孝娘 。
こまめに行っている姉達から、その都度様子を聞いているので、そうびっくりするほどの変化はなかった。


坂道を転げるように、認知症が進んでいる母のことを、叔母がショックを受けないように、先日から話してあった。
今日も食事をしながら、我が家に置き去りにされた前後のことを話すと、メガネを外して涙を拭いていた。
この様子では、涙のご対面になるだろうと思った。

ケアハウスに行くと、母は部屋の入り口に背を向けて、車いすに乗っていた。
入り口で3回声をかけるも聞こえない。横まで行って声をかけると「ハイ」と返事した。
横を向いたその顔は、喜怒哀楽を忘れた認知症の老人の顔だった
そして、5か月も行ってない親不孝娘の名前は、しばらく出てこなかった。
お母ちゃん親不孝でゴメン

そして叔母の登場・・・姉が「珍しい人が来てくれたよ」と叔母を横に座らせた。
母はしげしげと叔母の顔を見て、じ~と考えている。
そこで叔母は泣き出すかと思ったが、ニコニコと笑顔。
母の口から「M子やな」

叔母が「姉ちゃんの夢を見たから会いに来たよ」とやっぱり笑顔
涙のご対面にはならなかったが、感動的な10年ぶりの対面となった。
しばらくすると母の顔が、だいぶしっかりしてきた。
何もすることがなく部屋で一人いると、認知症が進むのも無理はないと思う。
しばらくケアハウスで喋っていたが、渡り廊下で繋がっている父のいる病院に、母の車いすを押して行った。
103歳の父は病院、92歳の母は同じ敷地内にあるケアハウスで、お世話になっている。


父のところへ行って、寝ている顔があまりにも、小さくなっているのにはびっくりした。
介護師さんに車いすに乗せてもらって、少し時間が経つと段々戻ってきた。
何故、あんなに小さく見えたのかは解らない。
姉も1か月前にあった時は、こんなに小さくなかったのに何でやろ?と言った。
車いすに乗って、大きなプリンを自分で食べた。
それはそれは、びっくりするほどのスピードで食べた。
甘いものは美味しいと、言いながらニコニコ顔で食べた。
一つ食べて、まだ食べると手を出した。
大きなプリンを2個も食べさせると、食事に響くので預けておくからねと言うと、にこっとした。
甘いものが大好きで、少し前まではアンパンやどら焼きを持って行っていたが、今はとろみ食のため、そういったものを食べさせてあげられない。
今差し入れが出来るのは、プリンのみ

私は次いつ行けるか解らないが、姉たちが行った時、叔母が来たことを覚えているかどうかは甚だ怪しい。
今の母はそんな状態であり、父も今まで前にいたのに、後ろに回るとすっかり忘れてしまう。

母をケアハウスに連れて戻ってきて、我々が帰ろうとすると「1階に降りる・・・」
介護士さんに、連れて降りても良いか聞くと、1人で帰ってくることが出来ないので、ダメだと言われた。
つい最近まで、1人で降りて新聞を読んだり、売店に行ったりしていたのに・・・。

悲しい現実であるが受け入れねばならない。





無事故無違反

ペーパードライバーの夫は、当然ながら無事故無違反である。

来年春の、ある賞の受賞の基準を充足しているので云々・・・の連絡が、役所からあったのは6月だったか?
その後、在職中に手がけた仕事内容などを、書類にして住民票とともに持って行った。

そして今回は、無事故無違反の証明書が要るということで、警察に申請に行き、10日ほどしてそれも出来てきた。
万が一私が対象者になっても(絶対にあり得ない話しではある)この時点でアウトである
後は、神戸の役所を離れての審議となるらしい。

何分にも対象者はたくさんいるらしいので、申請してもいただけるかどうかは解らない。
今の夫の体調では、もしかしてだけど~という気持ちで、それが生きる希望になればと思う。

しかし、アホな私には、基準の充足なんて硬い言葉は、役所言葉かなと思う。
今一般的に使われている、上司は役所言葉なのは知っている。



来年春、夫の体調が今より良くなっているとは、考えにくい。
明後日、耳鼻咽喉科を受診するが、恐らく声は今より戻ることはないだろう。
夫は少しの望みをかけて受診するので、否定も肯定もしない。
ただ受診の結果を聞くのは、天の声を聞く様で怖い。

