FC2ブログ

Fax電話

今時は固定電話を引いていない家庭も多いようだが、Faxを使うにはやはり固定電話が必要になる。
親機の故障はないが問題は子機、便利なので主として子機を使う。っでこれがよく故障する。Faxの買い換えの原因は子機の故障である。今回も何度も落とした子機のボタンが利かなくなった。子機を追加で買えば1万円ほど、新しい本体と子機1台も1万円ほど。そろそろ買い換えようと思っていた。雀の涙ほどのボーナスが出たら買い換えようと思っていた。

今朝Faxを受信中にインクフィルムがなくなった。予備の準備がない・・・
この機種のインクフィルムは1000円ほど・・・
ポイントが3000円ぐらい貯まっている、この前から目を付けているFaxは9800円・・・
プリンタのインクも欲しいし、やっぱり新しいのを買おうとY電気へ行き、目を付けていたのを買った。

早速付け替えて電話帳を登録しようとすると親機のボタンに「アイウエオ」がついてない?
何度か登録を試みるが出来ない。ここで初めて取り説を見た?
ボタンに「アイウエオ」の表示がないはずである親機で電話帳の登録が出来ないのだ。

そんなぁ・・・子機は約10時間、充電せねば使えない。
っということで今日中の登録はあきらめた。こんな時に限って電話がよくかかる。
当然といえば当然、拒否の設定も何も出来ていないのだから?

IMG_2863.jpg

IMG_2864.jpg





面会

3人で両親の面会に行って来た。
母の衣類を持っていくため、実に4年ぶりに実家に立ち寄った。
兄嫁も体調が悪く、4年前役所の人やホームの人、ケアマネージャーの前で「年寄りとはもう一緒に暮らせない」と言ったあのときのパワーはどこかに行ってしまっていた。
我々が実家に行った時、兄はいなかった。お昼時に帰ってきたので一応「こんにちは」「おじゃましてます」等の挨拶をしたが無視・・・?ä?
いいよいいよ、こっちだって話しはしたくない。
ただ本来自分たちがすることを、わざわざ遠方から助けに行ったのだ。ねぎらい言葉ぐらいはあってもいいだろうと思う。

いやぁーしかし家の中は、見事に散らかり放題だった。
兄嫁は脊椎狭窄症の手術をし、杖をもってそろりそろり歩いている。車の運転も出来ないし、田圃にも行けない。
あまり仕事をしない兄が一人では、百姓仕事もまともに出来ていないだろう。
両親が、歳を取って田圃に行けなくなった頃から、辛く当たるようになったが、それでも80歳ぐらいまでは農作業をしていた。兄嫁は現在66歳だと思う。身体が不自由になったのは仕方がないが、両親に取って来た態度を、多少は反省したのだろうか?

3年半ぐらい前に父がホームを退所し、持って帰った荷物をそのままにしてあった。
両親が家を出た時のまま、衣類がハンガーにかかっていた。

取り敢えず母の衣類をより分けていると、まだ袋に入ったままの父のパジャマ等も出てくる。
名前を書いて父の荷物に入れる。
当座の荷物を積んで、父のところ母のところと回る。

父は先日肺炎を起こし、ケアハウスからまた病院に移った。
今日はきっと点滴をしてベッドにいるだろうと思ったが、エレベーターを降りてみると車いすの父が見えて、びっくりした。
3人揃って行くと大層喜んだ。

母のところへ行くと部屋にいない。衣類を運び込んでから、リハ室へ見に行くがここにもいない。
また病棟へ戻り看護師さんに聞くと料理教室に行っていますとのことで、言われたところへ行ってみると、いい匂いがしている。
老人とスタッフの人数が同じぐらいいる。ホットプレートでホットケーキを焼いていた。
こんなこともしていただけるのかと感心する。

老人施設に面会にくる人は少ない、スタッフに私たちを指して娘だと言っているらしい。
年をとってしまった娘でも、3人一緒に面会にくると嬉しいらしい。
そして面会者の少ない人のなかで面会者があることは、どうもちょっと誇らしそうである。

「○さんは娘さんが3人もいていいね、面会にもよくきてくれてうらやましい」と入所者の方にも、よく言われるのだと言う


 IMG_2850@.jpg



 

  


本日も映画・・・(*^_^*)

「ブラック・スワン」を観て来た。

この作品の興行成績が大変良いのだそうな。公開13日目で興行収入10億円を突破したと言う。
「英国王のスピーチ」も良かったそうだが、10億を突破したのは30数日だったと、昨日の帰り車でニュースを聞いた。

