FC2ブログ

10月最終日

去年の手術時より、入院日数が長くなりそうです。
今朝の採血次第では金曜日に退院できるかも・・・と思っていたのですが、思ったほど下がっていません。
見難いですが↓の画像は29日の結果です。一番上がCRPの数値です。
この画面が、手首に巻いた腕輪のバーコードの患者IDをスキャンして、病室のモニターで見られます。

RIMG0772@.jpg

入院2日目の夜42℃の高熱が出ましたが、その後1週間は二桁の恐ろしい数字でしたå
それを思うとずいぶん改善されたのですが、基準値は0.3以下ですのでまだまだです。
せめて0.5になればと医師のお話です。

ところでこの感染症は、夫のように術後1年経ってからというのは珍しいそうです。
大体術後2週間ぐらいで発症し、命を落とす場合が多いそうです。
確かに昨年の術後、感染症の危険があると言われました。
主治医も術後1年で発症した患者は、初めてだそうです。

ということで、金曜日の採血の結果待ちとなりました。
これでだめなら月曜日・・・はぁ・・・?
今日は5時間ほど点滴のない時間があり、これはこれでお手洗いに行くとき、忘れ物をしているみたいだと言っていました?



個人情報保護

今日も採血をしたそうですが、結果はまだ端末で見られませんでした。
丁度3週間経ちました。

この病院には、今まで個人情報の保護の意味で、病室の入り口にネームプレートが、ありませんでした。
ベッドの足元についていました。

入院案内の冊子には「各ベッドのカーテンは、患者さんの異常を早く見つけるため必要時以外は開けておいてください」と記されています。
でもたいていの方はぐるっとカーテンを閉めています。当然足元の名札は見えません。

私の3度の入院経験では、女性は大体オープンにして話が弾みましたが、男性はそういうことがないようです。

話はもとに戻りますが、患者や家族面会者からの要望で、このたび部屋の入り口にネームプレートが取り付けられました。
確かに部屋の入り口に名前がないと、部屋が解っていてもカーテンが閉まっていると確認しにくいですね。

夫は窓際で出来るだけカーテンを開けていますが、廊下側の方はぐるっと閉めています。鬱陶しいでしょうにね。

去年の大部屋は4人部屋なのに、みんな窓際といういい部屋でしたが、今回は従来の4人部屋です。

次の血液検査は水曜日・・・いつ退院出来るやら。


天気予報・・・&チケット(追記)

通りの雨なので病院に行くのは止めました。
車はオープンカーじゃないけど・・・
もちろん昨日は行きましたよ。
昨日は初めて午前中に行きました。


RIMG0760.jpg

↑の画像はなんでしょう?

ドクターヘリの影です(^_^;)

昨日は何機もドクターヘリが飛んできました。

録画した映画「ジェネラルルージュの凱旋」を観たあとだったので、ちょっと興奮のaozora@でした。
最初は駐車場から病院棟へ向かう途中、プロペラの音がして見上げると、ヘリが飛んでいます。
ドクターヘリだと気づき、急いでデジカメを取り出したのですが、すぐ見えなくなってしまいました。
音はしているのですが、ヘリポートは屋上ですので・・・。

そして病室へ着いてドクターヘリの話しを夫としていると、仕事を終えたヘリが飛び立ちました。見えたのは斜め前に見える病棟に写った影だけ・・・。
この画像には写っていませんが、プロペラの回るのも影が見えたのですが、まっすぐ上にあがるもので映せませんでした。
機体をみたのは2機でしたが、何度も飛んでくる音はしていました。
土曜日は休診がおおいからでしょうか?
看護師さんも「今日はたくさん飛んできますね」と言っていました。

aozora@が初めに見たのは、機体のお腹に赤い模様がありましたので、おそらく県内のどこかから、もう1機は全体がブルーで何か模様がありました。

自衛隊のヘリはパッと見てわかりますが、ドクターヘリは病院の上空をとんでないと、それとはわかりませんね。

ドクターヘリの輸送費用は、救急車と同じで患者が負担しなくてもいいそうですが、飛びながら中で処置をした分については患者負担なのですね。

救急車も有料のアメリカなら・・・怖いですね。ドクターヘリでと言われたら断るかも・・・。
娘はアメリカで1度救急車のお世話になり15,000円ぐらい払ったと言います。
日本でよかったわ・・・?