青い空 夫の声が戻らない    タンポポ

腹立つなあ・・・その後

結局今日は何回、駐車場を見に行ったのだろう?
5回かな?一度は立体駐車場の2階に入れていたが、、この調子では長期戦になるかもと思い、
無理を承知で、出来るだけ自宅に近い場所に変更していただいた。
巧い具合に近くが空いたので、移動した。


結論から言うと、27時間半ぶりにめでたく愛車は我が駐車場に収まった。
正確には、昨日の朝出かけてからだから、34時間ぶりになる。

納まったとはいえ、こちらの気分はスッキリとは、いかないのは事実。
間違った2台の、どちらが先に違う場所に入れたかは、わからないが、隣はとても覚えやすい番号。
そしてその隣は、昨日の画像の115番と同じ条件の場所。
同じ条件とは国産車なら運転席から降りると、元は植込みがあった場所。
何年か前に、「雨が降ると乗り降りの際、濡れる・・・」とクレームがあった。
駐車場内の植込みを、全て抜き後を、コンクリートで固めた。
右隣の駐車場とはその、コンクリートの部分だけ広い。
バックで車庫入れをするので、気づかないはずがない。

でも慣れとは、こういったものすべてを、頭の隅から消し去るのだろうか?
私は、毎日ボーと暮らしているので、大いに危険だと思った出来事でもあった。

腹立つなあ (追記あり)

我が家の住まいはマンション、戸数は全部で380戸あまりある。
駐車場は販売価格に含まれており、各戸に1台分ある。
費用は年間、12,000円の維持管理費を払うだけ。
5年に一回抽選で場所を決める。
駐車場の入り口はロボットゲートなので、主にその修理と維持費、そして何年かに一度のライン引きの費用に、充てられる。

もちろん車を所有しない家庭もあり、駐車場の所有を辞退することもできる。
完成して20年以上も経ってくると、高齢化もあり駐車場の空きが、たくさん出てきている。

今はその空き駐車場をめぐって、管理組合が色々模索中である。
50台分ぐらいの余裕があって、それを車を2台以上所有している方に解放するか、またその場合は賃料をいくらにするか・・・。


前置きの方が長くなってしまった。

今日は午前中川柳の講座で、その後、歯科医に行き、お買い物をして帰ってきた。
何も疑わず、いつものようにロボットゲートを跨ぎ、駐車場へと入っていく。
すると私の駐車場には、右横の車が停まっている、そして隣には、もう一つ横の車が停まっている。
私の車を停める場所がない

恐らく勘違いから、私の右横の駐車場に先に停めて、次にその車の隣にまた勘違いして、私のところに停めたのだろう。
帰って来たとき、何台分も空いていたら迷うことはある。

今回が初めてではないので、腹が立っている。
380戸以上もあると、隣の駐車場の持ち主が解らない。



   @R0019453.jpg


しかし駐車場には、全て↑こんなに大きくナンバーをふってある。
確認しないのだろうか

いくら身障者で「駐車禁止指定除外車票」があるといっても、ずっと外に置いておくことも出来ない。
仕方なく駐車場係りさんのところへ行って、来客用駐車場の手配をしてきた。

さていつ私の駐車場を空けてくれるのだろう。
早く気づいてよね・・・ 怒ってるんだから



  illust3783_thumb.gif

今朝11時過ぎに駐車場を見に行ったら、2台隣の車は出かけていてなかった。
取りあえず当たりを付けて、隣の駐車場の持ち主を捜しに行った。

でも見つからなかった。

もう一度午後見に行くと、帰って来た車はやっぱり間違ったまま、本来の私の駐車場の隣に駐車している
どうして気づかないのだろう?

爆発寸前です・・・いやいやすでに爆発しております

気を付けなきゃ

先日、見つけたニュース、気を付けなきゃ・・・と思ったニュースでした。

迷惑防止条例によるもの。これではお祭りや事件で人様にカメラを、向けてはいけないってことかも。
しかしテレビのニュースなどでは、何度も同じ人が映っている。
あれは撮りましたよ、放映しますよと、了解を得ているのだろうか?



