FC2ブログ

縁(えにし)

昨日も今日もPm2.5の影響なのか空が全体に白い。
花粉の飛散も最高レベル(ToT)
ここ数年気にならなかった花粉症、今年はモゾモゾムズムズ、おまけにくしゃみも出る。



  ****************

昔から言われる言葉に「縁は異なもの味なもの」がある。

男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、非常に不思議でおもしろいものだということ。
理屈では説明できない縁があるという意味でもあり、多くは思いもよらない二人が結ばれるようなときに使うそうだ。
「縁」とは、人の力を超えたところで、人と人を結びつける力の意味もある。


5月に夫の甥の結婚式がある。
この2人住む家を購入し、入籍もすでにしていると聞いていたので、一緒に住んでいるのだと思っていた。

両家の顔合わせが済んだあとで、いったん白紙に戻ったと聞いた。
甥も40歳を過ぎているし、入籍までしているのに、どうするのだろうと心配していた。

するとまた元に戻ったと聞いて、一安心するやら「ほんまに大丈夫なんやろか?」と思ったり・・・。

その時夫は、退院しているのだろうか?



縁と言えば我が家の次女夫婦の場合も、ちょっと変わった縁で結ばれた。
次女には結婚の約束をしていた彼があった。その彼が娘の25歳の誕生日に癌で亡くなった。


その後、今の婿さんと出会って結婚したのだが、きっかけはネットのお見合いサイトだった。
今のように、猫も杓子もPCを触っている時代ではなかったが、慎重に事を運んで結婚に至った。




私たち夫婦は、相手の経歴があまりにも立派であり、不釣り合いだと思った。
両家の顔合わせの時、あちらのお父さんが「9年間も大学にいたので、世間知らずでの息子です。○美さん面倒みてやって下さい。お願いします」と言われた。
お母さんは「息子は、たくさんお金を稼ぐようにはならないと思いますので、○美さんには苦労を掛けるかも知れません」と言われた。

そのお母さんの言葉を聞いて私は「この子はケチですから何とかすると思います」と答えた。
後で娘からは、相手の親の前でケチだと言われたと、叱られたのは言うまでもない(^_^;)

この結婚も婿さんがこの時期、アメリカに研究留学しなければなかったのかもしれない。



パソコンが結んでくれた赤い糸   タンポポ