FC2ブログ

愚痴です・・・聞き流してください

@R0013330.jpg もう4~5年前から逆流性食道炎に罹っている。 
詳しく書くのは止めておくが、きっかけは夫が役所を退職したことによる、気の緩みから起こした不謹慎な行動・・・
大したことではなかったが、腹立たしくて人間不信否夫不信になった。

 あまりにもしゃっくりとゲップが酷くて、一度は夜間応急診療所に行った。その時、胃カメラの検査を受けるよう言われた。 その後、病院で胃カメラをのんだ。
結果は「ストレスを解消してください、あなたに処方する薬はありません」ときた
簡単に解消できるものなら、病院には行かない。
 
少しはよくなっていたが、夫が倒れてからまたぶり返した。
それが最近さらに酷くなってきた。
何もしない、出来ない病人と一緒にいることのストレスである。
もちろん2年半の間に、400日以上入院をした病人であることは、重々承知している。

元々何もしない人だったら、私の負担はこうは増えなかった。
今もゴミ出しはしてくれる、でもそれだけ・・・。
朝食が終わった40分か1時間後、食後の薬をのむ。術前の三分の一になった胃と食道のキャパは、食事をするとパンパンになり、薬も飲めない。少し下の方に下がってから薬を飲む。その後朝寝?
10時から11時ごろの間に1回目の捕食を摂る。
昼食後もしばらくして薬、その後昼寝、そして2回目の捕食、散歩、夕食。
これで一日はほぼ終わる。

「命あっての物種」とは言うが、その命を支えることに疲れているのも確かなこと。
1人でスーパーに行ったりすると、楽になるのに帰ってくると、これでもかっと言うほど、おえ~と出る。
内科で胃薬を処方されているが、効いていない。
先週内科に行くとき、逆流性食道炎のチェック表をプリントして持って行ったが、薬は変わらず・・・。
もう一度、胃カメラをのむかどうか思案している。

男性は気を悪くされると思うが、世間では、夫原病なるものがあるらしい。
私にも、それがあると思う。
健康な夫と一緒であっても、夫原病はあるそうだ。
もちろん逆の婦原病もあるのでご安心を・・・

そして今日は感染症内科の診察日。私の体調が気になるようで、1人で行くと言って出かけた。
出かけたら出かけたで、この暑さの中、無事に病院に到着出来たか、後ろめたさも手伝って心配になる。

12時過ぎに診察が終わったとがあった。
「お昼を食べて帰る・・・」の次が、息が続かないのと声が出ていないのとで、何度訊き返しても聞き取れない。
「急ぎの用ならメールをして」と言って電話を切って考える。
この声が出ないのも、本人はもちろん私にも大きなストレスになっている。
もう一週間もすれば、最後の手術から半年になる。声が戻るか否かは半年が目処だと聞いている。
夫は諦めきれないだろうが、私は、もう戻らないと覚悟をしている。

暑いさなかの2時過ぎ、無事に帰ってきた。
冷たいジュース(ビールじゃないのが病人らしい)を飲んだら、嘔づいている。暑さが堪えたのかも・・・

老老介護を地でいっている我が家、しかも3級の障害者が健常者の面倒をみている。
もっとも自分のことは出来るので、介護をしていると言う思いはない。
とはいうものの、どちらかが召されるまでは続く今の生活は、出口の見えない長いトンネルの中にいるようである。

こんなはずじゃなかった老後、50年近く働いて、こんな夢も希望もない老後になるとは、一番身に滲みているのは、夫に他ならない。


駄文に長々お付き合いいただきまして、感謝いたします。