以下ネットニュースの全文

下着を盗撮したわけでもないのに逮捕─―。こんな事件が川崎市で起きた。神奈川県警に捕まったのは同市環境局に勤める40歳の男。28日の夕方、東急田園都市線の車内で隣に座った女子大生(21)を撮ったのだ。

「男はUSBメモリーの形をしたカメラで動画を撮影。気づいた女子大生が警察を呼び、県迷惑行為防止条例違反で逮捕されました。撮った映像は女性の顔から足までの全身で、パンティーやブラジャーは写っていなかった。警察によるとスマホやカメラで撮っても捕まるそうです」(捜査事情通)

 過去にも類似の事件が起きている。08年には通行中の女性の後ろ姿を撮った自衛官の有罪が最高裁で確定。11年には千葉県で電車内の女性の寝顔を撮った男が逮捕。いずれも迷惑行為防止条例違反。ちなみに神奈川県の同条例違反の罰則は1年以下の懲役または100万円以下の罰金だ。

シャッターを切らなくてもアウト

「不用意に他人を撮影すると誰もが捕まりかねません」とは弁護士の山口宏氏。

「迷惑行為防止条例は女性の下着や身体を写して恥ずかしい思いをさせたり不安を抱かせた場合に適用されます。『身体』とは洋服を着た状態も指すので街で通行人の女性を撮り、警察を呼ばれたらアウト。カメラやスマホを向けただけ、シャッターを切らなくても捕まります」

 秋祭りなどで法被を着ている女性や公園でしゃべっている主婦、駅のベンチで居眠りをしている女性などを無断で撮るのも危険。すべての年齢の女性にあてはまるので、老婆を撮って「恥ずかしい思いをさせられた」と抗議されたら、警察沙汰になりかねない。

「見知らぬ女性を撮ってしまい騒がれたら、速やかに立ち去り、時間的、場所的に間隔を取ること。現行犯逮捕が原則だから警察もしつこく追ってこないものです。『すぐに逃げる』を心がけてください」(山口宏氏)

 生きにくい世の中だ。


これでは脚に自信のある人しか、人物を撮影出来ないってことになる。

高齢の姉妹

両親の面会に行った二人の姉が、最近の母は自分から口を開かなくなったと言う。
認知症が、確実に進んでいるのだろう。
そんな母がぽつりと「M子に会いたい」と言ったのは7月だったろうか。
母の云うM子は、大阪にいる母の妹、米寿になる。
最初は次女姉に、次は翌週行った長女姉に、言ったという。

2人とも、叔母も1人では来られないだろうし、自分たちも連れてこれないので、難しいね。と言って帰ってきたと電話があった。
3人の中で唯一車に乗る私も、大阪のおばの家まで迎えに行くのは、自信がない。

先日、従妹と電話で話しをする機会があったので、母が叔母に会いたいと言っていることを、世間話のついでに話した。
すると、「昨日実家へ行っていて、叔母さん叔父さんのことを話したのよ。万が一亡くなっても連絡はないかもね。家族葬ですませたと言うかも・・・そんな話をしていたんよ」と言う。

「お母さんにおばさんが会いたいって言ってる話をするわ、行くと言ったら主人が乗せていくから」
そうなればいいなと思っていると、翌日従妹からの電話で「夕べおばさんの夢を見たっていうのよ、会いたいって言ってるよ。と伝えると、今までなら疲れるとか体調が悪いとか言っていたのに、連れて行ってほしいって・・・」
何でも叔母が母の夢を見たと、知り合いに話すと「奥さんそりゃに一回会いにいきなはれ、行かんと後悔するかも知れまへんで・・・」と言われその気になったようだ。

88歳と92歳、お互い何があっても不思議ではない年齢である。もう一人86歳ぐらいの叔母もいる。

話しはトントンと進んで、来週の火曜日に行くことが決まった。
私も約5か月ぶりに行くことにした。従妹とも叔母とも約10年ぶりの対面になる。
時々叔母とも電話で話していたが、この1年半ぐらいは話していない。