ただこの映画R15指定になっている。

R15大したことのない映画   K

ニューヨークのバレー団が「白鳥の湖」の上演をすることになった。
その主役に抜擢されたバレリーナ、ニナ。大役を与えられた喜びは大きかった。しかしそのプレッシャーも、大きく彼女を苦しめた。ホワイトスワンと、ブラックスワン、正反対の役を踊らねばならない。清楚なニナは白鳥は完ぺきに踊ることが出来るが、黒鳥の魔性を踊りきれない。厳しい練習と、ライバルとの関係・・・次第に妄想と現実の区別がつかなくなっていく。
この辺りは観ている側にも妄想と現実が解からなかった。

いよいよ公演が始まった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あちこちのブログで結末まで書いてあるので、ここまで
結末の解釈は見る人によって色々な解釈が出来ると思う。


        
  


映画「キャタピラー」

映画「キャタピラー」(若松浩二監督)は去年の作品である。
主演の寺島しのぶが「ベルリン国際映画祭」で最優秀女優賞を受賞した。

この映画、上映中に観てみたいと思っていたが、内容のせいか私の御用達のシネマでの上映がなかった。

出征したシゲ子の夫黒川久蔵が、両手足を失い多くの勲章を胸に戦場から戻る。
軍神様と崇められる夫と軍神の妻・・・「軍神様って何なのよ!」と叫ぶシゲ子。
この映画には賛否両論があるのも頷ける。



戦争を知らない世代のaozora@には、重い内容の作品である。そして軽々しく感想もあらすじも書きづらい反戦映画である。
タイトルの「キャタピラー」が芋虫の意味だと知らなかった・・・?


    

この映画を観て有名な↓の句を思い出した。

手と足をもいだ丸太にしてかへし  鶴 彬 


挿入歌、元ちとせの「死んだ女の子は」が物悲しい。

   

上映後、まだ電気が点かぬうちに席を立つ人が多いが、、エンディングのこの曲は、一度立ち上がった人が座り直し、聴きいりそうな挿入歌である。



お気に入り

meronさんのリクエスト?にお応えして・・・
焼きかりんとう、前にも一度書いたが、お気に入りの一品である。

  IMG_3189@.jpg

埼玉の娘がお土産に持ってきたのが、初めてだった「焼きかりんとう」以来はまっている。
油であげていないかりんとう、感覚的にとてもヘルシーな感じがする????
一時、淡路SAの上り線の売店にあり、喜んだのもつかの間だった。
今年に入って一度友人の分と合わせて取り寄せた。10個買えば送料無料なので10個買った。2月に埼玉へった時はもちろん買ってきた。4月に夫が東京へ出張した時も買ってきた。
軽いものだがかさばる。
っで今回4個でも送料無料のe?が来た・・・買いましたとも?
先週の土曜日、川柳に出かける前にタイミングよく届いた。
ランチの後のおやつに1袋バッグに入れて出かけた。

講座の後いつもの場所で、ランチ&?そこで遠慮もなしに開けました。このお店美味しいコーヒーはあるが、軽くお茶菓子になるような物をおいていない。長年のお付き合いでお茶菓子を持ち込んでいる。
前にも一度持って行ったことがあるが、物珍しさもあり、結構評判がいい。
黒糖のかりんとうは他にもあるが、油であげていない「焼きかりんとう」さくさくした食感が癖になる。


ニライカナイからの手紙

ちょっと古い映画、沖縄県竹富島の自然が美しい「ニライカナイからの手紙」主演は蒼井優。祖父役は沖縄の劇団の方だというが、のんびり優しい口調がいい。

主人公、風希の父は愛用のカメラを残し他界し、母は東京へ行った。
島で郵便局長の祖父と暮らす風希の誕生日には、毎年母から手紙が来る。
7歳、10歳、14歳、18歳、誕生日に届く手紙で繋がっている。
母に会いたい風希・・・

高校を卒業して写真の勉強のため上京する。
19歳の誕生日の手紙には「20歳の誕生日に井の頭公園で会いたい」と書いてある。
一年後の再会が待ち遠しい風希・・・


一年後おしゃれして向かった先に待っていたのは・・・




蒼井優は、フラガール・百万円と苦虫女・おとうと・雷桜、などどの作品も上手いと思う。


この映画を観て嫌な記憶が蘇った。
次女が結婚を約束していた彼は、娘の25歳の誕生日にスキルス性胃癌で逝った。
(キャスターでありタレントの逸見政孝さんが亡くなったのもこの胃がんである。)

その年のクリスマスに、亡くなった彼からPCにクリスマスカードが贈られてきたのだった。
そして26歳の誕生日もメッセージカード、またクリスマスカード・・・
26歳で死を覚悟した彼の悔しさ淋しさ、そして娘への思いやりだったのかも知れないが、こんなことをされては立ち直れないと腹がたった?ä?