さあてとチケット争奪戦参戦?にむけてスタンバイしましょう。



  *****☆*********☆*****

10時15分またしても撃沈・・・。
ネットは珍しく繋がり空席を探し迷っている間に完売・・・?
電話は通じず、通じたのは10時18分既に完売・・・?ä
映像ではなく、会場に行って聞きたいという思いは、皆さん同じですね。

それにしても、全盲の辻井伸行さんの頭の中には、譜面がどんな風に詰め込まれているのでしょうね。

お家はお父さんとおじいさんが、産婦人科医院の開業医という恵まれた環境です。
彼の才能はたぐいまれだったのでしょうが、その才能を引き出せる財力もおありだったのでしょう。

発売中のコンサートチケットはどれも完売です、チケットを手にするにはよほどの運が必要なのかも・・・。


訃報・・・

ご安心ください夫ではありません。


PCを触り始めたころ一時期チャットを楽しんだと、9月末に書きました。
その時ある川柳作家さんと、親しくお話をさせていただきました。
有名なお方で当時「川柳マガジン」の選者を務めておられました。

チャットをのぞき、その方がおられると怖いもの知らずで飛び込み、本当によくお話をさせていただいたものです。

編集している会報をみていただいたり、年賀状をいただいたり、思い出は尽きません。
体調を崩しておられることはブログを通じて知っていましたが、退院をされたとの記事をみて安心していたのですが・・・。

今朝ある方のブログで27日ご逝去されたことを知り、ショックで一日中何をする気力もわきませんでした。
神戸でお会いできるチャンスがあったのですが、外せない用があり失礼しました。
元は同じ結社に所属していた縁で、師とも馴染みであり私のことが、その時話題に上がったと聞きました。

ひそかに次にお会い出来るチャンスを待っていたのですが、それは叶わなくなってしまいました。


RIMG0734.JPG

ご冥福をお祈りいたします。


息抜き

今日は病院どうしようかなと思っていると、夫から次のメールがきました。

「今朝の採血の結果、いくぶん改善されたようだが、もう少し下げたいとのことで、もう一週間点滴を続けることとなった。気長に付き合って下さい。」

う~~んやっぱりね?古女房しかいない家でも、一日も早く帰りたいという、夫の願いは叶えられなかった。

でも術後ほとんど歩けなかった去年のことを思えば、1階のコンビニにも2階のタリーズコーヒーにも、また3階のボランティア図書室にも行けるのだから、我慢しないとね。
毎日ナースセンターの周りを何周も歩いているようだし・・・。

あと一週間ねえ~、長いなあ。気長に付き合うしかないよね。

っということで久々に映画を観てきました。

  


夫が入院中に観る映画としては相応しくないとは思ったのですが・・・ää
映画を観に行くだけでも不謹慎かも・・・でももう半月、ほぼ毎日往復50キロの病院通い、この辺りで息抜きも必要かと・・・。

それはおいといて・・・樹木希林はやはり巧い。
役者さんだから当たり前と言えば当たり前だけど、台詞の間とか抑揚とか身体の動きと台詞がピタリ合っているなと思った。
ツナグの高校生歩美は、とてもしっかりした設定だった、今の高校生はあんなにしっかりしているのだろうか?
役柄が役柄だけに、チャラチャラしているわけにはいかないけど、大人顔負けの高校生だった。
亡くなった人と一度だけ会えるとしたらaozora@は誰に会いたいだろう。
自宅の庭で、灯油をかぶって自殺した田舎の友人だろうか。


PCの世界

皆さんはPCで、ブログやメールの他何をしていますか
チャットや掲示板への書き込みはされますか?

aozora@がPCを始めたのは、これまでにも何度か書きましたが、10年前次女が結婚し2年間のアメリカ暮らしをすることになったのがきっかけでした。
それまでワープロ派だったのですが、手っ取り早い通信手段として、メールをするよう言われて恐る恐る始めたのです。

その年の年末、友人のHPをみていて目についた「チャットルーム」を何の気なしにクリックしました。チャットの意味も知らずにです?

文字でリアルタイムで会話をするチャット、意外な方にお会いできたりして、タイピングが遅いのにもかかわらず、楽しくて毎日チャットを楽しんでいました。
始めた時と同じように、3か月後自然にチャットから遠ざかりました。
その後自分の掲示板、ブログとかかわってきて現在があります。

昨夜何の気なしに昔楽しんでいたチャットルームを覗くと、サービスが終わっていました。
そしてお気に入りに残しておいたある方のサイトを覗くと、新たなチャットルームができていました。
ログを見ているとチャットルームの、メンバーの懐かしいHNをみつけて思わず昔のHNで飛び込みました。
久しぶりのチャットでミスタイプはするし遅いし・・・。

でもとても楽しいチャットでした。また癖になるかも?


