FC2ブログ

映画

今日観て来たのは↓

   

9,11の同時多発テロで父親を亡くした少年の冒険物語・・・

11歳の少年オスカーは、父親の死を受け入れられないでいる。
ある日、父親の部屋で花瓶の中に入っていた1本の鍵を見つける。
何の鍵か解からないが、その中に父が少年に残したものがあると、信じて探しはじめる。

アスペルガー症候群の彼には「苦手」がいっぱいある。
それらを乗り越えながら一歩一歩鍵に近付いて行く・・・。

しかし予想外の展開・・・面白い映画でした。




父親は「ダ・ヴィンチコード」のトム・ハンクス、母親は・・・・誰だったかなと考えていて思いだした。「スピード」のサンドラ・ブロックである。

中盤以降、涙している方が多かったように思うが、この映画では涙が出なかったaozora@と友人・・・。


退院して

一ヶ月になりました。
その間、毎週診察を受けました。

11月の退院後は、約20日で病院に舞い戻ったので、内心ドキドキしていました。
これはおそらく夫も同じだったろうと思います。

今は健康な時とほぼ同じような、生活を送っています。

今週は確定申告をすませてから行くというので、夫一人で行って来ました。
採血の数値もかなり改善されており、次回は2週間後の受診です。

ヤレヤレです。今後安心して暮らしていけるよう、体調を整えて行かねばなりません。

 どなたかが呼んで下さる救急車   aozora@


救急車2.jpg



イラストはこちらでお借りしました。


機械化考

夫の心臓血管外科の診察日であった。
予約は10時半着いたのは9時・・・aozora@は自分の診察であったら、絶対こんなに早くは行かないä?
検査も採血だけなのにそんなに早く行ってどうする?
夫はいいだろう、起きて食事をするだけ、でもこちらは朝食の準備、お弁当、片づけ・・・。
おまけに運転手である。

前回は、主治医が急用か何かで途中で診察が停まり、長い時間待った。
今日は10時過ぎに「院内のサーバーがダウンしました・・・。」と院内放送があった。
コンピュータートラブルは、30分ぐらいで回復したと放送があった。

しか~し10時半の予約で呼ばれたのは12時半を過ぎていた・・・?


サーバーがダウンしている間は、電子カルテが使えないので診察はストップしている。
もちろん会計もストップしている。
患者の受け付けはいつもならすべて機械でし、呼び出し機がゴロッと出てくるが、これもストップ。
取り敢えず受け付けは人手でしたらしい。サーバーが復旧したあとで、事務職員やフロアの案内係りが「ケータイ端末お持ちでない方はいらっしゃいませんか?」と回っていた。
呼び出し機を「ケータイ端末」と言っても解からない人には解からない。


レントゲン写真も、各検査データーも、全てPCに送るシステムでのサーバーダウンは、病院の機能を一気にストップさせてしまう。
機械である以上何らかのトラブルはつきものだと思う。
今日は短時間のダウンんで済んだが、もっと長時間のトラブルがないとは考えられない。

便利なPCだが頼り過ぎるのもいかがなものかと考えた、今日の病院での出来事であった。

肝心の夫の具合は、貧血はデーター上では解消しているとのこと、クレアチニンもだいぶ改善されていた。

次回の診察予約は5月の連休前と、ずっと先になった?
60日あまり薬代は16,000円余り、診察と血液検査で4000円余り、20,000円で足りない?
病院代もばかにならないなと思う。


文章の書き方

先週の土曜日は、川柳講座の有志で立ち上げた勉強会があった。

師が発行する川柳の季刊誌には、会員作品のページと、誌友・会員の作品が掲載されるページとがある。
この勉強会は後者の、誌友・会員作品の両方の作品、約1000句の中から5句を選び鑑賞文を書いていく。
各自が優れた句だと思ったのを選ぶのである。
1000句以上の中から5句に絞るのは結構大変なことで、毎回苦しんでいる。
鑑賞文が出来てないため、当日勉強会を欠席しようかなと、思ったことが何度もあるä?