両親のことでは、いっぱい話したいことがある。
お天気でありますように・・・


@R0019443.jpg


知らなかった

知らんかったなあ。
○コモの簡単スマホでLINEが出来ない。

私がLINEを始めてから、一番の友人にLINEをしようと誘っていた。
ダウンロードしたら、出来るからと誘っていた。
「アナログ人間だからダウンロードって言われても・・・」

友人のは○コモの簡単スマホ、昨日会ったときダウンロードしようとすると、
「この端末では利用できません」と表示された

スマホには、もれなくLINEの機能が付いていると思っていた。
う~~ん残念・・・
フェイスタイムの機能もなかった・・。

せっかくのスマホなのに、勿体ない。

私、今日はポッキーを買って、無料スタンプを手に入れた。
今度トヨタへ行ったら、シリアル番号を貰ってスタンプを手に入れよう。

スタンプショップを見ると可愛いのがあって、かなりの誘惑に耐えている

2か月ぶりの映画

今日観たのはジブリの「思い出のマーニー」
友人とランチのついでに映画を観ようと思ったが、まだ夏休みの延長のようで、子供向けの映画ばっかり・・・。
ということで、少し気になっていたこの作品を見てきた。

これで今年はやっと7作目。
これから見たい作品が、目白押しだが何本見られるか?

ぜんそくを患っている杏奈は、夏休み空気の良い田舎にやってきた。

あの入り江で、私はあなたを待っている。
永久に_

この永久にが、この作品のみどころというか、謎解きというか・・・
不思議な作品だった。



公式サイトから

あなたのことが大すき。
海辺の村の誰も住んでいない“湿(しめ)っ地(ち)屋敷”。
12歳の杏奈(あんな)はそこで、青い窓に閉じ込められた金髪の少女マーニーと出会う。
小さな身体に大きな苦しみを抱えて生きる杏奈。
その杏奈の前に現れる謎の少女マーニー。
ひと夏の出会いの中で、二人が分かち合った秘密とは一体何だったのか。

デジカメ修理完了

昨日の午前中、Y電気からコンデジの修理が上がってきたとがあった。
お盆明けだったので、約3週間ぐらいかかると聞いていたのに、早い上がりでラッキー
月曜日に行こうと思っていたが、買い物のついでに行って来た。
行ってはたと気づいた、控えを貰っていたような・・・。
まあいいか、朝の電話だし、預けた日にちは覚えているし、っでサービスコーナーに行った。
休日の量販店は、駐車場も売り場もいっぱいである。

レジは何人もいるが、サービスコーナーは2人しかいない。
30分ぐらい待って、やっとお姉さんの前に行けた。
控えを持ってなかったが、サインでOKだった。ただ身分を証明するものが要った。
これも常に、免許証と障害者手帳を持っているので、問題なくmyコンデジと、12日ぶりのご対面になった

19日に店頭で預ける時、電源を入れるのに不具合があって、これも見てもらってあった。

修理票には「レンズ部動作不具合のため、部品交換及び調整致しました」とあった。
延長保証に入っていたので、修理費は無料だった

このコンデジの前のは、延長保証に入ってなかった。
1年ちょっとで液晶漏れが起きた。
画像には影響ないが、直径7ミリぐらいの液晶漏れの黒い点が目障りで、買い換えたのだった。

っで、今回は延長保証に入っていてよかった。
初めに気になっていた黒い点々は、夕空を写した分には解らない。
預ける時、カメラの設定が初期設定に戻りますと、聞いていたが、日付設定も戻っていた。
夕方少し時間を置いて撮った画像が、2000年1月2日と3日になっていて、取り込んだ画像がどこにあるのか解らず、探してしまった。
今朝も雨が時々落ちる曇り空、試しに撮ってみたがあの点々は見当たらない。
あれは何であったのかは、修理票には書いていない。まあ気がかりがなくなったので良しとしよう。

     @@R0019429.jpg

      ひと夏よく咲いてくれましたが、もう終わりです。