FC2ブログ

外科の外来

2週間おきに通院している外科の外来は、医師のネームプレートの下に腫瘍と書いてあります。
その一角は癌患者の外来の一角なのです。
そのため「癌と診断されたら・・・」とか「医療用鬘のパンフレット」があったりします。


どうしてもそこで引っかかってしまいます。
食道抜去という大きな手術をうけましたが、夫は癌ではありません。

現実的な話し、癌ならがん保険がおります、怪我なら障害保険がおります。
入院給付金付きの保険に入ってなかった夫には、一円の保険金もおりません。
命が助かったのでそれはよしとしても・・・でも腫瘍外来なのです。

食道疾患で検索をしても、食道を取る手術では癌以外はヒットしません。

命が助かって奇跡の退院と言われると、よけいに考え込んでしまいます。


さて明日は心臓血管外科の外来です、お天気は下り坂のようです


退院後の初受診

外科の受診日でした。

病院へ向かう30分がしんどくて、シートを倒していました。


退院までには腸瘻のチューブを、短いものに交換すると聞いていましたが、抜けなかったので長いチューブのままで退院してきました。
外来で入れ替えたのですが、まだもうしばらく長いままでということで少し違うもので、長いチューブを入れて帰ってきました。

ラコールという経腸栄養剤を入れていますが、あまりにも体重が減っていますので、明日から1日2回、倍の800キロカロリーを入れることになりました。
400キロカロリーを入れるのに、約3時間から4時間かかります。
これも大仕事です。

口から食べる3食とで2,000キロカロリー摂れれば体重が増えるはずですが、手術前の半分以下しか食べることが出来ないので、そうそう期待は出来そうにありません。

一度にたくさん食べられないので、何でもいいから間食を食べるようにと、ゼリー・ヨーグルト・果物・カロリーメイト・チョコレートなどを用意していますが、元々甘いものや間食をしないので忘れがちです。

食べることが仕事というのも、本人には苦しいもののようです。

今朝の体重46.2キロ・・・。

今日は病院に行くのに、痩せてフラフラの夫を見てもしかしたら、もう一度入院と言われるかも・・・と、ひそかにタオルとスリッパ、ティッシュを車のトランクに積んでいました(^_^;)

外科医によると、吐血後3度の手術をして、退院にこぎつけられたのは奇跡だと言われました。
奇跡を起こしたのは、元々内臓疾患がなかったからだと思います。


来月1日は心臓血管外科の受診日です。
感染症の数値が上がっていませんように、また腎臓の数値もあがっていませんように・・・。




プロバイダー

昨日のこと。
チャイムが鳴り夫がでた。はいはいと何度も答えてモニターを消したようだった。
何だった?と訊くと工事が済んだ云々・・・。

1~2分後もう一度チャイムがなった。
モニターを見た夫がさっきの人だと言うので、今度はaozora@が出た。
玄関まで出てきて欲しいと言うので出て行った。

「〇DDIの工事が済みました・・・」
「??うちは〇DDIよ、ネットも電話もipadも繋いでいるから、とっくに工事は済んでいるわよ。営業に回るのにそんな情報は持ってないの?」

「僕らの方にはまだ上がって来てないのですよ」
「まだって・・・もう半年にもなるのに・・・。今の時代半年経っても情報をながせないなんて?

これは〇DDIだけに限ったことではなくて天下の〇TTも同じだった。
協力の営業業者が、しのぎをけずっているからなのだろうと思う。

利用者にとってはそんなことは関係ない。
どのプロバイダーに変えても、こんなことで煩わされるのは勘弁してほしいと思う。

通販会社や保険会社などは、会員番号や証券番号を忘れても、住所や電話番号を言えば一発で本人確認が出来る。
なのになぜこの業界はもたついているのだろう?

他社に流されては困るが、自社の協力会社ならサッと流したほうが、利用者にとって煩わしくなくていいのにと思う。


とうとう・・・

夫の体重が47キロをきってしまいました??

