FC2ブログ

行きたい場所

両親の面会に行ったら立ち寄りたいと思いながら行けない場所のひとつに「薫陶の郷」がある。
もとは普通の民家でした。aozora@の同級生が住んでいました。

aozora@が小学生の時、故郷は、この「薫陶の郷」のある村と合併しその後、町になりました。町には元の村にあった2つの小学校と中学校があり、中学校は年に1回合同の運動会が行われました。その合同運動会のお陰でたくさんの友人が出来ました。このおうちに住んでいた郷さんともNさんMさんの紹介で知り合いになったのです。

お父さんはaozora@が通っていた小学校の先生をしておられたのですが、aozora@の印象は「色の黒いガラガラ声の先生」でした。
その娘さんはとても色白で、農家の娘のaozora@からみるととても「お嬢さん」でした。

高校を卒業後は交流が途絶えました。aozora@はNさんとは交流があったので、彼女を通じ消息を聞いていましたが、そのNさんも不幸な亡くなり方をし、今は一切情報は入りません。

阪神淡路大震災の時、お姉さん夫婦が神戸で亡くなりその後、御両親もお亡くなりになったと聞いています。
この亡くなったお姉さんは、いつも一緒に行く姉と高校の同級生、そんないきさつがあり2人で機会を狙っているのです。予約のみですのでメインを「薫陶の郷」にして、ひとつ手前のインターで降り、面会をサブにしないといけません。そんなわけで、なかなか元、郷さんのお屋敷に伺えません。

aozora@は友人と淡路に行ったとき近くで宿泊し、その時予約の受付のみと聞き、とても残念な思いをしました。

平成の大合併で、西淡町・三原町・南淡町・緑町の4町が合併し、現在は「南あわじ市」になりました。

ふるさとが平仮名になりこそばゆい    K


   IMG_4481.jpg

  《ムラサキエノコロ?》


失せ物

2週間ぐらいまえから、aozora@のお箸が行方不明になっていた。
夕食後テーブルから流しへ食器を運んだのも、洗ったのもaozora@だが、お箸を洗ったかどうかの記憶がなかった。

お正月におろした食洗機対応のお箸で、気に入っていた。もっとも我が家には食洗機はなく、使っているのは乾燥機のみだけど・・・
下に落ちてないか、流しの角や乾燥機の向こうに落ちてないか、だいぶ丁寧にさがしたのに出てこなかった。取り敢えず割り箸や来客用の塗り箸を使っていた。
諦めて買い物のついでにお箸売り場をみてみるが、これというのがない。

昨日の夕食にサラダを作ったので、100均で買った愛用のトングを引き出しから出した。その時、軽い音がして何かが落ちた。?と見るとあんなに探していたお箸である?äどうもトングの間に挟まっているのに気付かず引き出しにしまっていたようだ。
そんなところに挟まっているなど思いもしなかったので、この引き出しは探してなかった。

一生懸命探している時には大体出てこない探し物・・・



  IMG_3211@.jpg
   《サラソウジュ》
  
  IMG_3212.jpg
   《ギンバイカ》



映画

「星守る犬」を見て来た。
今週は、友人と日にちが合うのが、昨日(月曜日)と水曜日だったので、レディスデイの水曜日を避けて行ってきた。

北海道のある町でワゴン車の中から、死後半年の男性の遺体と死後1ヶ月の犬の遺体が見つかった。市役所の職員が落ちていた2枚のレシートから、この男性と犬の足取りを追う・・・


何度か予告編をみていてストーリーが大体解かっていたので、もうひとつ感動しなかった。
原作を読んだ方が感動するのだろうと思った。
ただ人生の最後をあのような形で迎えたくはないなと思った。
夫婦のありかた、不景気の世の中、考えさせられる部分は多々あった。

19日は「父の日」で子どもたちは父親参観日だったのだろう。振り替え休日とみえ映画館には子どもが大勢いた。この「星守る犬」を観る子どもも多かった。
aozora@の左の席も小学生の子どもだった。

子どもは中盤から鼻をグスグスさせ最後にはしゃくりあげていた。子どもがこんなに感動する作品に涙ひとつ出ないaozora@・・・
当然と言えば当然だが、純真さも繊細さもなくなっている感性に改めて気付いた。


