FC2ブログ

コメントに思うこと

アクセス数もコメント数も少ない当ブログです。

このところの日記には大病をした夫の病状を、私の覚書として書き残しています。
ところがそれに対して、人の同情を得るためのブログは見苦しい、という内容のコメントがありました。
決してそんなつもりではありません。
夫は2011年の10月に倒れて以来、1年10か月の間に5回の手術をしました。
今年はもう9月も半分以上過ぎたのに、自宅に居られたのはたったの54日だけです。

最初の病気、急性大動脈解離に襲われた時、「夏に受けた人間ドックでも異常がなかった」というaozora@に執刀医は「この病気は健康な人が突然なる怖い病気です」と言いました。

夫は10時間に及ぶ、緊急手術で一命を取り留めましたが、病院に着くまでに亡くなる方が多い病気なのです。
友人のご主人は朝出勤したまま帰らぬ人となりました。
大勢の人がいる事務所で事務机に伏せっているのを、気分が悪いのだろうと気遣って声をかけなかった結果、お昼になり声をかけた時には心肺停止だったそうです。

2か月ぐらい前、観光バスの40代の運転手が運転中気を失い、気付いた乗客の機転で無事にバスを停車させ大事に至らなかったということもありました。
今日は元気でも、明日同じ病気になるかも知れません。

感染症も、吐血も、食道抜去も、食道再生も、最初の手術で命を取り留めなければ、患わなかった病気です。

大腸ポリープが時々出来る程度で、血圧も高くなく内臓疾患もありませんでしたので、人一倍健康には自信がありました。

そんな人を突然襲う怖い病気なのです、警鐘の意味も込めて古女房のの目から見た、病人の様子を綴っています。

本音を言えばもっと楽しいことを書きたいのです。
でも今のaozora@には楽しいことはほとんどありません。
大好きな映画を観る機会もうんと減りました。

退院したらしたで、ストレスが溜まるのは必至です。
そんなブログですが、お付き合いいただける方には、今後ともお付き合いいただけたら、ありがたいと思います。



  夫入院予定がすべてパーになる   aozora@
  

   IMG_0763.jpg


映画ラストサムライ

映画、トムクルーズ、渡辺謙の「ラストサムライ」が今晩BSで放送があります。
この映画はシネマで、観たことがありません。

最初に観たのは、娘夫婦が住んでいたアメリカメリーランド州から帰ってくる、飛行機の中でした。
前の席の背もたれに付いている小さな画面でした。
その後テレビでも何度も放送されました。
この映画はアメリカではR指定だったと記憶しています。
西部劇より過激と判断されたのでしょうか?

制作は2003年、もうそんなになるのですね。
最近のトムクルーズは目尻に皺が目立ち、渡辺謙も髪の毛が薄くなりました。

10年と言う年月はやはり半端ではありません。
その頃、夫は役所を早期退職して、まだ元気に働いていました。

日本で公開された時、川柳の仲間が詠んだ句です。

ラストサムライみんな英語がうますぎる   S道子


確かに英語が巧いなあと思って、観たものでした。



術後29日目?

入院は7か月目に入っています。
昨日から一気に摂取カロリーが増えています。
病院食が1650キロカロリー。お腹からの食事の注入もまた始まりました。
減り続ける体重に歯止めをかけないと、寝たきりになってしまいそうです。

今朝の体重は47.6キロ、私にとっては羨ましい数字ですが、そんな冗談の言える段階ではありません。
ただお腹から入れると下痢をするので、本当に血となり肉となるのか疑問に思います。

今日はお昼に間に合うように行って、食事の内容を確認しました。


  IMG_0742.JPG

お昼のメニューは、きざみ食で軟飯200g、お味噌汁、赤魚のおろし煮、ポテトサラダ、メロンでした。9割位食べました。きざみ食は昨日からです。
きざみ食になり少し食べるのが楽になったようです。



↓は食前、食後の写真です。気持ちが悪いかも知れませんので、ご覧になる方は心してご覧ください。 


   


   IMG_0743@.jpg


   IMG_0749.JPG

食後、胃管が膨らんだのが解ると思います。


不調・・・(-_-&#59;)

朝から何もする気がしない。
そこそこの時間に起きてはみたものの、朝食も昼食も摂る気にもならず洗濯だけをして、ただただボーとしている。

ユーチューブを見ながら、ラジオ体操をして体を目覚めさせるも、気力が湧いてこない。

猛暑酷暑の夏を乗り切ったとたんに疲れが出たのかも・・・。

富山のお土産にいただいたお素麺をゆがいてみようかな。

IMG_0736.JPG

パッと見はお蕎麦みたいですよね。コシのしっかりしたお素麺なのですよ。


ブルーベリージャム

今朝まだベッドでゴロゴロしていると、チャイムが鳴りました。
S急便のおじさんです。「ノビリス農園の山本さんからお届けです」
ノビリス農園?と思いながら伝票を見ると官舎時代の知り合いでした。


さっそく開けてみるとブルーベリージャムが入っています。

  IMG_0679.JPG


今朝はトーストにブルーベリージャムでいただきました。
大きなブルーベリーがゴロゴロ入っています。とてもおいしいです。

 IMG_0684.JPG

先日何気なく兵庫県の広報紙を見ていると、ご主人の写真が載っていたのです。
それは丹波でブルーベリー栽培に取り組んでいるという記事でした。
何だか嬉しくなって久しぶりに「見たよ????」と電話をしました。
「誰も見てないのか電話かかって来ないねと話してたのよ、ありがとう」

いつも「ブルーベリーの時期においでよ」と言ってくれるのですが、まだブルーベリーの時期には伺ったことがありません。


ケーキやさんにも出荷しているそうです。ここ

ブルーベリーの〇〇生活にも出荷しています。

ジャムと一緒に葉書が入っていました。
広報を見て電話をもらったお礼、そして元気で農業ができる幸せに感謝・・・そんな内容でした。

元気で働ける喜びがお顔に出ています。
そんな山本さん夫婦が、とてもうらやましいです。