毎日「体重は?」と訊きますが、昨日より減っていたらと思うと本心は怖いのです。
食事の摂れる量が増えないので、今日にもまた減るかも知れないと思うと、本当に怖いのです。

ためしに夫と同じ分量のご飯とおかずを完食しても、私は満腹感がなくお腹が空きます。
それを残すのですから、体重も減るはずです。
(病院の指示はご飯200gですが、食べきれないので150gよそいます)
食事の準備も時間も憂鬱になります。

4月30日の手術以来急激な体重の減少で、耳管狭窄症になったことはここで書きましたが、もう一つ水洟が絶えず出るという弊害が起きています。
耳と鼻続いているので、やっぱり・・・という思いですが、これも困ったものです。

命は助けていただきましたが、あまりにも苦しい闘病です。

本人も自覚をしていて、退院時より体力が落ちていると言います。
入院中は自ら進んで、ナースセンターの周りを歩いていましたが、今日も一歩も外に出ていません。外に出るとか散歩をしようとかいう、気力も体力もないのです。
1日中ソファアで横になっているか、ベッドで横になっているか・・・。

27日は外科の受診日です、こんな状態の夫を外科の主治医はどう思うでしょう?


訃報に接し・・・

先ほどネット散歩をしていて、ある方の訃報を知りました。

昨日のブログにはゴルフに行き、その後透析を受けたと記してありました。
それなのに急な訃報に接しびっくりしています。
今の夫と比べるべくもないお元気なお方なのに・・・。

人の命の儚さと尊さ・・・すべて神様の手の内に握られているのですね。

夫には腹違いの兄と姉が3人あります。
腹違いと言っても、母親は姉妹で亡くなった姉の後添えに入ったのが、夫の母でした。

その腹違いの兄姉は5年位、透析をしていて亡くなりました。
長男も、もう何年か入院して透析をしています。

つくずく夫は生命力が強いと思います。
何度も大手術をして、神様仏様を味方につけ、194日ぶりに退院しましたが。
食欲がなく見ている方も体調が悪くなってきました。

体中手術の傷痕だらけですが、でも生きています。
生きていることに感謝しなければいけませんね。


ようやく退院

9月20日に、194日ぶりに夫が退院しました。
長かったぁ~。

先週さっそく外科の外来受診でした。
外科の医師の話によると、4月25日の吐血以来3度の手術で退院できたのは、奇跡だと心臓血管外科の医師が言っていたとのこと・・・。
確かに奇跡だと思うがあまりにも大きなものを失いました。

体重が46キロ台まで落ちて、食べるという何でもないことが苦痛になっているのです。
口を開くとしんどい・・・。

1日2回経腸栄養剤を800ミリ入れています、400入れるのに3時間半ぐらいかけます。あまり早く入れるとお腹にきてしまいます。
もっともゆっくりいれても下痢はします。


この先何を楽しみに生きていけばいいのだか・・・。

昨日・今日

ご心配おかけしています。

194日ぶりに、ようやく退院してきました。
9月分の入院費と退院処方で、約63,000円の支払いで無事釈放されました。
経腸剤は保険が効かないので高いのです?

やはり食事はあまり食べられません。
「退院したら何食べたい?」と訊くと即座に「刺身」と答えたので、希望通りお刺身にしました。一応ご飯は200gよそったのですが7割ぐらい。
好物のお刺身も思ったほどは食べられません。カボチャ、茄子、ブロッコリー、お豆腐、玉葱を蒸して、すりごまとポン酢でいただきました。これも大好物ですが予想以上に食べられません。

今の夫には食事を摂ることも大仕事です。

今朝は6時過ぎに起きて着替えると「ああ~しんど」と、ごろんと横になりました。
それが4月の吐血の時と同じ場所だったのでドキッとするaozora@?ä
朝食は今まで通りのものと言うので、トースト、牛乳、サラダ、ヨーグルト、コーヒーを用意しましたが、パンは6枚切りを8割ぐらい、サラダは分量を減らしたので完食、牛乳はカップ1杯。
ヨーグルトとコーヒーはダメでした。