ふわふわと・・・

気持ちが落ち着かないままで、2週間が過ぎました。
この間、皆様のブログを拝見してはいるのですが、コメントを残すに至っていません<(_ _)>

病院までは往復約50キロです。高速と有料道路を使って片道30分、毎日のことなので一般道を走ればいいのですが、悲しいかな神戸の繁華街を走るのは怖いのです。
有料道路の「身障者割引が」ありがたい毎日です。

昨日夫は木曜日ぐらいに退院できるかもと勝手に言っていましたが、やはり無理でした。

何でも血液検査でCRPという数値がまだまだ高いのです。基準値は0,3以下のところまだ1,20
あります。
このCRPは血液中に含まれる「C反応性たんぱく」の含有量を測定する検査のことだそうです。


今日また病室で新たな発見?をしました。
病室のベッドからコンビニでショッピングが、出来るとを昨日書きました。

テレビで、病院案内を見ることが出来る病院は珍しくありませんが、、入院以来手首に巻いている氏名やIDの入った腕輪(新生児がかわいい手に巻いているのと同じもの)をテレビの画面にスキャナで読み込むと、患者の情報が見られるのです。
病名・退院の見通し・毎日の体温、脈拍・血圧・投薬・検査の数値等々・・・。
赤い数字は基準値を上回っている項目、青い数字は基準値を下回っている項目、黒い数字は正常値です。
っで夫のはこのCRPが赤い数字でした。

去年もテレビに、コンビニやスーパーのレジにあるようなスキャナがあったのを見て、何に使うのだろうと思っていました。こんなことだったのですね(*^_^*)
なにぶんにも去年の入院は緊急搬送・即10時間を超える手術となり、10日後まで入院手続きをしていませんでした。
もちろん入院の案内もなしで・・・(^_^;)
本当にハイテクの病院です。今後新しく立てられる病院は、どんどん進化していくのでしょうね。
私が股関節の手術をした関西労災病院も当時は「ほ~!」と思ったものですが、14年も経てば、決して新しいと言えなくなりました。


早いなあ

一昔前までランドセルの購入は、早くても年が明けてからでした。
長女の中学2年生の子Sの時も2月か3月に買いました。

aozora@の二人の娘の時は、たしか幼稚園で注文をしたと思います。

最近はテレビのCMを早い時期からやっています。
そして遠方に住む孫が、お盆に来たとき目星をつけたり予約をするそうです。
ご近所に住んでいても状況は同じでしょうね、逆に何度も足を運んで迷ってしまうのかも・・・。
種類が豊富で、そして何とも高価です。

6年間使うからといっても、ほとんどの子供はそんなに長くは使いませんね。
男の子は黒、女の子は赤という時代ではなくなりました。

何よりビックリするのは、お気に入りを早く見つけて予約しなければ、人気商品は11月には売り切れになるそうです。
予約した以上は変更はききません。
なんだか窮屈なランドセル選びだと思いませんか?

実際に人気商品は、すでに売り切れ続出だそうです。

次女のところのKはもう一年幼稚園ですが、娘はどっちのジイチャン、バアチャンに買わせてあげるか思案していました。
来年の今頃はランドセルの予約が出来ているでしょうか。




古い古い話ですがaozora@が小学校へ上がるときは、大阪の叔母がランドセルをプレゼントしてくれました。
当時、鞄やバッグの製造をしていた(と言えば誤解をされそうですが、違いますよ)のでその頃には珍しい牛革のランドセルでした。色は赤ではなくあずき色というかワインレッドというか、ほかの子たちとは違っていました。
当時は豚革が多くふたには絵が描かれていました。
でもaozora@の牛革ランドセルは絵もなくとても地味な色でした。
子ども心にかわいい絵の描いたランドセルの方がいいと思っていました。





なんだかなぁ??

今日は夫の病気から離れて・・・。

来年4月16日に当市にある県立芸術文化センターで↓の演奏会があります。

IMG.jpg

この芸術文化センターの先行予約会員になっています。
っが、是非とも行きたいと思った、催しのチケットが取れたためしがありません。

今回は昨日今日が先行予約受付でした。
迂闊にも昨日忘れていました、今日9時前にアクセスしたときには既に「本日の予定数は終了しました」の無情な文字が・・・?ä
何枚を先行予約に回しているのでしょうね
ネットなら午前零時を過ぎたら、可能なんでしょうかねえ。

明日からは一般受付ですが、多分取れないでしょうね。
チケット代金は、A 19,000円・B 16,000円・C 13,000円・D 10,000円・E 7,000円と、このお二人ですから、とてもお高いデス
4階席まである約2000席の大ホールですが、完売間違いないでしょうね。
明日の一般予約は10時から気合を入れなくちゃ?ってね、10時前からスタンバイしても「混雑しています・・・」でつながらないのですよね。







ICカード

夫の状態は変わらず・・・です。
24時間点滴です。今日もCTを撮ったのですが結果は聞けませんでした。
本人曰く「木曜日ぐらいに退院出来るかも・・・」あくまで本人談ですが±
でも私映画に行こうと思っているの・・・って言えませんでしたä?


