FC2ブログ

電話

今朝父のいる病院から着信があったが、しばらく気付かなかった。
気付いたのは約40分後だった、留守電の再生をしたが、名前だけで用件は入っていない。
何分にも高齢だけに、何があったかとドキドキする。
病院に電話をかける前に、2人の姉に電話がかかったかどうか確認をするが、掛らなかったと言う。
病院に掛けねばと思うが動悸が治まらない。

ちょっと横になりながら万が一等・・・色々考える??
少し治まって来たので電話をすると、実家に電話が通じなくてこちらに電話を掛けたが、実家にも電話が通じ用件は伝えたと言う。
今日から病院の隣にあるケアホームに移ると言うことであった。
去年のお正月をはさんで、肺炎になった父は病棟を移動していたが、治ってもう一年になる。詳しくは聞けなかったが恐らく認知症以外に内科的な病気のない父は、これ以上病棟にはいられないのだろう
病院であれケアハウスであれ置いていただけるならどこでもいい。両親とも他に行くところがないのである・・・

家を出されホームに入った時から、籍はホームに移していた。父は入院して籍は実家に戻った。
だから真っ先に実家に連絡が行く。それはいいが実家からは誰も面会には来ない。



認知症の不思議

歯医者の予約をしていたので、治療が終わってから、母の病院へ行って来た。
意外にも、今日からリハビリが始まったと言う。

入院している県立病院では、既に棟をを移動している。最近の新しい病院と違い、低層階の増築増築で、非常にややこしい。迷子になりそうである。

姉から聞いていた入院棟に行くと、EVを降りたすぐの談話室に車いすに乗った母がいた。
そこで昼食を食べたのだという。しかし戻る部屋が解らずそこにいたと言う・・・?取り敢えず自分の名札を探す、或いは看護師さんに尋ねるということに思いが及ばなかったのである??これがあの母なのかと、信じられない思いでじっと母の顔を見た。とても悲しかった。

母が乗っていた赤い車いすは、引退したタイガースの赤星選手が寄贈した車いすだった。サインがあった。思わず写真を撮った?

リハビリが始まり靴が要るというので、ホームへ取りに行って来た。
帰ってくると孫嫁がきて洗濯ものを持って帰ったと言う。そんな時の母は、顔つきも話し方もとてもしっかりしている。不思議である。

  IMG_1646.jpg


骨折と・・・((+_+))

昨日は神戸の姉と一緒に母の様子を見に行った。
長姉の所へ実家の嫁から久々に母のことで電話があった。
それを聞いた夫が「雨降って地固まる。になるのか?」と言った。
冗談じゃない、そんなことで我々3人は水に流したりは出来ない。
我々に真相を話さないことを知っていて、絶対に水に流したりは出来ない陰湿な、仕打ちをしてきたのだ。

大腿骨骨折ではあるが、金具を入れる30分ぐらいの手術を前日に終えている。
昨日は朝から普通に食事が出ており、食欲もある。
朝ベッドから一人で降りて立っていたらしい。危険極まりない行動にでる。それ以後、大きく身体を動かすとナースセンターでキャッチするセンサーを付けている。

この時点では、点滴を外したりの行動がみられなかったので、付き添いの必要はないと言われていた。

ただ骨折をしたショックからか、時々意味不明のことをする。
そして前日、実家から嫁と孫の嫁、ひ孫が来ているのだが、孫嫁とひ孫が来たのは覚えているのに、嫁が来たことは覚えていない。
母が意識的に嘘をついているのかと思い、孫嫁がひ孫を2人連れて来たので確認した。
やはり前日来ていた。

母の記憶から消し去りたい人物らしい。記憶の切れるスイッチが入るようだ?そして時々ホケーとした顔をする。ひ孫や孫嫁をみる顔はしっかりしている。娘が2人掛かりでも敵わないのだ?
お昼を食べた後で、パジャマを脱ごうとする。訊くと「朝だから着替えをする」と言う・・・・?病院のベッドだからパジャマを着ていたらいいのだと言ってもすぐに脱ごうとする。

そして姉と2人でホームにお礼やお詫び、そしてパジャマの着替えを取りに行って来た。
戻ると脚に着けているポンプを外したり点滴をいじるので、やはり付き添って欲しいといわれた。
予定通り姉が付き添った。

昨夜の様子が気になるのだが、連絡がない。
環境が変わったことと、骨折をしたショックから認知症が一気に進むのかもしれない。


記憶力が良すぎて嫌われた母が、安心して生活できる空間に身を置いたことで、認知症を発症してしまった。

神様も、皮肉なことを するものである。

両親の面会

昨日は久しぶりに両親の面会に行った。
決して忘れているわけではないが、1日空いている日がなかなかなくて最近はあまり行けていない。
1月は1回、2月も恐らく1回しか行けないだろう。冷たい娘だと思われているかもしれない。
両親が我が家の玄関に置き去りにされてから、間もなく4年になる。色々嫌な思いをしたが、とりあえずは穏やかに暮らせていることに安心している。

