FC2ブログ

大雨の思い出

九州では先月に続き、また大雨による大きな被害がでています。
予測の出来ないゲリラ豪雨、怖いですね。

aozora@の大雨の記憶は、田舎の純真な高校2年生の時だったと思います。
当時の淡路島にはまだ電車が走っていましたので、電車通学をしていました。

その日の朝のお天気のことは覚えていませんが、お弁当を食べて5時間目の授業を受けながら、外を見ると近くの学校の生徒が、帰宅しているのが見えました。

「そうだよね、こんなに雨が降っているのに、何で授業をしなきゃいけないのよ」と内心思いながら授業をうけました。
そして5時間目が終わって、最寄り駅に向かい帰宅をしようとしました。
最寄駅から3つ目の駅の構内が、水に浸かり電車が入れないという事態が起きました。
aozora@が降りる駅は、水に浸かっている次の駅・・・。
そこで電車は前の駅まで戻ったのです。それから電車を降りて国道を二駅分歩き、自転車は駅に置いたままで帰りました。
その間、国道の両側の田んぼは、国道の高さとほぼ同じ高さまで水がありました。
今はこの国道添いも田んぼが減って、こちらにある色々のチェーン店ができています。

自宅近くまで帰ると、増水した小さな川の両側に立っている消防団のおじさんに「こんな天気に今頃まで何しとったんや」と頭ごなしに叱られました。
言い返すことも出来ず、膝まで水に浸かってスゴスゴ帰りました。

もう一回は平成16年だったか、姑の葬儀に夫より一足早く、義妹と淡路へ夜の11時に出発したことがありました。台風の2~3日後だったか、よく休憩をしていたパーキングエリアの、広い場所が大きな岩やがれきで埋まっていたのです。そにお光景はショックでした
自動車道のほとんどは山を拓いて作った道路です。一時通行止めになっていた場所は山の斜面が崩れたのでした。

葬儀や初七日を終えて帰ってくる時、上り線のパーキングエリアは閉鎖されていました。

萩へ旅行に行った時は、台風と道連れだったのを覚えています。

これ以上の被害が出ません等に。


えのころぐさ.jpg

《エノコログサ》


いい天気です。

昨日今日といい天気です。
梅雨の中休み・・・五月晴れですね。
そうそう五月晴れも誤解の多い言葉ですね。

《五月晴れ》の本来の意味は、
梅雨の晴れ間のことですね。

今は広辞苑でも、
(1)さみだれの晴れ間。梅雨の晴れ間
(2)五月の空の晴れわたること。となっています。

岩波国語辞典第7版では、
(1)に、太陽暦五月の晴天。(2)の誤用が現在は定着。
(2)に、つゆの時期の晴れ間。つゆ晴れ。
と記されています。

広辞苑が注釈も付けずにこう表記するのですから、日本語の乱れは加速するばかりだと思います。そのうち本来の意味を知る人は、国語学者以外いなくなるかも知れません。


当然ですが、三省堂のホトトギス俳句季題便覧では、
五月雨に対する「五月晴」、すなわち梅雨のあい間をいう。最近天気予報などで、陽暦五月の快晴を五月晴れといっているのは本来の意味からは誤用である。
と記されています。

このことは次の俳句でよく解りますね。

五月晴れとはやうやくに今日のこと   稲畑汀子




昨夜はレンドルミンを飲んでも寝つけず、サイレースを追加してうとうとしました。
目覚めたのは9時?äダイニングテーブルの上に「船を観に行く、夕方には帰る予定」のメモがありました。
昨日のニュースで神戸に超豪華大型船が、入講したと報道されていましたので、観に行ったようです。
長年船関係の仕事をしてきたので、気になるようです。
散歩ももっぱら船やヨットを観に行きます。

先日、淡路へ行っての帰り上りのSAでじっと海を眺めて、航行する船のレクチャーをしてくれました。

例えば↓の船は、西から東へ向かっていました。
自動車運搬船だそうで、もう少し先へ行くとぐっと舵を右へきって外国へ向かう・・・。
本当にぐっと右へきっていきました。

@.@.IMG_8004.jpg

あれは砂利運搬船等々・・・。

@.IMG_7997.jpg

@.IMG_8005.jpg


話半分ほどしかきいていないので、どれが砂利運搬船だったか??ä?