そしてチェックされる文章の表現力・・・。
今回も非常に手厳しかった。
鑑賞文は各自の思いを文章にするので、それには何も言われないのだが、問題は文の書き方である。
句読点の打つ場所が難しい。
句点「。」と読点「、」句点は誰でも打てるが問題は読点である。

どこに打てばいいのか、ハッキリ解からない。
一つの文に何か所も読点を打ち、だらだらと長い文章にならないように書く。
センテンスは出来るだけ短くし、勢いのある文章を書けと言われる。
そして文体を統一すること。「ですます体」と「である体」をごちゃ混ぜにしない等々・・・。

川柳の講座でありながら、時々作文を書かされる?ä

このブログを書くのに何カ月か前から、何となく優しくみえる「ですます体」で書くよう心がけていた。
そうすると今まで書いていた「である体」で文章が書けなくなってしまった。
っで鑑賞文を読み直してみるとどうも変な部分がある。
でもそれをどう直せばいいのか解からない。
解からないながら打ち直し、冊子担当のSさんに今日Faxを入れた。
ほどなく電話があり、変だなと思いながらも直せなかった箇所を指摘された。
??そうだ!そうだったのだ?
言われるように訂正し「である体」の鑑賞文が完成した。



っということでまたこのブログも、今日から「である体」で書くことにした。


   

   IMG_5291.jpg


もうすぐ雛祭り・・・おいしい和三盆です~????



映画

ドライビングmissデイジー
(テレビの録画)

 

72歳の元教師のデイジーと、黒人運転手の物語です。


デイジーがある日、運転中に大事故を起こしかけた。
そんな母をを心配した息子が黒人の運転手を雇う。
運転手を受け入れようとしないデイジー・・・

ある事件がきっかけで運転手を受けいれるようになり、ユダヤ人と黒人に対する差別を感じる。

「最高の人生の見つけ方」のモーガン・フリーマンの飄々とした演技に惹かれる。


    ******************

「チェルノブイリハート」
(レンタルDVD)



こちらは感想を書くのも胸がつまる、そんな映像がいっぱいのドキュメンタリー。

goo映画のあらすじを貼らせていただきます。


チェルノブイリ・ハートとは、“穴のあいた心臓”、“生まれつき重度の疾患を持つ子供”の意味である。
ベラルーシでは現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持っている。
1986年4月26日、旧ソビエト連邦(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉が爆発事故を起こし、放射性降下物はウクライナ、ベラルーシ、ロシアを汚染した。2002年、ベラルーシ共和国。原発から半径30キロ以内の居住は禁止されている。さらに北東350キロ以内に、局所的な高濃度汚染地域“ホット・ゾーン”が約100ヶ所も点在している。
ホット・ゾーンでの農業や畜産業は、全面的に禁止されている。そんななか、ホット・ゾーンの村に住み続ける住民、放射線治療の現場、小児病棟、乳児院の実態に迫る。
さらに4年後、事故から20年が経った2006年、事故があってから初めて故郷を訪れた1人の青年は、廃墟となったアパートへ向かう。爆心から3キロの強制退去地域は、1986年で時間が止まっていた。青年は1986年のカレンダーを見つめて、近親者の10人がガンで死んだこと、自分もそうやって死ぬ確信があることを語る。
その1年後、青年は27歳の生涯を閉じた。



フクシマの子どもたちが、10年後20年後幸せに暮らしていますように、またその子達に健康な赤ちゃんが授かりますようにと願わずにはいられない。
そんな映画でした。

映画は観て楽しくあるべきですが、この映画を観たあとのやるせない気持ち・・・。

もし子どもや孫が、こんなにも大きな障害を持って産まれてきたら、心から愛せるのか?と自らに問いかけました。


故郷

aozora@の故郷淡路島には「黒岩水仙郷」と「立川水仙郷」という二つの水仙郷があります。
今年は寒いので、まだ咲いているだろうと思いますが、行けそうにありません。