この後ベッドでお昼まで2回休憩、aozora@も洗濯が終わってからベッドでごろ寝・・・。
ヨーグルトは10時に間食として食べました。

朝もっとゆっくり寝ればいいのに・・・先に起きて自分で食べていた元気な時と違って、いましばらくは、朝食の準備もしなければいけないのに・・・。

とにかく一度にたくさん食べることの出来ない身体は、食べることが苦しいのですね。

昼食が済んで今はDVDを観ながら栄養補給中です。

  IMG_0776@.jpg

1日1回400ミリリットルを3時間ぐらいかけて入れます。
これが400キロカロリーです。


さて今晩は何を食べさせよう。消化が良くて少しでもカロリーのあるもの・・・。
血や肉となりやすいもの・・・難しいデスネ。



歯科定期検診と・・・

6ヶ月ごとの歯科検診に先週行きました。
先ず歯科衛生士さんが歯と歯茎の検査をします。
綺麗に歯が磨けていると、今回も褒めてもらいました。

そこで異常がなければ、また半年後の検診になるのですが、残念なから今回は被せものに穴が開いているということで、3回通院することになりました。
半年前の検診で、医師からも「綺麗に磨けているし僕が手を出すことはありません」と言われたのてすが、半年で金属に穴が開くのかな?と思いました。

そして昨日、2回目の通院でした。
被せものをウィーンと切って外しました。そこで歯医者さん「アレレ虫歯になってるね」と言います。小さな鏡でみると黒くなっている部分が結構大きいのです。
おそらく半年前には見つけられなかったのでしょう。

虫歯の部分を削り詰め物をして型を取って終わり。

型が出来上がってくるのは来週ということで、もう一度来週通院で終わる予定です。
虫歯は絶対自然に治りません、変だなと感じたら、即歯医者さんに行くようにしたいですね。

この医院は治療の最後の日に、プリントしたはがきに自分の宛名を書いて帰ります。
なので6か月ごとの検診に欠かさず行けます。
おそらくこのシステムを取り入れてなければ、少しぐらい痛みを感じたり?と思っても、しばらく放置すると思います。
歳を重ねてよくなるものはありません。自己管理が苦手なaozora@にはよいシステムだと思っています。


さて明日の午後、いよいよ退院です。
4月25日の吐血以来の自宅です、3月11日からの入院は190日を越え過去最高となりました。
8月から前期高齢者となり医療費は1割負担ですが、今までと変わらない70,000円あまり支払ってきました。
明日は9月分を払って釈放ですä?


う~~ん(-_-)

今週金曜日の午後、退院の予定となりました。
連休明け云々とは聞いていましたが、1日2回腸瘻から栄養剤の補給が始まって間がないのに・・・。

本来なら長期の入院を終えて、退院出来ることはヤッター?と大喜びのところですが、私にとっても本人にとっても、不安の方が大きいのです。
多少のストレスの緩和になるかも知れませんが、体重が増えないままの退院は厳しいです。


この1年間、3回の入退院を繰り返し入院の度に日数の記録更新をしているのです。
感染症の元になった、大動脈と食道の癒着は食道抜去という、大きな犠牲を伴いましたが、今後発症しないという保証はありません。
また・・・という思いが頭をかすめます。
だからこそもう少し体力が回復し体重も増えてからの退院にして欲しいと思います。

 

   IMG_0769.JPG

長いチューブがついている《腸瘻》から栄養補給中です。

退院までには、このチューブを短いものに取り換えるとのことです。

シャワーが出来るように、ピタッとシールを貼っています。



台風一過 (追記青空とお月様アップ)

少し風があって爽やかなお天気です。

こんななら病院は今日でもよかったなんて、思ったりしています。

今朝4時20分頃ゴォ~という音で目覚めました。
窓の外をみると窓ガラスが雨に叩かれています。
ベランダ側の窓が雨でこんなに叩かれることはまずありません。
欅の枝が狂ったようにワッサワッサゆれているのが見えます。
そして大規模修繕工事のためにカバーをした電線が、ユサユサビュンビュン音を立てて揺れています。

台風が過ぎて、ベランダに出てみると木の葉がいっぱい飛んできていました。

大雨で網戸が綺麗に洗われたのは、ちょいラッキー????
工事に向けて網戸を外して家の中に入れないといけないのです。
汚れたまま中に入れるのは、いくら横着なaozora@でも嫌なので、近いうちに洗わなきゃと思っていたところでした。