父と母が別々に暮らすようになったころは、神戸の姉と毎週行っていた。父がホームには戻れなくなり、長期戦になることを考えると無理は出来ないと、3人の姉妹で都合をつけて行くようにした。
やっぱり心待ちにしているのがよく解かる。

今年100歳になる父の認知症は緩やかに進んでいる。昨年のお正月を挟んで寝込んでから、自力で歩けなくなった。そして認知症の進行が幾分速くなったようである。淋しいことだが100歳という年齢を考慮すれば仕方がないことだと思う。
昨日は末っ子の私の名前が出なかった?「娘の名前が思い出せなくなった」としょんぼりする父ではあるが、日に日に様子は違い、ハッキリ名前を呼んでくれる日もある。
昨日は「何か甘いものが食べたい」と言った。どんなにこの言葉を待っていたことだろう。
以前の父なら、顔を見ると「甘いものを持ってきたか?」と必ず聞いた。そしてこどものように両手に持って、美味しいおいしいと食べた。「甘いものいなら何ぼでも食べられる」と次々手を出した。もっとゆっくり食べるように言わねばならないほどパクパク食べた。しかし今の父にはそんな元気はないが、食べたいという意欲が嬉しかった。
車いすの後ろにはお風呂に入るための着替えの袋が掛けてあった。そろそろ父の順番が来たようなので「帰るね」と言うと「もう帰るのか?」と言う。が私達がいるのを意識したのはここまで・・・
後ろに回るともう忘れており振り向くこともない?

次に母のいるホームへ走る。
ホームは昨日、健康診断が行われていた。
面会表に名前を書き呼びだしてもらう。何分かかるかなと思っていたら、意外と早く来た。「放送聞こえたの?」と聞くと聞こえなかったが、他の人が面会の呼び出しをしていると教えてくれたと言う。
健康診断は名前順なので、母の順番は早い。職員さんから「最後に呼びますから面会を続けてください」と言っていただく。

話をしていると、目の前にいる娘を時々自分の妹と間違える?
昨日は古い話をしていた、母の修学旅行の話しだった。母が「私が修学旅行に行った時あんたは?年生だった・・・」と言い、それは違うと言うと「いや、そうや」と言う。そこで「私は娘だよ、それは叔母ちゃんでしょ」「????」とこんな具合である。母の認知症は急激に進んでいく。


IMG_1451.jpg

先日の花鳥園で《バナナ》

IMG_1458.jpg

《ストレプトカーパス》


残念なプリン・・・

リクエストにより持って行った「魔法の壺プリン」上のクリームをなめた孫は「おいしい?」バアチャン?
半分ほど食べた時、孫の顔が変わった。?口の中の物を出してくる。
ちょっと苦味のあるカラメルソースが幼い子どもの味覚には合わなかったのだ。

それからこのプリンは「残念なプリン」と名を変えたのだった?三歳児の口に合わなかったプリン。

その後プリンの代わりに、3個100円ぐらいのゼリーを美味しいと言って食べていた。小さな子どもに高級な物は要らないと実感したのであった。



おみやげ

一週間前の埼玉行きは、予約?便に乗れなかったというトラブルがあったものの、次便で無事羽田に着き、リムジンバスに乗った。
ダサイタマと言われる埼玉行きのバスは少ない。先の便に乗ると最寄駅までのバスは長く待たねばない。違う路線の和光駅前で降りるのだが、幸か不幸か次便は最寄駅へ行くのがある。
迎えに来る娘は2人のチビを連れて出るので待つつもりでいたが、先に来て待っていた。

駐車場に入り荷物を下ろすと3歳の孫が紙バッグを持つと手を出して「Mバアチャン、おみやげ持ってきた」と言う。「持って来たよ?」と言うと機嫌良く紙バッグを持って入って行く。
1歳1カ月の孫娘は人見知りをしてしばらく様子をうかがっている。

リクエストのプリンとチーズケーキ、苺トリュフ、ちょっと早いがバレンタインチョコレート、おもちゃ等を出していく。

おもちゃは2人の孫にそれぞれ買っていったが、出すとみんな3歳の孫が取り上げてしまう?まあ飽きるまで仕方がない。

孫娘にはボタンを押すと歌が流れる本を買った。aozora@が帰ってきてから、の電話では同じ曲ばかり鳴らしているという。お気に入りは「どうしてお腹がへるのかな」らしい。電話の向こうでも聞こえている。いかにも食欲モリモリの子らしい?