立川は洲本市にあり平坦な場所ですが、南あわじ市にある黒岩は急斜面にあります。

@.IMG-3.jpg

地図の赤マルが黒岩水仙郷で、赤角が立川水仙郷です。

↓は黒岩
photo_9.jpg

そして↓が亡き義姉の描いたもの。


 IMG.jpg


 IMG_0001.jpg

義姉は淡路島の名勝や行事を、公民館活動の一環で描いたようです。
作品の下にどなたが描かれたのか解かりませんが↑な文章とともに額に収まっています。

明石大橋がかかってからの淡路島は、aozora@の知らない故郷淡路島です。
これは淡路島に限ったことではありませんが、観光地として発展するのは嬉しくもあり、反面古き良き時代の故郷がなくなるのは淋しさもあります。




餅は餅屋・・・

2月の終わりから、ひじの内側に円形の湿疹?が出来ていた。
初めは直径1センチぐらいだったのが、段々大きくなってきた。
何かなと?思いながらO軟膏をお風呂上がりに塗っていた。

効いてないならと思い以前「モーラステープ」の光線過敏症のおりに貰った軟膏を塗ってみたが、やはり効かなかった。
そこで仕方なく、先週甲子園球場近くの皮膚科に行った。
患部の表面から何かを取って顕微鏡で見る。
前日お風呂がりに軟膏を塗っていたので、菌がみつからなかったが、見た目から「たむし」でしょうということで薬をもらってきた。
2日ぐらい塗るとかゆみが全くなくなり、広がりもない。
こんなんならもっと小さいうちに皮膚科に行けばよかった。
ただ根気よく薬をぬって菌を退治しないといけない。

やはり「餅は餅屋」ですね?

花粉症もそうです。
aozora@は目より鼻の症状がひどいので、先ず耳鼻咽喉科に行きます。そこでも目薬を出して貰えます。
ただ眼科で処方される花粉症の目薬より効き目が弱いのです。
今日は朝から目が痒い。やはり眼科にいくべきかな・・・。

    IMG_5445.jpg

   《オオイヌノフグリ》いっぱい咲いていました。春です?


一枚の重さ

一枚7グラムって何だか解かりますか?
500円硬貨の重さなんですよ。

いつもコメントをただくmeronさんが500円玉預金のことを書いてましたので、aozora@もちょっと書きます。
以前一度書いたのはこちら

最近さぼり気味の500円玉貯金。
さっきどのくらい貯まったたかなと持ってみると結構重いのです。
キッチンスケールで計ると760グラムあります。
缶の重さが100グラムあると仮定して50,000円前後はありそうです?


  IMG_5259.jpg


aozora@の名句??
重いので5百円玉のけておく   K

これが500円玉貯金を始めたきっかけでした。
前回は約3年半で達成でしたが、さて今回はいつ達成できるのでしょうか。
先は長そうです。
貯まったらどうする?
その頃、毎日が日曜日になっている夫が、今より少し体調がよくなっていれば、旅行に行きたいと思います。
行けなければ、もちろんaozora@の通帳に入ります


面会

1月に行って以来行けなくて、気になっていた両親の面会に行って来ました。
姉達も色々用があり、今日は久しぶりに一人で行きました。

暖かでいいお天気で気持ちよくドライブしました。
一人だとノンストップで行こうと家を出ましたが、あまりにもいいお天気なので、明石大橋を眺めたくて淡路SAに入りました。

IMG_5238.jpg

  
IMG_5244.jpg

SAを出て走っていると、昨日の雪が所々に残っていました。

初めに父がお世話になっている施設へ

ケアハウスと病院を行ったり来たりしている父は、今どこにいるのか病院の受付で訊ねました。
また病院に戻っているとのことで、3階に上がって行くと、ホールに毛糸の帽子をかぶった父がいました。
赤ちゃんのオーバーオールのような物を着ています。
近くまで行くと「おう!」と手を挙げます。
忘れられてはいません?
でも「私は誰」ときくと「N子か」と神戸の姉の名前を言います。
う~~ん残念、まあいいか当たらずとも遠からじ・・・
ハズレと言うと「K代か?」名前を覚えているだけ良しとしましょう。
何たって100才です、欲張ってはいけません。
元気でよく歩いていた父も、何度も起こす肺炎で寝込む度に脚が弱って歩けなくなりました。
でも本人には自覚がありません。
コーヒーを飲みに行こう、と立ち上がるそぶりを見せます。
車椅子に固定しているベルトを外そうとします。
自分で外せないと解かると「外してくれ」と言います。
歩けないから外すと危ないと言うと「そうか歩けないのか」とじっと脚をみます?