今頃は北日本で荒れ狂っているのでしょうか。
被害が出ませんように・・・。

 

 ****************

17時現在の空です


  R0012163.JPG

レンズが汚れているみたいですね(^_^;)



台風18号の影響で

午後から雨が強くなっています。
あちこちで大雨洪水警報が出ています。
そんな中、予定通り病院へ行って来ました。
昨日、夫からは無理して来なくてもいいとのe?が来ていましたが、
家を出ようとしたときは、ほとんど降ってなかったので決行しました。

日曜日で渋滞もなくスイスイでした。
ただポートアイランドの道路が悪く、水たまりが至る所にあります。
スピードを出していなくても、水跳ねが酷いのです。
左横の車線を走っている車の水跳ねが、バサッとフロントガラスの全面にまともに飛んできて、思わずのけぞってしまいました?ä

もう少し水たまりの解消を願いたいものです。

高速を走っている時よく感じるのですが、アスファルトの新しいところは水を吸うのか、路面に水が浮いていませんが、古いところは水が浮いていますね。



今朝の夫の体重は47.9キロ、摂取カロリーが増えても急には増えないものですね。
もっとも病院食を100パーセント食べられないので、仕方がありません。
病院食が1日1650キロカロリーと、1日2回のお腹からの栄養補給これが400キロカロリーなので、総カロリーは2050キロカロリーになります。
本来ならこれだけ摂ると、瞬く間に増えるはずなんですが・・・。
やはり重度の病身なんですね。


   IMG_0754.JPG

これだけで200キロカロリーです。


コメントに思うこと

アクセス数もコメント数も少ない当ブログです。

このところの日記には大病をした夫の病状を、私の覚書として書き残しています。
ところがそれに対して、人の同情を得るためのブログは見苦しい、という内容のコメントがありました。
決してそんなつもりではありません。
夫は2011年の10月に倒れて以来、1年10か月の間に5回の手術をしました。
今年はもう9月も半分以上過ぎたのに、自宅に居られたのはたったの54日だけです。

最初の病気、急性大動脈解離に襲われた時、「夏に受けた人間ドックでも異常がなかった」というaozora@に執刀医は「この病気は健康な人が突然なる怖い病気です」と言いました。

夫は10時間に及ぶ、緊急手術で一命を取り留めましたが、病院に着くまでに亡くなる方が多い病気なのです。
友人のご主人は朝出勤したまま帰らぬ人となりました。
大勢の人がいる事務所で事務机に伏せっているのを、気分が悪いのだろうと気遣って声をかけなかった結果、お昼になり声をかけた時には心肺停止だったそうです。

2か月ぐらい前、観光バスの40代の運転手が運転中気を失い、気付いた乗客の機転で無事にバスを停車させ大事に至らなかったということもありました。
今日は元気でも、明日同じ病気になるかも知れません。

感染症も、吐血も、食道抜去も、食道再生も、最初の手術で命を取り留めなければ、患わなかった病気です。

大腸ポリープが時々出来る程度で、血圧も高くなく内臓疾患もありませんでしたので、人一倍健康には自信がありました。

そんな人を突然襲う怖い病気なのです、警鐘の意味も込めて古女房のの目から見た、病人の様子を綴っています。

本音を言えばもっと楽しいことを書きたいのです。
でも今のaozora@には楽しいことはほとんどありません。
大好きな映画を観る機会もうんと減りました。

退院したらしたで、ストレスが溜まるのは必至です。
そんなブログですが、お付き合いいただける方には、今後ともお付き合いいただけたら、ありがたいと思います。



  夫入院予定がすべてパーになる   aozora@
  

   IMG_0763.jpg


映画ラストサムライ

映画、トムクルーズ、渡辺謙の「ラストサムライ」が今晩BSで放送があります。
この映画はシネマで、観たことがありません。

最初に観たのは、娘夫婦が住んでいたアメリカメリーランド州から帰ってくる、飛行機の中でした。
前の席の背もたれに付いている小さな画面でした。
その後テレビでも何度も放送されました。
この映画はアメリカではR指定だったと記憶しています。
西部劇より過激と判断されたのでしょうか?