幸いにも何とか立ち直り、今の婿さんと知り合い結婚し幸せに暮らしている。




花粉症&amp&#59;歯の治療

四月末花粉症から生き返る    K

のはずの花粉症なのだが、どうも今朝からくしゃみ鼻水がでる。
市の花粉情報をみても花粉指数は「少ないでしょう」になっている。そのなかでも松の指数が他に比べて高い。犯人はきっと松だろう。

今年は早くから飛散量が多いと警告をしていたので、早めの対策を取っていたので例年に比べると、とても楽にシーズンをやり過ごし安心していた。ここにきて落とし穴があった。

また歯医者に行き始めた。
6カ月検診には真面目に行っている。
今回は2月まで行って完了した歯の治療だが、医者も気になるところがあり、3カ月で検診に行った。
この歯科医院は大層立派な設備を備えている・・・と思う。そう思う。ただ最近他の歯科医院に行かないので、よそ様は解からない
別室で撮るレントゲンもそうだが↓な紙をいただく。


   IMG_2822@.jpg

歯抜けです?
左上の奥歯は欠損だが、あとはブリッジにしている。
右下奥が問題の多い歯で、前回の治療中からずっと歯茎が腫れて困っている。これはこの部分の歯周ポケットが深いため、ばい菌が入りやすいからだそうである。
人工股関節を入れているので、菌が股関節に回ってしまうと厄介なことになる。
今の状態をなんとかクリアしたい。抜歯以外に何とか出来ないものかと思っている。

歯科医院のポスターに8020運動と言うのがあるが、80歳で20本の自分の歯を維持する・・・親知らずが生えていないので、永久歯は少ない、欠損があるので、17年後に20本は望むべくもない??
この画像の情報は、いつの間に出来ているのか解からない・・・まだ診察台にいる時に手渡されるので、歯科衛生士さんが歯茎を押さえ歯周ポケットを測る時しか考えられない。

スキャナーで読み取ったPDFファイルをブログに貼れないのだろうか?





PC

これからPCを始めたいという友人がいる。10歳ぐらい年上のお方である。
ご主人を亡くされ一人暮らしの彼女にPCを勧めたのは私。
一度もPCに触れたことのない彼女に、取り敢えずPCに触れてみてそれからにしようとメールをした。
何事もやってみようと思い立ったその好機を逃してはならないと思う。
思い立ったが吉日である。


PCを始めたのは、次女が結婚しアメリカで2年間生活をすることになったからである。
アメリカは今の日本のように電話の申し込みをしてもすぐにはつかない。手紙では時間がかかり過ぎる。そこで連絡の手段はメールということになった。
それまではPC嫌いだった。

最初に我が家にPCがはいったのは東芝98ノートだった。これが相性が悪かったので、今まで使っていたワープロがあればいいと思い、ずっとワープロを使っていた。
最後に買ったワープロは性能もよくお気に入りだった。

その内ネットを覚え、ワープロに見向きもしなくなるほど、PCの前にいる時間が長くなった。

娘がアメリカに行きメールが行きかった。電話が付くまで、婿さんがPCをもって職場と自宅を行ったり来たりした。娘が家で打ったメールをあくる日、職場から送信する、そんな日が2カ月続いた。

今PCのない生活は考えられない、入院中も動けるようになると病院のPC室へ通った。

今からPCを始めようと言う友人にはPCが好きになって欲しい、PCって便利だなと思えるようになってほしい。及ばずながら出来る限りのサポートをしたいと思っている。

   IMG_2786.jpg

   《バラ》

   IMG_2776.jpg

   《エゴノキ》


定期健診

今日の午前中はいつもの川柳の講座、2時間の講座が終わると、ほとんどのメンバーは一緒にランチをする。
最近行くのは決まって「○苑」ここは喫茶がメインだが、お昼時にはお弁当が600円でいただける。すっかり顔馴染になりちょっとした無理も聞いていただける。体調が良くないメンバーがあればメニューにないものもOKである。あとで?をのんでも900円。
食べて喋って楽しく過ごす。
講座より楽しいのは私だけではないらしい?


