FC2ブログ

孫のお土産

今朝娘から「今家を出たから寄り道をしなければ、11時半ごろには着くと思う」とメールがあった。
孫からは梅田発10時54分に乗ると電話があった。


お土産はどこへ行っても、定番とも言えるストラップだった。
南の島らしいカメのストラップ、一応じいちゃんとばあちゃんは色違い。

  R0011976.JPG

アイフォン5のイヤホンジャックに入るようにできている。


う~~ん、このカメさん愛車の後部座席に敷いてあるのと同じ柄ä?
Sも車に乗るとき気が付いた?


じいちゃん食べる物はダメだからねと言ってあったらしい。
国際通りのお土産屋さんで買ったそうだ。

ひめゆり平和祈念資料館、美ら海水族館、万座毛ビーチ、ビーチでのビーチ何とか?
もちろん海に入って大はしゃぎしたようだ、国際通りetc.
多くは語らないが楽しかったようだ。
最終日は自由行動、タクシーを利用して回ったらしい。運転手さんの名刺をいただいていた。




お昼を食べにショッピングモールへ行くと、どのお店も2時からの交流戦の観客が多くて、席がない。
フードコートでビビンバを食べるというので席が空くのを待つ。
20分ぐらいまってやっと席が空いた。

  __@.jpg


娘に《ただ今チーズビビンバお召し上がり中・・・》とメールを送ると「右手が留守ですな(^_^;)」と返ってきた。

腹ごしらえをして±å

じいちゃんには黙って連れて行ったのでびっくりしていた。
お土産と元気な若さのパワーをもらって嬉しそうだった。

看護師さんに嚥下訓練用に預けてある、ゼリーとヨーグルトを持ってきてもらい、どっちがいい?と訊く。ゼリーを選んだS。

じいちゃんが口に入れたものをゴックンすると、すぐパウチに出て来るのは、さすがにショックを受けているようだった。


「もうSと山にもよう行かんわ、おんぶして行ってくれるか?・・・」などとしんみり言う



今日Sが来たので、クロゼットから扇風機を出してもらったり、羽毛布団の袋をあげてもらったりと結構役にたった。
扇風機やクーラーの出し入れ、あるいは暖房機具の出し入れは我が家では、結婚以来夫の仕事になっている。
今年初めて箱から扇風機を出して、1台だけ何とか組み立てた。出来るもんだ・・・?

今後夫が退院しても、高いところへ手をのばしたり、低いところでの作業は今まで以上に難しくなるに違いない。これからのことを考えていかないと・・・。


たまには嬉しいことを・・・

孫のSが修学旅行のお土産を明日持ってくると言って来た。
何を買ってきたのだろうか?
じいちゃん、ばあちゃん夫々にあるらしい。
じいちゃんにも直接渡したいと言うので、Sが来たら一緒に病院へ行こう。

この子は赤ちゃんの時から割合近くにいたので、土日はよく泊りに来ていた。
我が家の初孫で、じいちゃんはあちこちよく遊びに連れて行った。
ペーパードライバーのじいちゃんは、電車大好きのSを本当によく電車żに乗せた。
生まれた時から、ちょっとの移動でも車なので、電車に乗るのをとても喜んだ。
上りであっても下りであっても、一番前の車両の運転席の後ろ?
可愛がってもらったのは解っているのだろう。

もう今後一緒に出掛けられるかどうか解らない。


7000円のお小遣いは全部遣いきれなかったらしい。
一番楽しかったのは、最終日の国際通りの自由行動だったと言っている。

旅行から帰ってきた日、娘からは「それはそれはご機嫌で帰ってきた。普段あまり学校のことなど話さないのに色々楽しそうに話している」と聞いていた。

びっくりしたのは、先生から朝晩その日の様子をメールで知らせてくれたと言う。
これはSが障害を持っているから特別なのか、それとも全員になのかは解らない。
多分前者であろう。
こういう風に使うと、メールも一層便利なものだと思う。

さてお土産は何だろう?沖縄っぽいものだろうか?