制作は2003年、もうそんなになるのですね。
最近のトムクルーズは目尻に皺が目立ち、渡辺謙も髪の毛が薄くなりました。

10年と言う年月はやはり半端ではありません。
その頃、夫は役所を早期退職して、まだ元気に働いていました。

日本で公開された時、川柳の仲間が詠んだ句です。

ラストサムライみんな英語がうますぎる   S道子


確かに英語が巧いなあと思って、観たものでした。



術後29日目?

入院は7か月目に入っています。
昨日から一気に摂取カロリーが増えています。
病院食が1650キロカロリー。お腹からの食事の注入もまた始まりました。
減り続ける体重に歯止めをかけないと、寝たきりになってしまいそうです。

今朝の体重は47.6キロ、私にとっては羨ましい数字ですが、そんな冗談の言える段階ではありません。
ただお腹から入れると下痢をするので、本当に血となり肉となるのか疑問に思います。

今日はお昼に間に合うように行って、食事の内容を確認しました。


  IMG_0742.JPG

お昼のメニューは、きざみ食で軟飯200g、お味噌汁、赤魚のおろし煮、ポテトサラダ、メロンでした。9割位食べました。きざみ食は昨日からです。
きざみ食になり少し食べるのが楽になったようです。



↓は食前、食後の写真です。気持ちが悪いかも知れませんので、ご覧になる方は心してご覧ください。 


   


   IMG_0743@.jpg


   IMG_0749.JPG

食後、胃管が膨らんだのが解ると思います。


不調・・・(-_-&#59;)

朝から何もする気がしない。
そこそこの時間に起きてはみたものの、朝食も昼食も摂る気にもならず洗濯だけをして、ただただボーとしている。

ユーチューブを見ながら、ラジオ体操をして体を目覚めさせるも、気力が湧いてこない。

猛暑酷暑の夏を乗り切ったとたんに疲れが出たのかも・・・。

富山のお土産にいただいたお素麺をゆがいてみようかな。

IMG_0736.JPG

パッと見はお蕎麦みたいですよね。コシのしっかりしたお素麺なのですよ。


ブルーベリージャム

今朝まだベッドでゴロゴロしていると、チャイムが鳴りました。
S急便のおじさんです。「ノビリス農園の山本さんからお届けです」
ノビリス農園?と思いながら伝票を見ると官舎時代の知り合いでした。


さっそく開けてみるとブルーベリージャムが入っています。

  IMG_0679.JPG


今朝はトーストにブルーベリージャムでいただきました。
大きなブルーベリーがゴロゴロ入っています。とてもおいしいです。

 IMG_0684.JPG

先日何気なく兵庫県の広報紙を見ていると、ご主人の写真が載っていたのです。
それは丹波でブルーベリー栽培に取り組んでいるという記事でした。
何だか嬉しくなって久しぶりに「見たよ????」と電話をしました。
「誰も見てないのか電話かかって来ないねと話してたのよ、ありがとう」

いつも「ブルーベリーの時期においでよ」と言ってくれるのですが、まだブルーベリーの時期には伺ったことがありません。


ケーキやさんにも出荷しているそうです。ここ

ブルーベリーの〇〇生活にも出荷しています。

ジャムと一緒に葉書が入っていました。
広報を見て電話をもらったお礼、そして元気で農業ができる幸せに感謝・・・そんな内容でした。

元気で働ける喜びがお顔に出ています。
そんな山本さん夫婦が、とてもうらやましいです。


7か月目に入った入院

今日は歯科の定期受診、夫の病院、整形でリハビリと3軒はしごしました。

夫がリハビリの先生と部屋を出て私も帰ろうと廊下へでると、何人かの管理栄養士のスタッフと夫が、立ち話をしていました。

減り続ける体重を何とか増やそうと色々試みているのですが、何分一度にたくさん食べられないので、毎日のように減り続けているのです。
今朝の体重は48.6キロ、4月30日以来16キロも減ってしまいました。
適正体重は59キロですので、10キロ増やさねばなりません。
とにかく体重を増やさねば耳管狭窄症も治りません。