昨日は整形外科の半年に1回の定期健診を受けて来た。
右脚を人工関節にして14年目、左脚が4年目になる。左脚を手術後は6カ月ごとの定期検診だったが、今回の受診で以後は一年ごとでよいと言われた。一年後の予約は出来ないので、忘れないように来年の2月か3月にはで5月の予約をせねばならない。

右脚が悪かった時、無理をした左脚の膝が時々痛むので、前回の受信時に、股関節のレントゲンと膝のレントゲンも予約していた。

後からOpeをした左脚の人工関節は、一般的に40年ぐらいもつと言われているが、問題は右脚である。
Opeの直後にトラぶった左脚に比べると、この13年間一度の不具合もなく調子がよかった。
良すぎたかもしれない。
診察の結果少しずつ摩耗はしているだろうが、痛みがないので良しとするOK
膝もすぐにどうこうということはなさそうである。膝の体操を真面目にせねば・・・

この病院は何年か前から電子カルテを採用している。昨年からはレントゲン写真も撮影後、医師のPCに画像を送信するので大きな袋に入ったフイルムを持って移動する必要がなくなった。

↓お目汚し申し訳ありません?  

  IMG_2783@.jpg


ブログの画像・・・

ブログを拝見していると素敵な画像に出会う。
「一眼レフのいいカメラなんだろうなあ・・・」とか「プロのカメラマンかな?」と思うような、ほれぼれする画像にお目にかかることができる。
そうかと思えば、ここまでぼけた画像を載せる意味があるのかなあ?と思うような画像も時々ある。
私の画像もピントが合っていないのが多い。
今持っているコンデジはマクロが綺麗に撮れない。
イエイエ今時のデジカメなので、きっと撮れるようにできているのだと思う。
うまく扱えてないのだと思う。

人によってブログの捉え方は多少違うかもしれないが、「人様に見ていただくための日記」と捉えている。
だからあまり見苦しい画像は載せないようにと心がけている。
画像のサイズが大きいと、ピンボケが一層目立つので小さ目でUPしている


↓芝生の中で見つけた雑草たち?  

 2010_0528_124144-IMG_8823.jpg
《ニワゼキショウ》

 
 2010_0528_124517-IMG_8834.jpg
《シロツメグサ》


 2010_0528_124811-IMG_8838.jpg
《カタバミ・ムラサキカタバミ》

 
 IMG_6688.JPG
コオニタビラコ》  《オニタビラコ》 
 2010_0609_170351-IMG_8953.jpg
《ハルジオン》


IMG_6702.jpg
《イヌコモチナデシコ》


以上ピンボケ写真でした


映画

前回観た「阪急電車」に出て来た、武庫川河川敷の「生」の字が先週の雨で、縦棒だけ残し流れてしまったと聞いた。
前回も増水で流れたが、今回映画の撮影のため復活していた。

    20101208141022b.jpg

  流れた画像はありません<(_ _)>

   
     :*:*:**:*::*:*:**:*:


昨日、満を持して・・・大袈裟Ф「岳-ガク-」を観て来た。

「小栗旬」扮する島崎三歩は、北アルプスの山岳救助ボランティアをしている。世界中の山々を登ってきた男、山に住み山を守り山を愛する男である。
「佐々木蔵之介」率いる山岳救助隊の新人女性隊員に「長澤まさみ」、山小屋のおばさん「市毛良枝」等々・・・

美しいが厳しい自然との闘いの救助活動・・・


山で捨ててはいけないもの、それはゴミと・・・命。命は命でしか救えない。
その命のために必死の救出活動を続ける山岳救助隊員たち。


    

「また山へおいでよ」と爽やかな小栗旬。
aozora@の偏ったイメージでは、山男はこんな爽やかなイケメンじゃないほうがいい。

もっと男っぽい方がいいかなと・・・興行成績をあげるにはしかたないかなぁ


あれ?

17日の火曜日に、姉妹3人で両親の面会に行ってきた。
母がリハビリ棟から老健に移ると聞いており、それまで籍のあった特養から、荷物を実家へ引きあげたと聞いていた。
実家との関係の悪い中できちんとしたことを、訊くことも出来ない娘3人。病院へ到着したもののどこに母がいるのか解からない。
取り敢えず今までいたリハビリ棟で訊こうと上に上がった。
EVを降りナースセンタへ行くまでに母がいた部屋の前を通ると・・・?
部屋には母の名札が掛っている、中をのぞくとそこには、ビックリしている3人の娘の顔をみて、喜んでいる母がいた??
母にきいても老健に移動することは知らない。これは聞いていても忘れている可能性が高い。

看護師さんに聞いても「?そうですか?そういう話になっていますか?」と要領を得ない。「係りの者に確認します」
しばらくしてケアマネジャーさんが見え話をうかがった。
それによるとリハビリ棟にいられる期限は6月8日までの90日、その後、退院となり老健に入る。が今はいっぱいなので先日まで籍のあった特養にショートスティとして入る。その後、空きがでたら老健に入所予定であると説明を受けた。

