FC2ブログ

電話

昨日、映画を観る前に夫の快気祝いを準備しようと、早めに出ようとしていました。
そこへ友人から電話がありました。

官舎時代の友人Hさんです。ご主人がホスピスへ入っていると聞いていました。
今年は年賀状が届いてなかったので、もしやとは思っていたのです。

1カ月前にお亡くなりになったとのことでした。
癌の告知を受けて6年病と闘いましたが力尽きて・・・。72歳だったそうです。
「淋しいよ・・・40年以上の夫婦の歴史は簡単には忘れられない、もとは他人とはいえ忘れることはないと思う・・・」

短い時間でしたが色々話しました。
12月から実家のお母さんが、ずっと一緒にいていろいろ手伝ってくれていると言います。
その92歳のお母さんが「自分より20歳も若い娘婿が亡くなって申し訳ない」と言うそうです。
そういうお母さんの気持ちが解らないではありませんが、聞いていて泣けてきました。

夫の病気のことを知っている彼女は、今回の入院後も無事に退院して順調に回復しているというと、とても喜んでくれました。

彼女と同じ官舎にいたのは3年ぐらいですが、ずっとお付き合いがあります。
昨日の電話で「あなたの声が聞きたくて・・・」と言ってくれました。
どんな美声かと思いますよね(^_^;)

絵を描かれる方で、春の展覧会の案内状をいただけるそうです。
その時お会いしようと、今から楽しみにしています。