FC2ブログ

本日も映画・・・(*^_^*)

「ブラック・スワン」を観て来た。

この作品の興行成績が大変良いのだそうな。公開13日目で興行収入10億円を突破したと言う。
「英国王のスピーチ」も良かったそうだが、10億を突破したのは30数日だったと、昨日の帰り車でニュースを聞いた。

ただこの映画R15指定になっている。

R15大したことのない映画   K

ニューヨークのバレー団が「白鳥の湖」の上演をすることになった。
その主役に抜擢されたバレリーナ、ニナ。大役を与えられた喜びは大きかった。しかしそのプレッシャーも、大きく彼女を苦しめた。ホワイトスワンと、ブラックスワン、正反対の役を踊らねばならない。清楚なニナは白鳥は完ぺきに踊ることが出来るが、黒鳥の魔性を踊りきれない。厳しい練習と、ライバルとの関係・・・次第に妄想と現実の区別がつかなくなっていく。
この辺りは観ている側にも妄想と現実が解からなかった。

いよいよ公演が始まった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あちこちのブログで結末まで書いてあるので、ここまで
結末の解釈は見る人によって色々な解釈が出来ると思う。


        
  


映画「キャタピラー」

映画「キャタピラー」(若松浩二監督)は去年の作品である。
主演の寺島しのぶが「ベルリン国際映画祭」で最優秀女優賞を受賞した。

この映画、上映中に観てみたいと思っていたが、内容のせいか私の御用達のシネマでの上映がなかった。

出征したシゲ子の夫黒川久蔵が、両手足を失い多くの勲章を胸に戦場から戻る。
軍神様と崇められる夫と軍神の妻・・・「軍神様って何なのよ!」と叫ぶシゲ子。
この映画には賛否両論があるのも頷ける。



戦争を知らない世代のaozora@には、重い内容の作品である。そして軽々しく感想もあらすじも書きづらい反戦映画である。
タイトルの「キャタピラー」が芋虫の意味だと知らなかった・・・?


    

この映画を観て有名な↓の句を思い出した。

手と足をもいだ丸太にしてかへし  鶴 彬 


挿入歌、元ちとせの「死んだ女の子は」が物悲しい。

   

上映後、まだ電気が点かぬうちに席を立つ人が多いが、、エンディングのこの曲は、一度立ち上がった人が座り直し、聴きいりそうな挿入歌である。