またセキュリティカードのお話しです(^_^;)
チャージ出来るのは本人カードのみ、そのカードをベッドサイドの端末に挿すと、金額が端末に移されます。そしてテレビもネットも冷蔵庫も使用できます。

驚いたことにベッドで1階のコンビニにアクセスすると、ネットでお買い物ができてベッドまで配達してもらえるのです。

そしてチャージをしてあれば、コンビニのレジでも支払いが出来るという優れものです。

去年の手術の時待合でケータイを使ってはいけないだろうと思い
マークのある場所に入ったのですが??でかけられませんでした。
各フロアにこの電話マークの部屋がありますが、これもカードでかけられます。
退院時には余った金額と保証金は返金されます。

本当にお利口なセキュリティカードです。


  RIMG0677.jpg

  RIMG0683.jpg



病院通い

24時間点滴のみでひたすら退屈なようです。
別段変化があるわけではないので、毎日来なくてもいいと言っています。
ってことで今日は行くのをやめようかなあ・・・ä?

昨日の帰りは燃えるようなきれいな夕日に見とれていました。

昨日は院内コンサートがありました。

RIMG0682.jpg



病室からあまり離れると、心電図がモニターで確認できなくなるので、聴きに行けませんでしたが、こんなリースをいただきました。

RIMG0680.jpg

手作りのカードには「早くお元気になって、ご家族の待つお家にお帰りください」とありました。
院内ボランティアさんの主催のようでした。

RIMG0679.jpg

RIMG0681.jpg


あれ~~

病院はパスしました・・・。

我が家の近くに自動車教習所があって、教習車を見るたびに教習所で習ったことを、忘れないようにして運転しなきゃ・・・などと思うのです。

でも今日は教習車の信じられない光景をみました。

教習車が教習車に牽引されているのです?ä
デジカメを持っていましたが、間に合いませんでした。
こんなことあるのですねえ。
だいぶ前に事故を起こしたのもみましたが、牽引ってどうよ・・・。
車は2台とも教習車でしたが、前の引っ張っている車の運転は、まさか教習生ではないでしょうね。

ここにきて22年目、初めて目にする光景でした。


やっぱり気になる言葉遣い

今までにも何度か書いた「見れる」「食べれる」に代表される「ら抜き言葉」は本人が変だと気付かなければどうしようもないことですね。

でも気になって仕方がない・・・これは「ごまめの歯ぎしり」の他ありません。


IMG_0001.jpg


  
ラジオを聴いているとショッピングコーナーで「商品紹介をさせていただいて結構ですか?」と言うのが聞こえてきた。
うん何だか変だと思った方が変なのだろうか?

これは「〇〇させていただいてよろしいですか」に対して「はい結構ですよ、お願いします」という流れになると思っている。


漢字も難しいが言葉そのものが難しいと、つくずく思う秋の夕暮だった。


  IMG_0919.JPG



どうせ日曜日だし・・・

進展はないと思って、久しぶりに朝からPCを開いています?


去年の入院の時は考える余裕もなかったのですが、今回つくずく思ったのは『亭主元気で留守がいい』です。
最初にこんなことを言ったのは、どこのどなたが存じませんが、妻の本心をこんなにうまく言った言葉は他にないのではと思います。
いくら留守でも入院では、お気楽なaozora@も留守でラッキーとは言えません。
元気であってこそ、何の心配もしないですむ留守がありがたいのですね。

我が家は自治会関係もゴミ出しもすべて夫の仕事です。
今日は自治会の掃除でした。昨日「明日掃除だから外泊許可もらって・・・ää」「そうか、じゃあ点滴スタンド引き連れて掃除に出るか・・・」なんて会話をしてきましたä?


救急車で運ばれるとは夢にも思っていなかった9日のお昼時のことでビックリしたことを。

院内にはコンビニがあります、街中のコンビニとは違い入院に必要なものも、何でも揃っています。
通院患者はもちろん院内で働く職員も利用しますので、街中のコンビニではみたこともないほどの種類のお弁当があります。
夫の主治医も利用しているのをみかけました。
職員用の食堂もあるそうですが、コンビニのほうが人気があるようです。

診察の予約時間を2時間過ぎた12時半ごろ、コンビニへ行きました。
コンビニの入り口に、店内に入れない20人ほどの客が列を作っているのです。
コンビニでこんな光景を初めてみました。

スーパーや家電量販店のオープン等では珍しくない光景ですが、24時間オープンのコンビニです?ä
レジもたしか5か所あると思います。
いつ行ってもお弁当類がいっぱいあります。
総合病院にはどこにでも売店がありますが、このコンビニ売店ほど、商品の豊富なところは見たことがありません、ってそんなにたくさんの病院は知りませんが・・・。


