FC2ブログ

命の終わるとき

先日あるブログを訪問して、以前から体調を崩していた方が、お亡くなりになったことを知りました。


彼女は当時9歳のひとり息子を、自宅近くで交通事故により失いました。
自身のブログのタイトルで彼女は、息子の名前を呼び続けました。
そんな彼女に同居していた舅が、孫の後を追うように亡くなるという不幸が重なってしまいました。

その後、あろうことか彼女に乳がんが見つかり、手術や抗がん剤の使用をしない、選択をしました。


子供を失って9年後、52歳という若さで旅立ってしまいました。
残されたご主人の今後を思うと、あまりにもお気の毒です。


逝った子のもとに行くには早すぎる    タンポポ

My picture 022@

   @IMG_0001.jpg

↑の本に彼女が、天国の息子宛に書いた葉書が載っています