高速道

民主党政権のマニフェストだった、ハイウエイの土日休日上限1000円が今日で終わる。
確かにこの土日休日1000円の効果は各地に大きな経済効果をもたらしたとは思う。

しかし日常的に高速を使って、物流の仕事をしている人たちにとっては、迷惑な話であったに違いない。あんなに混んでは先方に着く時間が読めない。

最終日の今日はどんなに渋滞しているのだろうとハイウエイ情報を見るが、朝から関西は割合スムーズに流れている。ボチボチ帰りが混んできているかな?

この上限1000円に代わって東北の被災地では、被災証明があると高速が無料になる制度が始まる。これにからんで被災証明書が、ヤフーのオークションに出たとのニュースがあった。
5時間後に取り下げられたという。正規の物ではなかったのかも知れないが、とても厭な気分になった。
何でもかんでも現金になればいいと言う物ではないだろう。
大切な心をどこかに置き忘れたのだろうか。
きれい事を言っているのではない。誰もが平等に持つことのできる大切な心ではないのか?

  IMG_3183.jpg
本日のお昼は、先日買ってきた《玉ねぎそうめん》


映画「ゴースト・もういちど・・・」

「ゴーストもういちど抱きしめたい」を観た。
ついこの前上映していたと思うのに、もうDVDが発売されている。
映画館の観客動員数が少ないはずである。

でも青空は映画館の、臨場感ある大きなスクリーンで観るのが好きである。
シルバー料金がありがたい。

この作品を上映しているころ、洋画のゴースト物「君がくれた未来」がありそちらを観た。



今回観たのは久しぶりの松島奈々子、お相手は韓国のソン・スンホン。
韓国ドラマに出ているのだが、ヘアスタイルが違い最後まで同じ俳優とは気付かなかった。

 
 

この映画は、世界的ヒットを記録した「ゴースト ニューヨークの幻」の日本版である。

会社経営者の七海(松島奈々子)はある日、陶芸の勉強をするため日本に留学している青年ジュノと出会い、恋に落ちる。しかし2人の幸せな生活が始まった矢先、七海は事件に巻き込まれ命を落とす。七海の魂は、ゴーストとなってジュノのそばに留まる。
死後、信頼をしていた友人に裏切られたことを知った七海・・・

芦田愛菜ちゃんも、子どものゴーストで出ている。この子の好きな人、嫌いな人、色々あるようだが、やはり芝居はうまいなと思う。

いつまでも子役の出来ぬ子役たち    K                         
 

  IMG_3001.jpg 

  本日のあじさい《ウズ》


間違い・・・?

先日ある医療講演を聞いている時、横に坐っておられた方がaozora@の肘を突いた。
しきりと顎で右横の方を指すのだが、何を指しているのか解からなかった。
講演中でもあり、後でお訊きしようと思っていた。ところがその方は最後の5分ぐらい前に席を立ち帰ってしまった。
終わってから指された右の方をじっくり見たのだが、解からず終いだった。
あれはもしかしてaozora@を誰かと間違えたのだろうか?

夫が先週、自民党の政治家のパーティに出席をした。この方は元衆議院議員で国土交通省のOBである。(灘中、灘高、東大・・・)
会場で80歳代後半のOBから声を掛けられ話をしていると、相手が夫を別のOBと間違えていることに気付いたそうである。
何分相手はお年寄り・・・間違いを正すのが良いのか、それともそのまま話を合わすのがよいのか迷ったが、大した話題になりそうもなくその場をやり過ごしたのだと言う。

恐らくそのOBは誰と話したかはお忘れになっているだろう。

母と話していると、目の前のaozora@を自分の末の妹と間違えられることが何度かある。
その場合、間違いを正さないのが良いのだそうであるが、つい違うと言ってしまうaozora@まだまだ人間が出来ていない?
ただこの場合、娘として母にその間違いに気づいて欲しいと思って否定をする。
もっともっと認知症が進み、否定したことに気づかなくなれば、諦めるつもりである。


  IMG_2887.jpg

  《カシワバアジサイ》