食の欧米化

通院している内科の、看護師さんも受付の方もとても感じがいい。
看護師さんは少し年配の方から若い方まで6~7人いると思う。

いつも笑顔で迎えてくれる。
当然栄養士さんも薬剤師さんもいる。

そして年に4回カラーの院内季刊誌を発行している。
A4で16ページ2013年夏号をいただいてきた。

今回の記事に

ま・・・豆類

ご・・・ごまなど種実類

わ・・・わかめなど海藻類

や・・・野菜類

さ・・・魚を中心と魚介類

し・・・しめじ、しいたけなどのきのこ類

い・・・いも類

昔から日本人が食べていた体にいい食材の頭文字です。
とあった、なるほど?
植物繊維やミネラル、ビタミンなどが豊富で低カロリー。


それに対し

お・・・オムライス

か・・・カレーライス

あ・・・アイスクリーム

さん・・・サンドイッチ

や・・・焼きそば   

す・・・スパゲッティ

め・・・目玉焼き

は・・・ハンバーグ

は・・・ハムエッグ

き・・・ぎょうざ

と・・・トースト

く・・・クリームスープ(クリームシチュー)

子どもたちが大好きなメニューです。

まごわやさしい」は初めて知ったのだが、「おかあさん・・・」は知っていた。
でも少し内容が違う。
知っているのは「め」はメンチカツ。「と」はトンカツである。

どちらが正しいかは解らないが、食の欧米化で、どこの家庭の食卓にもあがるメニューだと思う。
植物繊維が少なく脂質や糖質の摂りすぎで、生活習慣病の危険性を高める。

毎回こんな栄養に関することや、季節に応じた生活のヒントをくれる冊子である。



5日目

進展はありません。土曜日ですので当然ですね。
土曜日ぐらいに云々と聞いてはいたのですが、24時間の点滴と日に何度かの採血をしています。



救急で運ばれる人の数はかなりあると思います。
その中で救急車を、タクシー代わりに利用して来院するような人は、救急といえども待ち時間が1時間以上あるようです。

9日に検査や処置が終わるのを待っていると、救急の窓口に「ただ今約1時間お待ちいただいています」と張り紙がありました。

今回も夫は搬送されてすぐ検査を受けられたようです。これは運ではなく、やはり重篤な患者であると、判断されたのでしょう。

一つ感心したことがあります。
11日に面会に行くと救急の検査技師が来られて「搬送された時、菌の存在に気づいていれば、今使っている強力な抗生物質がもっと早く使えたのに・・・すみませんでした。」
これは黙っていれば素人には解らないことです。

ただこの強力な抗生物質にはリスクがあります。弱った腎臓がさらに悪くなったり他にも・・・。そうならないため最新の注意をはらってくださっているようです。
前にも書いてますが、夫の兄姉は透析を何年かした後、続いて亡くなり、今もう一人実家の兄も透析をしています。
なんとかそうならないようにと思っています。


もう一つ。
入院の手続きの時、減塩食にチェックを入れました。
10日の朝食から食事が出ていますが、夫は減塩食か?と思ったようで、看護師さんに訊いたそうです。後で栄養士さんが「米飯200グラムで減塩食をお出ししています」と言いに来てくれたそうです。減塩食か?と思ったのは舌が減塩に慣れた証拠です・・・?
去年は味が薄くて不味いと言っていたのですが、毎食おいしくいただいているようです。

今日は2階にあるタリーズコーヒーで?をテイクアウトして、病室でいただきました。
火曜日以来のコーヒーは美味しかったようでした?



映画つれづれ・・・

テルマエ・ロマエを、観に行こうと思ったのに腰が痛い・・・??

先日観たDVD「トイレット」は日本人の出演者は”もたいまさこ”だけ、ほかはみんな外国人という映画、萩上直子監督・・・おもしろい。

日本とアメリカのトイレ事情をうまく描いている。
今の日本では、洗浄便座の普及率は2009年で68,8%だとか・・・。
新築では、100%の設置率だろう。
しかし外国では限りなく0に近い。
そう何度も海外に行った経験のないが、アメリカ本土もハワイもシンガポールでもお目にかからなかった。

っでこの映画・・・プラモデルオタクのレイのアパートが火事になり、実家に戻ってきた。
トイレから出るたびに大きなため息をつくバアチャンが気になって仕方のないレイ。

レイはバアチャンの、ため息の原因に気づく。
そして火災保険がおりたレイは、プラモデルを買うかそれとも・・・と迷う。
 

  


決して主役にはならない”もたいまさこ”だが、とても存在感のある女優さんである。
「マザーウオーター」小林聡美・小泉今日子共演でも、いい味を出していた。




ハリウッドにスカーレット・ヨハンソンという女優さんがいる。
透明感があって瞳に特徴のある、とてもきれいな女優さんである。

彼女の少女時代の作品、ロバート・レドフォードと共演した「モンタナの風に抱かれて」は乗馬中の事故で自らの右足と友人をなくし、深く絶望した少女を巧く演じ、「ブーリン家の姉妹」ではナタリー・ポートマンの妹役を演じた。