  IMG_1506.jpg
これはネズミがチーズを食べているおもちゃ。

  IMG_1500.jpg

  後ろに下がりなさ~い!!


貼り紙・立て看板

街を歩けば色々な立て看板や貼り紙を見る。
誤字で書いたまま何年もそのままになっていて通るたびに気になる立て看板。??と思う物も多々あり思わず覗きこんでみたくなったりする。

昨日から始まった選抜高校野球、aozora@がほぼ毎日で走る道には高校野球の時期に決まって立てられる案内看板がある。

そして↓の貼り紙はaozora@がいつも利用するスーパーの??マークのお手洗いの貼り紙。もう何年も前から張ってあり退色している。こんな貼り紙をするということは、このお手洗いで毛染めをした不心得者がいたということ。そう長時間籠ってはいられないうだろうに困ったお人だ。


  IMG_1850.jpg

  そしてもう一枚、これも良いか悪いか解かり
  そうなこと?
  
  IMG_1847.jpg


  そして↓淡路SAのお手洗いの貼り紙

  IMG_1654.jpg

  IMG_1675.jpg



17文字の世界

新聞に第一生命が募集したサラリーマン川柳が載っていた。これは今テレビやラジオでまかり通っている川柳もどきであるとaozora@は思う。

前にも書いたと思うが、川柳も俳句も5・7・5の17文字の短詩形文学である。

俳句のことは知らないが、川柳は上5・中7・下5から成り立っており、上5は字余りも可であるが、中7と下5を守って作句するようにと教わっている。
それを考えるとラジオ、テレビでまことしやかに川柳として紹介されているものには、この中7と下5が無視されている。

優秀作品として紹介されている句も同じように無視されている。

月給日 ゲゲゲと女房 肩落とす  (5)(8)(5)

人気の朝ドラ「ゲゲゲの女房」を入れたかったのだろう。

月給日ゲゲゲと女房が肩落とす・・・と記して女房がに「つま」と読ませるふり仮名をつけるのも一手である。

何になる? 子どもの答えは 正社員  

これも同じ中8の句であり、(5)(8)(5)

「答えは」を「こたえ」で十分である。

川柳とは無縁の方が選をした残念な結果と言える。

っと偉そうなことを書いたがこの前の定例句会の折、前で披講する段になり中8の句を採っていることに気付いたaozora@だった。会報が出来てくるのが怖い。


  IMG_1460.jpg

   神戸花鳥園の年中咲いているお花

  IMG_1428.jpg


昨日は・・・

天気予報通り朝から雪が降っていた。ベランダから見える景色は久しぶりの雪景色である。
3年ぶりだそうな・・・雪にはほとんど縁のない当地、子どもたちがはしゃいでいる。

昨日は義弟(夫の妹婿)の見舞いに行かねばならず、積雪では行けないなと思っていた。
午後から晴れて瞬く間に雪は溶けたので予定通り行って来た。
aozora@が埼玉へ行った夜、妹からの電話で妹の主人が入院していることを知らされた。
糖尿の合併症で年末から入院していたのだそうだ。そして治療の甲斐なく左脚を膝の下から切断したとの電話であったå

4年ほど前に右足の親指が大変なことになり、その時は辛うじて切断を免れたということがあった。その後、治療をしていなかったようなのである。
痛くもかゆくもない糖尿を甘くみていたのだ。

今回は菌が回り脚がパンパンに腫れ、穴を開けて菌を外に出す治療をしていたという。40日あまりその治療をしていたが、功を成さず切断を決心した。これ以上この治療を続けても菌を食い止められず、最悪太腿からの切断になるとの判断であった。ならば今、膝下で切断すれば義足を着けるのも、膝があるのとないのとでは大きな差がある。という判断と決断だったと聞いた。
aozora@も永い間放っておいたので偉そうなことは言えないが、糖尿に対してあまりにも無知だと思った。医者嫌い云々ではすまない結果になって初めて怖さを知ったのだ。

骨まで菌が回っているという、足に穴を開けた写真を見た。恐ろしい写真であった。
腎症、網膜症、神経障害、が糖尿病の三大合併症である。今までaozora@自身失明は絶対避けたいと思っていたが、神経障害で膝下から失った義弟をみて、やはりこの三大合併症の怖さを改めて思い知った。

