FC2ブログ

映画 THE QUEEN

明日4月29日はイギリスのウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのロイヤルウエディングが執り行われる。

NHKのBSでは17時30分から生中継がある。

結婚式を意識してか昨夜映画「THE QUEEN」が放送された。
気付いた時は既に始まっており途中から録画し、朝から観た。

先日みた映画「英国王のスピーチ」は国王自身(エリザベス女王の父)の吃音がテーマであったが、この「THE QUEEN」は故ダイアナ元皇太子妃の事故死に、世論と英国王室のしきたりの間で、葬儀の対応に悩む女王が描かれている。

映画の中で女王自らが4WDを運転し、川を横断し一人狩場へ向かうシーンがあった。
本当に自ら運転されるのかどうかは解からないが・・・?川を渡っている途中に車がストップしケータイで連絡するシーンも何だか新鮮である。




     photo.jpg

  ダイアナ妃似のウイリアム王子(28歳)の頭髪が

  とても気になるワタシ。?


   images.jpg  untitled.jpg


  誰です?こんな角度から撮ったのは・・・


     


ラジオ

昔々・・・30年以上前、子どもたちが学校や幼稚園に行くようになり家に一人の時間が出来た。パートに出るようになるまでの4年間、毎朝子どもを送り出して玄関を閉めるとラジオをつけた。聴いても聴かなくてもつけていた。元々テレビはあまりみないので、子どもが帰ってくるまでずっとつけていた。いつもNBS毎日放送を聴いていた。
ニュースを読まない角淳一アナが好きだった。メールもFaxもない頃でよく葉書を出した、お便りも出した。ラジオから私の拙い文が何回か流れた?

パーソナリティの小山乃里子さん、桜井一枝さんも好きだった。梅田の公開スタジオへ見にいった。
土曜日の浜村淳さんの「ありがとう、映画サロン」も好きだった。これは今も時々聴く。


しばらくラジオから遠ざかっていたが、最近またラジコで聴くようになった。
の運転中はCDとラジオを半々ぐらいに聴いている。
今は大体ABCラジオを聴いている。

ABCラジオが創立60周年記念に「CDブックいつもラジオと一緒」を販売しているのは、知っていた。今日夫が帰ってカバンから出してのが、これだった
ちょっと見てみたい気はあったが3500円は買おうと思う金額ではなかった。図書カードがたくさんあったので買ったのだそうな。
そして道上洋三アナウンサーとの「サイン&握手券」を貰ってきた。夫は毎朝「おはよう」パーソナリティ道上洋三」を聴きながら通勤している。とはいえ、CDブックを買ってきたのは意外であった。
(道上洋三氏はバリバリの阪神ファンであり、夫は巨人ファンなのだ)

IMG_2170@.jpg


  

   


天国からのメッセージ

私の場合

2011年のわたしへ        

元気ですか?      
2011年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは82歳で、つまり西暦2030年に寿命を全うして生涯を終えます。
つらい事もあったけど、とっても素敵な生涯だったと思います。
だたひとつだけ、過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは2014年の秋の出来事。
わたしはひょんなことから、愛知県の長島というところへ引っ越すことになります。
その事が後の人生を大きく左右することになります。
できれば覚えておいてください。

最後にひと言。
82年間生きてみて思ったのは、
「人生に悩むことは、どんなことでも決して無駄じゃない」ってこと。

それでは、またいつか会いましょう。
みんなに、よろしく。

M〇〇〇代より 2030年の天国にて




夫の場合

2011年の僕へ        

元気ですか?      
2011年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
僕は73歳で、つまり西暦2016年に寿命を全うして生涯を終えます。
つらい事もあったけど、とっても素敵な生涯だったと思います。
だたひとつだけ、過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは2015年のある寒い日の出来事です。
僕はちょっとした偶然が重なって、ゴールドコーストへ出かけることになります。
今にして思えば、それは大きな人生の大きな分岐点になりました。
こころに留めておいてください。

最後にひと言。
73年間生きてみて思ったのは、
「忘れたい思い出ほど、大切な思い出なんだ」ってこと。

それでは、またいつか。
みんなにも、よろしく。

M〇〇〇より 2016年の天国にて

  IMG_0528.jpg

さてさて神様は我々夫婦を、いつまで生かして下さるおつもりであろうか?
いつまで生かされるかは、日ごろの心がけ次第かも知れない。そう長生きは望んではいないが、生きている間、身の回りのことが出来なければ困る。
そのために医者へ行って来よう。