 005.jpg

「真珠の耳飾りの少女」は目で愛で空気に酔う感じの、とても美しい映画である。

  51jlj1YtAmL__SL500_AA300_.jpg


そのスカーレット・ヨハンソン、マット・デイモン出演の作品が6月に公開される「幸せへのキセキ」これもぜひ観たいと思っている。


今週公開の映画、トム・ハンクスが監督・制作・脚本・主演を務め、ジュリア・ロバーツ共演の「幸せの教室」も予告をみて、みたい映画の1本に入れた。

今後公開予定の映画は、観たい作品が目白押しなのである。
何本観られるだろう。





再手術か抗生物質か・・・。

どちらを進めるめるかはまだ判りません、おそらく明日決まると思います。
とりあえず強力な抗生物質を点滴しています。
これで菌を退治できればいいのですが・・・。

本人は元気です、食欲もあります。昨夜も熱は出ていません。
24時間心電図をとっていますので、ベッドから立ち上がったり、お手洗いに行ったりすると、看護師さんが様子を見にきます。

緊急入院した日は、個室しか空いていなくて、今日の午後まで個室でした。
市外在住なので2割増し・・・年金生活者には高級なお部屋でした。
個室はテレビも冷蔵庫も無料ですが、4人部屋を希望していました。
今日の午後、無事に心臓外科一般病棟の4人部屋に移動しました。



目新しい?ことがないのでセキュリティのことを少し・・・。
去年も書いたと思いますが、セキュリティがとてもしっかりしています。
裏を返せば本人をはじめとして、面会者にも家族にも面倒ということになるのですが、素晴らしいシステムです。

緊急で入院した日に、本人カードと家族カードの2枚を渡されました。
本人カードで、テレビや冷蔵庫を利用する料金をチャージします。
そのカードをテレビの下の機械に差し込むとテレビが見られ、冷蔵庫のスイッチをオンにすると冷蔵庫が利用できます。
オンにしなければただの物入れです。

まずこのカードがないと、病棟へのエレベーターホールのドアが開きません。
そして病棟のドアも開きません。(病棟と診察室は別のエレベーターです)
家族カードも本人カードも、どこへでも入れるわけではありません。
入院している病棟のみです。

今日5階から4階に移動しましたので、ためしに5階のカードを機械にピッとかざして見ましたが駄目でした。

  @1.jpg

家族カードも本人カードも、今日中に切り替えられるのですが、とりあえず下のカードが発行されました。
明日は家族カードが使えるはずです。


前にラジオを聴いていると、あるパーソナリティがセキュリティカードを使わず、誰かと一緒に退社したため、5日間ずっとラジオ局にいることになっていて、次入るときセキュリティで引っかかってしまったと話していました。

このカードは、そこまでチェックはされていませんが、よく出来ていると思いました。

うん? 今時当たり前ですか

今日はこんなことを書く余裕がありましたが、明日はどうかなぁ~?


再手術の可能性も・・・

9日に着ていた衣類を、その日のうちに持って帰ったが、肌着が洗濯したように濡れていた。
救急に運ばれた時、熱が高くて汗びっしょりだったと言う。
昨夜も42℃の高熱が出て、CTとMRIを撮ったと聞いた。
採血の数値も考えられないほど悪く、心臓の周りに白い影があったとのことで、今朝主治医からは、再手術するからと言われた。

今日は昼間熱が上がらず、このまま抗生物質の投与で手術をせずに行けるかも・・・とこれは面会に行っている私の前でも言われた。

再手術は時間も去年の倍ぐらいかかるし、体のリスクも非常に高いと聞いている。
去年あんなに苦しんだのに、あれ以上のリスクがある手術は辛い。
今夜も熱が上がらず、再手術が避けられるよう願わずにはいられない。。

訂正しました

現時点ではまだ血液中に、菌があるかどうかは解らないが、まず間違いなさそうである。
人工血管には菌が入って来ても殺す力がない。
これは私が入れている人工股関節にもいえる。

菌で思い当たることはある。9月に田舎へ行った時、亡き兄の家で車に乗り込む時、張り出していたスレートで頭を打った。
血がサラサラになる薬を飲んでいるので、少しの傷でも割合たくさんの血が出た。
本人も私も真っ先にそれが思い浮かんだ。

最低でも一週間の入院ということになった。
一週間で済めばいいのだが・・・。
点滴をしている。
菌のいたずらか、熱が出て寒い寒いと言っていた。室温は26度に設定されていて毛布を2枚(1枚は電気毛布)かけている。


ハロウイン

今日は夫の病気から離れて・・・ってやはり話題は病院ですが

入院病棟の面会室は各フロアーにハロウインの飾り付けをしてあるようです。
2階がメイン玄関ですが、ここを入ったところにかぼちゃの飾り付けがあります。
最初入った5階にも今の4階にもあります。

ハロウインモードにしてかぼちゃの写真を映したのでアップしようとしましたが・・・?
カードが入っていませんでした。
今までのデジカメはカードが入ってないと、電源を入れた時「カードがありません」表示されたのに・・・。
でもデジカメを見るとカメラには残っていたのです。あれこれいじっているうちに消えてしまいましたが?