本来ならこういう手続きは家族がするものである。。ところが両親の場合、4年前、息子家族から見捨てられた、特別のケースである。そこでこうしてちゃんと面倒をみていただける。ありがたいことである。
3人の姉妹は4年前、兄から何の効力もないしょうもない「今後一切両親のこと、実家のことに口出しを致しません云々・・・」の誓約書を書くよう求められた。
散々両親を邪魔者扱いをし虐待をしたのに、これを書かねばホーム入所を認めないと言ったアホ兄。
腹がたったが、60日あまり我が家にいた母から、今まで話さなかった数々の酷い仕打ちを聞いた以上、実家に両親をおいてはおけずこの誓約書を書いた。

お陰で両親にとっては、安心して毎日を過ごす場所が出来たのだった。
また我々3人にとっても、何時でもこちらの都合で何度でも好きに、会いに行けるようになった。
両親も気兼ねなく娘と話が出来ると喜んだ。
今までなら、年にせいぜい2回しか会いには行けなかったが、この4年間は月に2回は会いに行くようになった。
老い先短い両親のことを思えば、出来るだけ会いにいこうと心がけている。とは言う物のちょびっとしんどい・・・

   IMG_2742.jpg


う~~ん

川柳をはじめてもう15年になる。

楽しくて楽しくてしかたなかったのは4年ぐらいだろうか?
今も決して嫌いではないし、教室の仲間と会うのもランチに行くのも楽しい。
しかし純粋に川柳に没頭していたころのように句が出来ない。
向上心の問題であろう。

四人部屋四つのテレビみる四人       K

新品にする私の股関節           K

Opeが何だ脚が無くなるわけじゃない    K
 
明日手術逃げ帰るなら今のうち       K

傷口にてんこ盛りしてあるガーゼ      K

↑の4句は2000年に出した句集に載せた。こんな勢いのある句が詠めた。

 ”障害者の仲間入りして五十歳”の句もある。


十年後の昨年出した句集には↓の句を載せた。


ホームにいる母に黙って手術する      K

生きている限り私は身障者         K

私の脚切るために貯血する         K

勢いのない句である。今のaozora@に詠めるのはこの程度。
十五年も川柳を勉強しているのに、この程度しか詠めない。

PCに向かっているだけの時間を、川柳に費やすれば感覚を取り戻せるだろうと思う。


でもでもしかし・・・?

出かける予定もなく、この先川柳とどう向き合って行くべきか少し悩んでいるGWの初日である。

     IMG_2458@@@.jpg

         《シャガ》


兄妹

夫は6人兄弟である。

前に書いたかも知れないが探すのは面倒なのでもう一度義姉のことをかいてみよう。

長女(故人)、長男、次男(故人)の3人の母親は、若い時病気で亡くなった。
後添いに入ったのが、亡くなった方の妹でaozora@の姑である。三男、四男(夫)、次女、の3人を産んだ。舅とはちょっと歳が離れていた。

長女と二男は透析の治療を受けていたが、4年前相次いで亡くなった。
そして今長男も、同じ病気同じ病院で入院治療を受けている。
あまりいい気はしないだろう・・・

日本画を描き華道草月流の師範だった義姉は、東京暮らしが長かったこともあり、とてもおしゃれな人だった。田舎に住んでも変わらずおしゃれだった。

淡路島出身の画家不動立山氏が、戦争中淡路へ疎開していた縁で絵を習った。その後、同じ兵庫県出身の画家三谷十糸子氏の内弟子として東京へ行った。
長年東京で暮らしていたが、50代の終わりに縁あって淡路島のT家の後添いとなった。

Tさんにはよくしていただいたようだが、Tさんが亡くなった後、色々あったのだろう。
嫁いだ先に息子さんと娘さんがあるが、姉の葬儀を実家の長男が出したこと、実家の両親と同じところにお墓があるのを考えると何となく解かる。
それと2男の娘の婿さんが交通事故で亡くなり、30歳を超えて間もなく未亡人になった姪のことを心配し、2男の嫁さんに「絶対後添いにはやらないように・・・」と言っていたことからもうかがえる。

  IMG_2699.JPG

       淡路人形芝居《正月のでこまわし》
姉の遺作、公民館活動のなかで描いたものだと聞いている。

姉が亡くなって以来、その家は空き家になっている。
aozora@は父のいるケアハウスの行き帰りに前を通る。今も「草月流師範」の看板が掛ったままになっている。


お香

午後からの川柳勉強会「○久の会」の帰りイトーヨーカドーに寄った。

「ひょうごじばさん広場」を開催していた。三木の金物、加古川の靴下、西宮の和ろうそく、神戸の米ぬか化粧品、淡路のお線香・お香のお店が出ていた。

この催しがあると何時も出店している梅薫堂さんで、お香を買った。今日は「竹炭爽力 レモングラス」を買った。帰って焚いてみるとなかなか爽やかないい匂いである。
お香からあがる一筋の煙を見ていると癒される、お香の楽しみを覚えたのは5~6年前からである。
そのころ長女のうつ病、離婚、孫の発達障害と心配事が続いた。
そしてaozora@のまさかの不眠症と、しんどい時期であった。
そんなときにお香に出会った。外から帰り玄関を開けると、お香の匂いが立ちこめているぐらいお香を?いていた。癒しをお香に求めていた。