体重測定をしました、車いすのまま乗って57キロ、車いすの重さは18キロ、39キロしかありません。元々痩せていましたが40キロをわっているとは・・・
羨ましいような、いえいえ・・・?あまりの軽さに測定をしていた介護師さんが「軽っ!?ä

それから母のところへ
いつもいるホールへ行くと閉まっています?
部屋に上がって行くといません、部屋を変わったかなとずっと見て歩きました。
母の名札が掛った部屋がありません

通りがかった介護師さんに訊くと、下痢をしていたのでノロウイルスを懸念して部屋を移動しているとのことです。
ノロウイルスの疑いが晴れて、今日から面会も出来るようになったということで、部屋へ行きました。
窓の方を向いた母がいました。隔離状態なので新聞を読みに出ることもできず、人と話も出来ず退屈極まりないようです。

若い人でも危険なノロウイルス、ましてや高齢者の施設で発症すると大変です。致し方のない処置です。

母と話をすると新しい話題があるはずもなく「誰それさんが死んだ云々・・・」どなたかが亡くなったという同じ話ばかりです。
それもさっき聞いた話ばかり、しっかりしているようでも認知症は否定できません。

私の年齢で両親が健在なのは珍しいです、感謝しないといけません。
でも淋しいものです。

高齢者施設での虐待事件がつい最近ありましたが、両親がお世話になっている施設では、大丈夫だと信じています。
そう信じさせてくれるものが伝わってきます。
本当にありがたいと思います。


両親が我が家の玄関に置き去りにされてから丸5年が経ちました。
今2人とも穏やかに毎日が暮れています。
今日も安心して帰路についたのでした・・・感謝?

IMG_5252.jpg


本日も映画・・・(*^_^*)

夫が観たいと言う「はやぶさ 遥かなる帰還」を観てきました。
以前ラジオの映画情報で聞いたのも「はやぶさ」だったのですが、その時の映画ではありませんでした。


  

2010年にはやぶさが帰還したのにちなみ他にも制作されたのですね。
どうやらaozora@が聞いたのは3/10から上映される「おかえり、はやぶさ」だったようです。
どちらが作品として勝っているかは解かりませんが、昨日観て来た「はやぶさ 遥かなる帰還」も達者な俳優陣で楽しめました。

渡辺謙、山崎努、江口洋介、吉岡秀隆、藤竜也、石橋蓮司、夏川結衣・・・
そして音楽は辻井伸行。
山崎努、藤竜也やはり巧いですね。

今の日本映画は渡辺謙と役所広司で持ってる?と思うほど常に主役を張っている渡辺謙、「ラストサムライ」での英語の堪能さにビックリしたものでした。
全く喋れないaozora@からみるとほんとうに上手いなあと思います。

ラストサムライみんな英語が上手すぎる   S道子

教室の川柳仲間のSさんがこんな句を詠みました?

この映画の江口洋介も良かったと思います。

観たい映画が続きます????


メール整理

PCが変わって2年あまり、メールを受信しっぱなしで殆どのメールをフォルダに移動せずに受信トレイに置いていました。
「これではいけない」とようやく整理を始めました。
たくさんのメールマガジンをより分けそれぞれフォルダを作って移動したり、不要なメールを削除したりと深夜までかかって、ようやくスッキリ整理ができました

それにしてもたくさんのメールを受信していたものだと感心しました。
過去に受信したメールを2度3度受信すると言う、メーラーの不備があったりで、
削除したメール数はどのくらいあったのか、今となっては解かりません。

何事もこまめにを心がけないと駄目ですね?