っで健保協会へ行った時、息抜きにShinで?タイムにしました。
そのときの画像です。急いでいるので、ささっと食べて病院に戻りたかったのに時間のかかったこと。
かぼちゃのカップを買いに行ったのかと思うほど待たされて・・・。

@.RIMG0656.jpg

娘がアメリカにいたとき、何人ぐらいの子供がくるのか、見当がつかなくて、20人分ぐらい用意して待っていると、次々子供たちが来たそうです。

   DSC00696.jpg

↑古いファイルからです。


なが~い一日

心臓血管外科の診察日だった。
病院に着いたのは9時前、診察の予約時間は10時半。
いくら早く行っても、早く行けば行くほど待ち時間が長いのに・・・
いつものようにたっぷり待って、診察室を出ると1時を少し過ぎていた。
前回より少しクレアチニンの数値が下がり、減塩食の効果があったようだ。
これで十分疲れたのに、今日はおまけがあった。

用があると言う夫とは、病院で別れ、家に帰る前に膝のリハビリに行き、買い物をして帰ってきた。

病院をはしごするので、ケータイはマナーモードにしていた。
リハビリでは荷物をロッカーに入れる。
いつもならロッカーから出したとき、ケータイを見るのに、今日は忘れていた。
家に帰ってバッグからケータイを出して見ると、夫から三回も着信があり、自宅の電話にも着信がある。ただごとではなさそうである。
ケータイの留守録に「救急車で運ばれている」とメッセージが入っている
救急車でどこへ?どうして??
去年と違い自分でかけているなら、大したことはないのかも・・・。
頭に浮かんだのは、今日診察を受けた神戸中央市民病院です。
まずここで訊いていなければ消防局に聞こう、あるいは神戸市消防局に調べてもらおうと考えた。
市民病院に電話をかけると、当然夫の名前、生年月日、私の名前等を訊かれた。
ここに搬送されたことが確認できた。
具合が悪くなったのなら、迎えに行かねばと病院へ向かいました。
やっと1年過ぎたと思ったのに、いったい何があったのだろう?
5時半に到着しましたが、検査中でなかなか会えない。
のちに話ができた夫によると、5月まで勤務していたビルの近くで、嘔吐し気を失ったらしい。救急車に運ばれて気が付き、今日診察を受けた病院へ搬送してもらったということであった。

まだ詳しいことはわからないが、血液中の菌を培養していると聞いた。
熱があり、去年の手術のこともあり、今後のことは何も解らないが、また緊急入院をした。
培養の結果次第では、明日にでも退院できるかも知れない。

緊急でかかったのは、心臓血管外科ではなくて内科です。
全身の血が入れ替わるほどの輸血、人工心肺下での長時間の手術、体が受けたダメージは予想以上だと思う。

本当に人生何があるか・・・またしても考えさせられた出来事でした。

忘れられない日

今日は朝からきれいな雲が、空いっぱいに広がっていました。

1年前の10月6日は木曜日でした。
あれから・・・そう夫が命拾いしてから一年経ちました。

あのまま両親や兄弟のもとへ逝っていたら、一周忌だと言って笑いました。

おかげさまでそこそこ元気に過ごしています。
ただしゃがみこんでの作業や、腕を上げて上を見ての作業は、倒れるまでのようには出来ません。
昨日も私が転がしてしまった薬を、拾ってやると言って拾ったのですが、しんどかったようです。
両股関節の手術をしてしゃがみ難い古女房と、難なくしゃがむことは出来るのに、その体制がしんどい夫・・・老人世帯以外の何物でもありません。

1年前のことは、昨年の10月7日からの日記に記していますので、興味のある方はご覧になってください±

10時半ごろにオペ室に入り執刀医から説明を受けたのは、午後8時半を回っていました。
この時点ではまだオペは終わっていませんでした、開いた胸をとじているので、もうしばらく待つよう言われ、病気と手術についての説明を夫の兄と一緒に受けました。

それから1時間半後、やっとICUの夫と対面できたのでした。
朝いつものように元気に、出勤した夫の姿はありませんでした。
横にいた夫の兄も、あまりの弟の姿に言葉を失っていました。

こうして我が家始まって以来の、緊急事態が始まりました。

術後23日目の10月29日(土)に無事退院をした夫は、自宅から駅までの5分の距離を一気に歩けないのに、週明けの31日から仕事に復帰しました。
それから退職までの7か月ほとんど勤めを、休むことはありませんでした。
しんどかったと思います。
その間、体にはいろんなことが起こりました。
そのたびハラハラしましたが、本人は最後まで勤め上げられた達成感があったようです。

体調に自信があれば、次にいただいていたお話もお引き受けしたのですが、さすがに本人も自信がなかったようで、お断りしました。


今夫は、国道2号線をカメラを持って、歩くことに燃えています。
すでに大阪から姫路まで5~6回に分けて歩きました。明日も歩くようです。
国道2号線は大阪から北九州市まで続いていますが、全行程を歩くつもりのようです。