今は薬なしでも眠れるようになったが、やはりお香に癒されている。

そんなこともあり、去年友人とお香作りの体験してきたのは薫寿堂さん。
淡路島は国内のお線香、お香の生産量の七割を占める産地である。

お酒を造る責任者が杜氏ならば、お線香の調合から仕上げまでの責任を持つ人を、お香のマイスター「香司」というのだそうな。


香?いて自問自答の夜が更ける     K

  IMG_2717.jpg


  IMG_2720.JPG




おすすめ(*^_^*)

小さなこどもから大人まで人気のある味付けのり。
この海苔がお薦めです。
しっかりした味付けで海苔の厚みが他社と比較にならないのです。

そして何より、淡路島の直売所で買うので安いのです、
昨日も友人に頼まれて10個買って来ました。一緒に行った姉達も買いました。
近くのスーパーにも売っていますが、200円以上高い。
淡路鳴門自動車道のパ-キングにもありますが、ここも高い。
直売所は400円で買える。

楽天ではいろいろな価格で出ていますが、最高値はなんと?ä800円・・・
そりゃあね、利益を産まなければ商売にはならないけど・・・

400円で買えることを知っていると、ネットでは買えない。

  
   IMG_2749.jpg


上の2個は味付けわかめ、おにぎりによし、ふりかけによし、ラーメンやうどんにも大変便利。

大江のりさんのまわしものではありません、そんなことをしなくともよく売れているそうです。
    


映画 阪急電車

昨日は2人の姉と両親の面会の予定であったが、悪天候との天気予報のためキャンセルになった。

それで友人と「阪急電車」をようやく観て来た。

2スクリーン(1つは字幕)で上映している。前評判も良く、aozora@もここに来るまでは阪急電車今津線沿線に住んでいたので公開を楽しみにしていた。

最近ほとんど乗ることのない阪急電車今津線ではあるが、この15分のローカル線を、どのようなドラマに仕立ててあるのか原作を知らないので、とても興味深い。

この映画の撮影前に、新聞にエキストラの募集が載っており応募しようと思った。車持ち込みの募集もあった。撮影時期が年末で、ちょっと他に予定があり応募を断念したのだった。

前日ネット予約をしようと思ったが、430席余りの席の30席ほどしか売れていなかったので予約は止めた。
ほとんど当日券での鑑賞のようで行ってみると満席だった。久しぶりの満席の映画館を見た・・・ż

見たことのある沿線の風景や駅が映し出されると、あちこちから「甲東園」「門戸」「小林」などと聞こえてくる。

っでこの映画でちょっと気になったこと・・・
車内でおばちゃんグループが大声で喋ったり笑ったり、極めつけは後から来るメンバーのためにバッグを放り投げて座席を取る。またキレる大学生が車内で彼女に暴力をふるうシーンもあった。
いくら関西でも阪急電車では見たことのない光景である。
もちろん映画を面白く、関西(大阪)らしくみせるにはオーバーアクションも必要だとは思う・・・でも・・・?ä
関西以外の人が観たら「やっぱり大阪のおばちゃんは・・・」と誤解されそう。

地元西宮出身、芦田愛菜ちゃんの言葉はやはり自然な感じで、耳に入って来る。この作品もなかなかの名子役振りを発揮している。

宝塚から西宮北口までの片道15分の阪急今津線、毎日色々なドラマがあるのだろう。

映画では西宮北口、宝塚間の8駅をとりあげてある。しかし西宮北口から南へ、阪神国道、今津の2駅もあるが、今は西宮北口で寸断されている。

今津まで行くと阪神電車に乗り継ぐことが出来、梅田行きに乗ると阪神甲子園球場に行ける。




   


久々の腰痛・・・(ToT)

今日は起きた時から腰が痛かった。元々第三腰椎分離症と言われているがこの10年ほどはほとんど忘れていた。
夫に湿布を貼って貰い何とか洗濯を済ませた。

昨夜ネット散歩をしていて、市内で「ナンジャモンジャの木」に花が咲いたことを在る方のブログで知った。一度見たいと思っていた「ナンジャモンジャの木」がわりあい近くにあった。是非とも今日観に行きたい。

昼食後、デジカメを持って夫も一緒にで10分程の場所へ向かった。
市内の国道2号線を東へ向いて走っているとあった?
森永乳業近畿工場の敷地内に大きな木が見えた。真っ白な雪が積もっているようでキレイ????
aozora@たちが見ている間に何人もの人が観に来た。

    IMG_2678.jpg

    IMG_2674.jpg

ここまではヨカッタ・・・

夫がここから歩いて帰ると言う。距離的には散歩に丁度良い距離だろう。しかしaozora@は今日は腰痛なのだ。湿布を貼ったからわかっているだろうに・・・
今日ぐらい買い物に付き合っても罰は当たらんと思うよ?
aozora@が飲まないアルコールを買いに行くのは付き合ってるのに?ä?