2月は梅見月という呼び方もありますが、観梅はまだまだ先のようです。

  IMG_5227.jpg

  IMG_5230.jpg

沈丁花もまだ咲きそうにありません。


  IMG_5232.jpg


映画

好評の「麒麟の翼」東野圭吾原作を観てきました。
今回もなかなかいい映画でした。

この麒麟は首の長い麒麟ではありません。
キリンビールのあの翼のある麒麟ですね。

3年ほど前に夫の出張について東京へ行ったおり、日本橋でこの麒麟の像をみました。
今回の映画は、その日本橋の麒麟の像の前で、一人の男が胸にナイフが突き刺さったまま息絶えるところから始まります。
刑事役の阿部寛、渋くなりましたね。ドラマや映画によく出ています。

 


不調・・・

いえねケータイです。
メールを打っていると、キーを押しても反応しなくなってしまいました。
一度バッテリーを外すとまた操作出来ますが、暫くするとまた同じことがおきます。

いよいよスマホに交換しないといけないのかな?
それとも修理可能かな?
auストアーに行かないとね。
きっと明日は人が多いだろうから月曜日に行こうかな。


ほ~(*^_^*)

夫の病院の帰り自宅近くのいつも利用する郵便局へ行きました。
50円切手を買って更新葉書をポストに入れました?
シール式のかわいい切手です。
  IMG.jpg


窓口で局員の若いお兄さんが、一日遅れですが気持ちですと↓を戴きました。

  @.jpg

この2~3年aozora@はチョコを贈っていません。
義理とは言え久々のバレンタインチョコでした????



今日は年金の支給日です、口座から生活費を引きだしました。
先日ニュースで、今回年金支給額に間違いが見つかったと言っていましたが、12月と全く同じ金額が入っていました。




穴あけパンチ

打っている川柳の会報は、表紙を入れて大体8ページです。
それをパンチで穴を開けてファイルしています。
5期からの参加で先々週41期が終わり、36冊のファイルができました。(1期10回あります)
使っている穴あけパンチは、百均で買ったものです。
10枚用ですが、8ページでもホッチキスが邪魔をしてつっかえてしまうので、自分のだけ先に穴を開けてから綴じています。

自主勉強会の会報は、毎回表紙を入れて13~4ページあります。
ホッチキスで止めてなければ、13枚でも開けられるかも知れませんが、ホッチキスで止めてあるため、13枚の紙を中に挟みこめません。
仕方なくホッチキスを外して開けていました。
その作業が面倒でパンチをするのが、たくさん溜まってしまいました。

溜まってしまうと、いちいちホッチキスを外して穴を開けて・・・の作業が更に億劫になります。
でもこのまま置いておくわけにもいきません。

そこで35枚用のパンチをAmazonで買いました?
ホッチキスがあってもらくらく入ります。
便利です、お陰で一気に片付きました。

もっと早く買うべきでした・・・



  IMG_5220.jpg

  IMG_5222.jpg



修理完了

10日の記事の洗濯機は、結局メーカーさんに修理の依頼をしました。
今の洗濯機は10年もたないと言われますので、悩みましたが、今動いている物を買い換えるのは抵抗があります。
でもバケツで汲み出すのはもっと厭・・・ä?

お風呂の残り湯を使わなければ問題はないのですが、それは勿体ない・・・

ポンプの取り換えとホースの取り換えで16000円余りの出費となりました。
何の修理でも同じですが、部品は安いですね。
出張費と技術料がかかるので高くなります。



   IMG.jpg

洗濯機があとどれくらい使えるのか、その期間残り湯を使うことで浮く水道代と、今日の出費を秤にかけると今日の出費の方が大きいだろうと思います?

便利になれると元には戻れません。


母のリハビリ

母シリーズで

リハビリ初日は平行棒を3往復したのだそうな?そして言ったこと、「昔はあんなに歩いとったのに3回めは脚が前に出なかった・・・・」昔?いつのことだろう?
そしてその平行棒の長さはどのくらいあったのだろう?今度行った時みて来よう。2本分繋げてあっても10メートルはないだろう、1本なら3メートルあるかないかだと思う。
骨折するまでの母の歩きをみていると、手押し車なしで歩いたことさえビックリなのだ。