今はまだ県内ですので、朝出かけて夕方帰ってこれますが、もっと西へ行くと日帰りは出来ません。どう楽しむかは夫のしたいようにすればいいと思っています。

ということで、ここを覗いていただいている皆様には、ご心配いただきましたが、元気に1年目の記念日を迎えられたことを、お知らせしておきます。

本当にありがとうございました。

  RIMG0636.jpg


眠い・・・

最近眠れない日が多くて眠いのですが、今日はいつになく眠い。
これが夜になるほど目が冴えてくるので始末が悪い。
眠れないのを見越して薬を飲んで寝るほうがいいのかもしれない。
ベッドに入ったのは12時半、眠れずに時計をみると1時半、ウトウトして次に見たのが2時半・・・4時40分・・・6時50分・・・。

11時に内科の予約があり8時に起きて、食事と洗濯をして出かける。
帰宅してからもずっと眠いのでお昼寝をしようと、ベッドに横になるが眠れない??
仕方なく起きてはみても大口開けて欠伸ばかり・・・?
こんなに眠いのは久しぶりです。

月一回の内科通院では、必ず採血があります。
血管が細くて深いところにある(きっと脂肪に埋もれている)ので看護師さん泣かせです。
前に通院していた医院では、看護師さんも院長も採れなくてあきらめたことがあります。


採血失敗謝られても刺され損   K

今通院しているところはみんな上手で、今日も1回で採ってもらいました?
さて明日は川柳講座宿題をしなきゃ・・・でも眠い。

そして明日は夫が倒れて1年の記念日になります。
何とか1年経ちました。


台風一過・・・

なのに曇り空です洗濯物がなかなか乾きそうにありません。

ベランダには街路樹の葉っぱが、多数舞い込んでいました。
大きな植木鉢がひっくり返っていましたが、我が家は被害らしい被害もなく安心しました。
皆さんのところは大丈夫でしたか?


昨日は午前中スーパーに行くと、台風に備えて買い込んでいる方が多かったです。
我が家もそうでしたけど・・・。お月様は出ないだろうとは思いましたが、お月見団子を買いました。
もちろんきっりいただきました?

今までは夫と一緒に甘いものを、食べる習慣はありませんでしたが、最近は甘いものを欲しがります。煙草をやめたので口が寂しいようです。
昨日はチョコレートをカゴに入れていました?ä

金曜日に彼岸花を見に行ったのですが、まだまだでした。

最近は猛暑・酷暑のため咲くのが遅いのだそうです。
2枚目の画像のようなのを期待して行ったのですが・・・残念?
 
RIMG0574.jpg

池の周りを囲むように咲くのですが・・・。
ヒガンバナ.jpg

 


RIMG0594.jpg

  《オオイヌタデ》 《オオケタデ》


う~~ん

自民党の総裁に就任した安倍晋三氏・・・政治家になるより他にないような血統の持ち主ですが、お体のほうは大丈夫なのでしょうか。

社民党党首の福島みずほ氏がきついことを言っていましたが、ある意味仕方のないことでしょう。国民の間からも心配の声が上がっていますね。

政治家は健康でなければ絶対務まりません。野田首相の超人的なスケジュールをみると本当にすごいなあと感心します。(あくまで過密スケジュールについてです)

また自民党政権に戻るのかどうか政治にもきわめて疎いaozora@には解りませんが・・・我が家にあったなと探したのがこれ。

  RIMG0476.jpg


国土交通省のOBが選挙に出馬したとき、自民党本部に出向いた夫が持って帰ったものです。
日にちは入っていませんが、「美しい国日本」をアピールした当時の安倍総理の色紙です。


人様の字をとやかく言う資格はありませんが、あまりお上手とは言えないと思います。


映画

「男が女を愛する時」十数年前の作品、メグライアンも若い・・・
「ユーガットメール」とどっちが先なんだろう?この作品辺りのメグライアンのいたずらっぽい目元がかわいい。



アメリカで深刻な社会問題となっているアルコール中毒を描いている作品。

アリス(メグ・ライアン)は、有能なパイロットのマイケルと、女の子を連れて再婚した。マイケルとの間にも女の子が産まれ幸せに暮らしている。
フライトで留守の多い夫、淋しさをお酒で紛らわせるようになる。
夫が気付いたときは、すでに日常生活も困難な重度のアルコール中毒患者となっていた。

彼女はリハビリテーション・センターに入院する。
アリスは順調に回復し退院した。だが妻をかばい、負担をかけまいとする夫の思いやりが,
逆に彼女を追いつめていく。
結果2人は別居する。

そんな時、アリスはリハビリ・センターから体験スピーチを依頼される。壇上で彼女は、夫への素直な気持を語った・・・

51KvcXt5p9L.jpg