FC2ブログ

とうとう・・・

夫の体重が47キロをきってしまいました??

毎日「体重は?」と訊きますが、昨日より減っていたらと思うと本心は怖いのです。
食事の摂れる量が増えないので、今日にもまた減るかも知れないと思うと、本当に怖いのです。

ためしに夫と同じ分量のご飯とおかずを完食しても、私は満腹感がなくお腹が空きます。
それを残すのですから、体重も減るはずです。
(病院の指示はご飯200gですが、食べきれないので150gよそいます)
食事の準備も時間も憂鬱になります。

4月30日の手術以来急激な体重の減少で、耳管狭窄症になったことはここで書きましたが、もう一つ水洟が絶えず出るという弊害が起きています。
耳と鼻続いているので、やっぱり・・・という思いですが、これも困ったものです。

命は助けていただきましたが、あまりにも苦しい闘病です。

本人も自覚をしていて、退院時より体力が落ちていると言います。
入院中は自ら進んで、ナースセンターの周りを歩いていましたが、今日も一歩も外に出ていません。外に出るとか散歩をしようとかいう、気力も体力もないのです。
1日中ソファアで横になっているか、ベッドで横になっているか・・・。

27日は外科の受診日です、こんな状態の夫を外科の主治医はどう思うでしょう?


訃報に接し・・・

先ほどネット散歩をしていて、ある方の訃報を知りました。

昨日のブログにはゴルフに行き、その後透析を受けたと記してありました。
それなのに急な訃報に接しびっくりしています。
今の夫と比べるべくもないお元気なお方なのに・・・。

人の命の儚さと尊さ・・・すべて神様の手の内に握られているのですね。

夫には腹違いの兄と姉が3人あります。
腹違いと言っても、母親は姉妹で亡くなった姉の後添えに入ったのが、夫の母でした。

その腹違いの兄姉は5年位、透析をしていて亡くなりました。
長男も、もう何年か入院して透析をしています。

つくずく夫は生命力が強いと思います。
何度も大手術をして、神様仏様を味方につけ、194日ぶりに退院しましたが。
食欲がなく見ている方も体調が悪くなってきました。

体中手術の傷痕だらけですが、でも生きています。
生きていることに感謝しなければいけませんね。