両親がホームに入った頃、父は元気で歩きまわっていた。どこにいるかをみておかないと、部屋が解からず誰の部屋でも入ってしまうので、母はいつも後を追っていた。
その前の60数日間、我が家にいた時も、歩け歩けと毎日散歩をさせていた。そのころはかなり歩けていた。しかし父が病院へ移ってから自主的に散歩をしなくなった。口やかましく歩くようにいうと「食堂まで1日3往復はする、これは結構長い・・・」と言った。
しかしこの食堂までの距離などたかがしれている。4年前に比べると、目に見えて歩けなくなっていた。父が病院へ移ってもう3年が過ぎた。手すりだけでは歩けなくなっているのだ。
一度座ると立ち上がるのにとても時間がかかる。

そんな母の歩けていた昔とは、いつの頃の昔か訊いた。学校へ行っていたころだと言う・・・当たり前だよね。

私だってそのころならどれだけでも歩けた。

時間の感覚、今の自分の状態などが把握出来ていないのである。

昨日自分のリハビリに行った。ご多分にもれず高齢者が多い。そんな中で、座らせるのも立たせるのも一苦労のお爺ちゃんがいた。立たせてみるとズボンがズルッと太腿のあたりまで落ちてきて歩けない。「ベルトは?」と聞いても解からない?何度上げてもずってくる。一旦座らせてリハビリ師さんがベルト捜しをする。
ここでのいろんな出来事をみていると、両親をみているようであり、高齢者の相手はほんとに大変だとだと思う。
看護師さんやリハビリ師さんに感謝感謝である。

  IMG_1640.jpg
   《ヒマラヤボタン》


お花

お買い物に出たついでに、先日新聞に載っていた蝋梅を観に行ってきました。
同じ市内とはいえ、その公園はお隣の芦屋市にほど近い所でした。

ナビに従ってかなり急な坂を上って行くと公園がありました。
車から降りるといい匂いが漂っています。
まだ小さな木が何本もあって、いっぱい黄色い花を咲かせていました。

IMG_5202@.jpg



どうやらこんな物が出るようです?ä

 IMG_5214.jpg 


トラブル続き

一つ目は洗濯機です。
約7年間使用している洗濯機に付いている風呂水用のホースが、お正月あたりからどうも調子が悪かったのですが、とうとう吸い上げなくなってしまいました。
ホースだけを買い変えたらOKかなと思ったのですが、ポンプが内蔵されているためホースの交換では済まないことが判明しました。
メーカーに直接確認したわけではありませんが、ポンプを交換するには15000円ぐらいかかるそうです。
洗濯機本体は調子よく動いていますが、あと何年使えるのか考えると、ポンプの交換をしようかどうか迷うところです。

浴室を出たところが洗濯機置き場なので、昔のようにバケツで汲みだすことは出来ますが、床がビチャビチャになるのは必至です・・・?


二つ目は洗濯機につないでいる水道です。

全自動洗濯機につないでいる水道は、専用で使用できるなら、いちいちカチットは取り外さないと思います。
蛇口を開いたままにしていても、洗濯機が止まっていれば水は出ないですね。
横着なaozora@は前は蛇口を開いたままにしていましたが、今は使っていない時は締めています。
いつからか蛇口を開くとポトリポトリ水が漏れるようになりました。
開いていない温水の蛇口からも漏れるのでパッキンを変えたり色々しました。

  IMG_5182@.jpg

上の蛇口から漏れなくなったら、次は赤い丸の部分のカチットの右側だったり左側だったり・・・トラブル続きなのです。

量販店でホースとカチットを購入してを取り変えましたが、それでも結構な量の水が漏れました。
洗濯をするのが億劫になります。
業者を呼ぼうかと話していた時、夫がもう一度量販店に行って訊きました。
長年使用していると、カチットを取りつけている緑の〇の部分が傷付いて漏れることがあると言うので、緑の部分を買って来て取りつけました。
するとピタリと止まったのです?
これが先週の土曜日でした。

業者を呼べば混合水栓の交換で10000円以上の出費だなと思っていたのですが、この部分の交換しで860円だったそうです。夫婦で大満足でした。

蛇口の下にぶら下げているビニールが解かりますか?
勢いよく漏れる水に苦肉の策としてクロスが濡れないよう、ビニールでカバーしていました。
2~3日してもう大丈夫だと外そうとすると、どこかを触ったのかまた漏れるのですå