買い物から帰ってベッドへ直行したaozora@だった。
夕食の準備のため、6時半にのそのそ起き出したが、立ち上がると痛い??

ベランダには洗濯ものがある?お風呂もそのまんま?
脚の悪いaozora@はしゃがむのが苦手、術後の退院時、看護師さんから生活の注意事項等の話を一緒に聞いてもらったのに、この3年間何回お風呂の掃除をしてくれただろう。
そりゃあね、67歳の夫は少ないお給料ながらもまだ現役、毎日して欲しいとは言えない。
でも休日に買い物に付き合わないならしてくれてもいいと思う。

お風呂の掃除をしてからベランダを見るとまだ風に揺れている洗濯もの・・・?諦めて取りこもうした時、「入れたるわ」と夫。
ここで「お願い」も「ありがとう」も言えないaozora@
?「洗濯ものを入れるのは腰が痛くても出来るけど、お風呂掃除はしんどい・・・」と言ってしまった・・・あ~ああ

   IMG_2602.jpg

    《コテマリ》


母のこと

2月に骨折をして間もなく3カ月になる。
入所している特養は3カ月間留守にすると退所せねばならない。
安い費用で入所の出来る有難い施設である、入所希望者は多い。
最低でも老人車をおして、自分で歩くことが出来なければ入所は叶わない。
母はまだこの最低ラインに達していないので、ホームにはもう戻れない。
先週入院している病院の、老健施設に移った。

今後リハビリが巧くいき、歩けるようになればまた入所の申請を
受け付けてもらえる。しかし恐らくもう無理だろうと思う。
また父とは別の場所での生活になる。

で行く私は別々の場所でも構わないが、バスで行く
姉達には不便である。
今回移ったところはどのような感じなのかは見ていないので解からないが、
普通に話が出来る人たちがいるところならいいのに。
でないと認知症が加速を増して行く。

明日2人の姉と面会に行く。
ホームに入所中はホームに籍があったが、退所すれば、4年前に追い出された
実家に籍が戻る。
4年ぶりに実家に籍だけ戻る、母は理解できるだろうが、どんな気持ちだろう。
  

 


ポイントカード

今日から平常通り、夫は出勤して行った、そして今晩の夕食は要らない? 
まあ平常通りとは言うものの明日明後日はまた休み・・・
かまってあげないからいいのだけど・・・

明後日は「母の日」だと言うと、映画「阪急電車」を観に行こうか?と言った。
残念ながらこの映画は友達と行く約束をしている。
それにaozora@は夫の母じゃないし・・・ä?

「岳‐がく‐」が明日から始まる、これなら付き合ってもいいのだけど・・・



スーパーへ行く時マイバッグを持って行っている。よく行くスーパーLでは、
お買いもの100円で1点のポイントが付きマイバッグで2点のエコポイントが
付く。500ポイントたまれば500円の商品券が発行される。
エコポイントはともかく、きちんとその都度整理していかないと、レジ袋がいっぱい溜まってかさばってしまう。それが嫌でマイバッグを持って行くようになった。

昨日、今年初めて夫婦で大好物の西瓜を買った。aozora@が何も言わないが、西瓜を小さなレジ袋に入れてくれた。これはいつものこと。
そしてマイバッグを出していたが、レジ袋を2枚出そうと掴んでいるレジ係りに、袋は不要と言った。何気なくレシートを見るとエコポイントが付いてない?と思い訊いてみた。すると「西瓜を入れました・・・」と言う
何か変な感じがするのはaozora@だけだろうか?

aozora@は買い物のためにだけ外出をすることはまずない。
出かけたついでにスーパーに立ち寄り買い物を済ませるので、エコバッグを
2枚も3枚も持っては行かない。スイカやアイスクリームは別に入れたい。
こちらから別にレジ袋が欲しいと言ったなら、エコポイントは付かなくて当然だと思う。

っで昨日の場合、エコポイントは付くと思う。同じようなことは今までにも何度もあった。
この辺りの基準は、きちんとした取り決めはないそうで、レジ係の判断に任せているそうである。