外科医から、腸瘻からもまた食事を開始しようかという話も出ています。
廊下での話が終わりリハビリの先生が、「大丈夫ですか?」と言うと「しんどい?」と・・・本当にしんどそうです。体力のなさを痛感します。

この状態で帰ってきても、一緒に出掛けることも一人でおいておくことも出来ません。
9月中にも退院という話もありますが、それまでに体重が10キロ増えるとは、とても思えません。
急激に減るのも増えるのも、身体へのデメリットが大きすぎます。

48キロ台・・・私だって昔々そんな時代がありました
今は?・・・とてもとても公表は出来ませんä?
でも夫が入院してから6キロ減りました。これは単に筋肉が落ちただけかも・・・。


またまた雨

今日は休養日・・・????

数日前から退院に向けての、話しがあがっています。
退院をするには、点滴を止めねばなりません。
そこで元々の病気である感染症の、抗生剤の点滴を止めました。

その代りに「ザイボックス」という飲み薬になりました。
この薬は感染症の最後の砦と言われる薬で、1錠あたりの単価が半端ではありません。
入院中は比較的安いのですが、外来になると1錠6,000円もするそうです。
値段に見合った大きな大きな錠剤です。

「お薬110番」で見ると薬価は12,395,9円?

取りあえず入院中飲むことになりました。

そして今朝のメール「抗菌剤のせいか身体が一段と気だるく感じる、ムカムカは相変わらずどうなることやら・・・」とあります。

退院の話があがってきても、素直に喜べる状況にはありません。
こんな状況で退院と言われても・・・。

大手術を4回もして、助かった命。
後の人生は儲けもののはずですが、こんな苦しい儲けものの人生を本人はどう思っているのでしょう。
昨日、「すっかり厄介者になってしまったなあ・・・」という夫に、すぐに言葉が出なかったaozora@でした?


律儀なこと主留守でも咲くお花   aozora@

  R0012152.JPG

    《レウコフィルム》


夫に対する思いは・・・

あんなに降らない降らないと言っていた雨が、降りかけたらよく降ります。
一昨日の夕方からの雨が、昨日の朝も降っていました。おまけに?も鳴っていました。

そして今朝も降っています。お蔭で涼しいです。

昨日は雷が止んでから病院へ行って来ました。

お腹からの食事がなくなり、一日6回の食事は食べる楽しみより苦しみの方が大きいのが、今の夫です。
昨日のお昼からは軟飯になり、カロリーは1200キロカロリーになりました。
全部食べると苦しいので残しています、するとまた体重が50キロを切りました。

一朝一夕とはいかないようです。


今朝、心配して神戸の友人が電話をくれました。
気にかけてくれる友人があるのは、ありがたいことです
彼女は昨年、ご主人を癌で亡くしています。

今は自分の93歳のお母さんと暮らしています。
色々話しました。
その話の中で「病んでいる時の夫はかわいかった。母にはそんな感情を持てない」といいました。
別にお母さんとの仲が悪いわけではないのですが、そういいます。
「一人っ子で大事にかわいがられて育ったのに・・・」と言いました。

でも彼女の気持ちが、解らないでもありません、両親と暮らしたのは20年余りです。
それに比べると夫とは、倍の40年以上も一緒に暮らしています。

しかしながら私は、まだ夫が「かわいい」とは思えません。

「悔いのないようにお世話してあげて・・・」という彼女に「Eさんの言葉を肝に銘じておくわ」と言って電話を切りました。

新婚時代以外、夫婦間でお互いをかわいいと思える時があるなら・・・。
それが相手が病んでいる時だとしたら、我が家は「今でしょ!」なのですが・・・。

冷たい古女房なのかもしれません。







長引く入院

3月11日に緊急入院した夫ですが、とうとう7か月目にはいりました。

先月15日に「食道再生、胃管胸骨前経路」という手術をして100日あまり、口から食べられなかったのが、ようやく食べられるようになりました。っが胃袋がなくなったため食べたものが溜まる場所がなく食べてしばらくすると、上にあがってきて苦しいといいます。