明日の夫の仕事がまた出来ました。

病気をしてからの夫は、力仕事はもちろん下を向いて何かをするのは苦しいのですが、頑張って完璧にして貰わなければなりません。












映画・・・

新潟で地震がありましたね。
積雪に地震大変ですね、雪崩事故などが起こりませんように・・・

ようやくALWAYS 三丁目の夕日´64を観てきました。
レディースデイじゃなくても1000円で観られるお年頃ですが、明日からは早い時間帯の上映は3D1本だけで後は、15:10、から3本になってしまうのです。
以前小学生だった孫と3Dの子供向けの映画を観たのですが、気分が悪くなってしまいました。
その後3Dは避けています。400円も高いですし・・・?

スクリーンには懐かしき昭和の佳き時代がありました。
東京オリンピックの年と言えばaozora@は高校1年生でした。淳之介君より2歳年下ですね。

高校の食堂で友人と中継を見たのを思い出しました。
涙あり笑いありでとてもいい映画でした。

開業間もなくの新幹線に乗り、ハネムーンに行く新婦のファッションを見て「そうだったなぁ~、みんなスーツとおそろいの帽子を被っていたね~」と隣席の方の声・・・? そんな時代でした。

今は大体が海外ですし、男性も女性もジーンズでカジュアルですね。

ヒロミ役の小雪のお腹が大きかった・・・今はあんな大きなお腹をしていたら、お医者さんに叱られます。

上映中のを含めて観たい作品が目白押しです、何作観られるかな?



今日は・・・

日本記念日協会によると2月5日は「ふた子の日」だそうです。
一年365日、毎日何らかの記念日があるようです。
記念日の登録は1件73,500円の登録料で誰でも申請できるそうです。

何でもあるのですね、初耳でした。車の中でラジオを聴いていて知りました。
ふた子に産まれた方も多いですが、さて「ふた子」さんご本人たちは2月5日は「ふた子の日」を知っているのでしょうかねえ。


今日は雪国の方には申し訳ないほど暖かで穏やかな一日でした。


寒いです(&gt&#59;_&lt&#59;)

日本列島は雪の中・・・とアナウンサーが喋っていました。

青森県では4メートルの積雪だとか、雪国にお住まいの方にはaozora@が想像できない事態になっているのかも知れません。
身体の芯まで温まるはずの温泉での事故、バスの事故など大変なことになっています。

ここ数年暖冬でしたので寒さが堪えます。
今日は洗濯ものを干している間に手が凍えるほど寒かったです。
部屋に入ってお湯で温めました?
ここ数年こんなことはなかったです。

冷たいですが綺麗な青空です。

IMG_5157.jpg


今日から2月・・・

まだ鼻つまりで頭が重いです。
夕べ寝る前、「明日は耳鼻科へ行こう」と思っていたのですが・・・ですが、あまりの寒さにその気が萎えてしまいました?

画像のUPの方法が変わったようですので、試しに1枚UPしてみます・・・出来るかな?

甲子園球場のすぐ傍の《甲子園すさのお神社》別名タイガース神社の今年の大絵馬です。
元旦に撮った画像です
 IMG_4996.jpg

プレビューではUP出来ていますね。


風邪のせいで何もする気が起こらず、レンタルのDVDや録画した映画を観ています。

《小川の辺》《ジュリエットからの手紙》《天然コケッコー》等を観ました。

   

名作「ロメオとジュリエット」のジュリエットの生家にはたくさんの手紙が届きます。
そしてそれらの手紙には「ジュリエットの秘書」と称する女性たちが返事を書いているのです。
この物語も、そのジュリエットの家にあった50年前の手紙に、返事を書いたことから50年前の恋人捜しをする物語です。

何人もの同姓同名の男性と会いますが、みんな人違いです・・・


ハッピーエンドで終わったからいいものの、実際に50年前の恋人が現れたら困るだろうな・・・
50年後に初恋の人に会う勇気はaozora@にはないななんて思いながら観ていました。
いい映画ですよ?

aozora@の初恋の人は、30数年前に旅立ってしまいましたので、もしも会う勇気があっても会えません??

「マンマミーア」のアマンダ・サイフリッドがかわいい。