    シラン.jpg

             《シラン》


GW最終日

取り立てて予定のないGWも今日で最後、遠出してお疲れのお方も多いのだろう。
去年は6年生の孫を預かっていたが、今年は夫婦2人だけの普段の休日と変わらない日を過ごした。

発達障害を持つこの長女の息子も、今年から中学生になった。
小学生の時、不登校になったこの子のことはいつも気になっている。
一昨日プールの帰りに渡すものがあり長女のところに行った。
話を聞いていると、今のところ楽しんで学校へ行っているというので
一安心をした。お友達も出来た。

全国的に中学も給食があると思っていたがお弁当持参だと言う。

ドラムをたたきたいといっていたので、娘は吹奏楽クラブの入部を勧めていたと言うが、新しく出来た友達とパソコンクラブに入ったのだと言う。
まあ何でもいい学校で楽しめる物があればいいだろう。

少し声が低くなっているような感じがする。

去年の夏休みごろから我が家へはあまり来なくなった。
不登校になった子にジイチャンバアチャンはどうしても説教をしてしまう、それがやはり鬱陶しいらしい。離婚を選んだ娘が一人で問題のある子を育てているので、父親の代弁者のつもりで説教をしてしまうのである。それが気に入らないのだ。恐らく時々会う父親は説教はしないだろう・・・

連休明けもイヤイヤ・・・中学の3年間ちゃんと登校できるよう願っている。

    IMG.jpg

 こんなかわいい頃もあった? 2000年5月5日(2歳11カ月)


3連休

ジイさんは神戸へ仕事に、バアさんは特に予定もなく・・・?

休日にしては早く起きてしまい、朝から?の前に陣取っている。

原稿仕上げなきゃ・・・写真の整理もしたい、衣類の入れ替えも出来てない・・・etc

今日は遠出をする気もないが、JARTICの道路情報を見てみる。?ä
ホッ!!これはスゴイ。9時40分現在の阪神高速3号神戸線西行き、西宮インターから京橋まで所要時間1時間50分・・・
普段なら1時間50分あれば淡路を通り越して徳島まで行ける神戸線の渋滞はやはり名谷ジャンクションまで続いている。

田舎の仏事は土日にすることが多い。1,000円の日を設定してから夫の実家等でもあった。お寺さんのみえる時間に間に合うかどうかイライラしながら走ったことも何度かあった。
懐には優しいが身体には厳しい1000円の日である。

今日は久しぶりに、のんびりプールに行って来よう。

プールは多分空いていると思う。

       IMG_2543.jpg

     近くのコンビニの《藤》

     IMG_2564.jpg

     公園の《藤》  藤棚の下にはホームレスさんが・・・



これはな~に?

  R0011826.JPG

バカでかいパイナップルのようにも見えるが、そうでないことはアホな私にも解る。
ソテツ?
公団の団地を建て替えたが、これは移植をせず前と同じ場所にあるのだと思う。
かなりの年数が経っているようだ。


   R0011817.JPG

 《イチハツ》これは実家にもあった・・・。
 《ニオイイリス》


和花

IMG_23662.jpg 春の公園や庭、あるいは

ベランダには色々な

花があふれている。


カラフルな洋花は気持ちが

パァ~と明るくなるような

気がする。



そして昔ながらの和花は

気持ちを落ち着かせて

くれるように思う。

それは癒しとはまた

異なる・・・

そんな気がする。

     

    IMG_2437.jpg

  父のいるケアホームの近くに蓮華畑が道路の両側にあり、
 
  懐かしい思い出に一時浸った。


GW中日

今日夫は、いそいそ?と出勤をした。
3月4月は忙しい。4月の〆が出来ていないとのことで、明日からの3連休の内一日は出勤するそうである。どうぞお気遣いなく・・・
来年の今頃は毎日が日曜日になっているだろう。

自民党政権時代は後輩に道を譲るため早期退職制度があった。夫は57歳で退職をした。
年金を全額受給出来るまでの間の繋ぎの再就職をし、今は2つ目の職場である。いつの間にか予定の年月を越えた。ここのお給料は非常に少ない故に後に誰も来ない。誰も来ないので辞められず、のびのびになっている。
詳しくは知らないが、これは民主党政権になり、60歳定年まで全員勤めることが出来るようになったことの影響が大きい。

間もなく67歳、元気な夫もやはり段々しんどくなっているようだ。

元気で続けられるなら、70歳80歳でも勤めてくれるとaozora@は気楽でいいのだが、来年4月で退職の意思がハッキリしている。

       IMG_2512@.jpg

  《ライラック》いい匂いをさせて、今年はたくさん咲いている。

      IMG_2513.jpg