食道癌なら諦めも出来ますが、健康な食道を取る羽目になり、また胃までも正常な機能を失い、苦しい日を送っています。

素人考えながら、吐血に至るまで感染症の原因の特定が、出来なかったのだろうかと疑問に思うのです。
一昨年の緊急手術で、命を助けていただいたことはもちろん感謝しています。
それ以来、定期受診はもちろん欠かさず受けていましたし、MRやエコー検査も何度も受けていました。
昨年10月に初めて感染症で搬送されて以来も色々検査しました。

失ったものの大きさを考えると、最高の設備のある病院で、これ以上ないほどの安心をしていたのに何故??と思わずにはいられないのです。

ベランダの片づけ&amp&#59;・・・

10時過ぎに業者が2人できて、引き取ってもらいました。
もちろん費用は32000円支払いました・・・もったいないなあ。
でもaozora@の手に負えないものは、仕方がありません。
背に腹は代えられぬ・・・ということであきらめるとしましょう。

小さな物置ですがリビングに入れて、上に処分を免れた植木鉢を置きました。
お蔭でリビングが暗くなってしまいました?

寝室の窓際にも観葉植物の大きな鉢を3個入れたので、まるでジャングルみたいになってしまい、barber aozora@がチョー適当に散髪しましたä?


 R0012148.JPG


ゴミ以外何もなくなったベランダは、当たり前ですが広くなりました?

その後カルチャー教室まで行きました。少しお買い物をしているうちに講座が終わって、教室は次の講座の方が入っていました。
多分いつもの場所で食事をしているに違いないと思い「T苑」まで行くと、やはりメンバーが揃っていました。
久しぶりに一緒に食事をし?をして色々話しもしました。
やはり仲間はいいものです。刺激を与えてくれます。

その後病院へ向かいました
今日も降ったり止んだりの変なお天気でした。

夫の3時のおやつは、今日はぶどうのゼリーでした。

体重はまた50キロをきったままです。


川柳とのかかわり

先日も書いたが今は講座を休んでいる。
この先復帰する見通しは立たない。

このまま止めてしまうのは寂しいので、師の主宰するネット句会と、川柳マガジンのネット句会に投稿している。
7月の展望は没だったが、マガジンは1句抜けた。
マガジンはレベルが高いと思っていたのでびっくりした。
8月の展望は2点句、マガジンの発表はまだ・・・。

明日は講座のある日、仲間の顔が見たくなった。
終わるころみんなの顔を見に行って、それから病院に行こうか・・・等と考えている。  

夫入院乗客のない縄電車  k
802.jpg

午前中ベランダを片づける業者が来る、32,000円払わなくちゃ?




ようやく晴れたかな?

26日に娘たちが帰ったあと、布団を干してしまわなきゃと思っていたのに、お天気のいい日は出かけることが多く、家にいてもこのところの雨で干せなかった。
今日はやっと青空が広がったので、ようやく干しました。
でもすでに雲が広がっています。
もう少ししたら取り込まなくちゃ・・・。



今日は食洗機の取り付けがありました。
2人暮らしに食洗機は不要だと思うのですが、次女が引っ越した家に、「去年買い換えた食洗機のサイズが合わないからあげる」と言って送ってきたのです。
次女はアトピーなので必需品のようですが、aozora@には必要ないのです。

布巾で食器を拭くのが嫌いなaozora@は、長年乾燥機を重宝してきました。
でもこの乾燥機も見るからに汚くなってきて買い換えようか、今時乾燥機はあるのだろうか?などと思っていたのです。

でもで~~んと玄関に置かれた食洗機をそのままにもしておけず、今日の取り付けになったのです。

 R0012136.JPG

乾燥機のあとにきちんと収まりましたが、大きいです。
奥行きはむしろこの方が小さいのですが、幅と高さに威圧感があります。

乾燥機能だけでも使えるそうですので、取り付けた以上使おうと思います。


夫が去年退職してから、食器洗いを仕事の一つにしていたのですが、夫よりきれいに洗ってくれるのは間違いないでしょう。


お父さん子の娘は、父親に食器洗いをさせたくなくて、送ってきたのかも知れません。