自己管理をせねば・・・

  
  IMG_1609.jpg


2月7日の朝

神戸空港9時15分発のスカイマークに搭乗予定で車を走らせた。
自宅から7~8分走ったところ、およそ渋滞など考えられない地点で、右側車線が渋滞していた。左側はスイスイ走っている。すぐ先で右折して高速の側道に入るため、車線変更も出来ず待っていた。時間に余裕を持って出ていたが、時間だけどんどん進んでいく。
やっとカーブに差し掛かり見ると事故があったようだ。3台のパトカーと事故車両があった。
朝から迷惑なことである。渋滞など考えられない場所で時間を取ってしまうとは、朝っぱらから運の悪いことである。

っで・・・結局予約の便に乗り遅れてしまった。
出発の30分前には搭乗手続きをしないといけないのは解かっている。カウンターについたのは9時ジャストだった。カウンターの係り員は「ドアが閉められました」と言うが、電光表示板は「間もなく扉が閉まります・・」
荷物を預けるならもう積み込んでいただろうが、機内持ち込みの手荷物である。急げば乗れたと思う。
食い下がってみたが乗れなかった。仕方なく次の13時10分に乗ることにした。
飛行機がが駐機場にいる時と、飛び立った後では払い戻し料金が違うのだそうだ。
aozora@は料金の変更はなしで次便に乗れた。次便とはいえ約4時間もある。一度自宅に戻ろうか?それとも映画でも観に行こうか?色々と考えたり、娘や夫に連絡しているあいだに1時間が経った。先のに乗っていれば羽田に到着する頃である?

安全策を取ってすぐ近くの「神戸花鳥園」で時間を潰すことにした。


次便に乗り到着し、羽田から埼玉行きのリムジンバスに乗る。最寄駅まで迎えに来た娘ので無事娘宅に到着したのはもう5時前になっていた。

娘の婿さんとこの話をしていたら、婿さんは学会に行った時、遅れて既に機体から離れていたボーディングブリッジ?を戻して載せてくれと言う。

今回は往復とも満席であったことを考えると、aozora@が遅れたことで、キャンセル待ちの客に回ったのではないかと思った。


   IMG_1470.jpg 

   IMG_1472.jpg


不幸続き

先ほど友人からメールが来た。
昨年11月と12月に兄さんと姉さんを亡くしたこの友人にまたしても不幸があった。
今度は11月に亡くなった兄さんの奥さんが自宅の階段から落ちて亡くなったと・・・
兄さんが亡くなった後一人暮らしだった姉さんは変死扱いで警察の事情聴取、聞き込み、検死、御遺体引き取りと大変だったようだ。

ここまで続くと「私悪いことしてないつもりだけど・・・・」と?
今晩お通夜、明日告別式、明後日、実の姉さんの49日の法要と息つく間もない。
友人の体調が心配である。

長寿の家系のaozora@は直近の葬儀は30年以上なく、ただただビックリしている。

  IMG_1390.jpg


春、真っ先に咲く(まんず咲く)から「マンサク」と言う名がついたとされる、しかし梅の方が早くから咲いている。あまりきれいだとは思わないのがこの画像の赤い花。
 夫の実家には黄色のマンサクがある、咲いているのだろうか?ベニバナトキワマンサク(ピンク)は花弁が長くてとても綺麗だと思う。
 
  IMG_7650.jpg
       《マンサク》

  
 
  IMG_7646.jpg

  IMG_7602.jpg



ネットショッピング・・・・・追記あり

楽天、アマゾン等で時々お買い物をする。来週乗る飛行機のチケットもネットで買った。
大体はリクエストのあった孫へのプレゼントや新聞で見つけた本が多い。
去年は1月に女の子が産まれ、初節句にお雛さんも買った。娘の言うよ言うに飾っても収納してもコンパクトな物と言う希望の品を買った。今までのお雛さんのイメージとは違う小さな可愛いものを、関東と関西でPCの画面を見ながら決めて買った。

松屋町に出向かずに済んだ。


1月30日にアマゾンで本を2冊注文をした。31日にコンビニで代金を支払った。
2時間後、家に戻ると支払い確認のメールが来ていた。


なのに・・・・その後2回支払い番号を知らせるメールを受信した。
当然商品はまだ届かない。
いつもなら「速い!!」と感心するほどスピーディなのに!?今回はどうなっているのやら・・・
こんなことはもちろん初めて?

  **********************************

追記
昨夜、カスタマセンターのメールフォームより、受信したメールを添えて問い合わせメールを、送信するも連絡がなく電話をかけた。

支払い確認のメールを送信後、システムにエラーが起こったとのこと・・・?
それで配送の手続きに進めないのだと言う。

それならそれでWEB上にエラーが起きている旨を記すべきだと思う。
申し込み後一週間経って、支払いがなければ注文は消滅する。
支払ってはいるが配送に進めないのでaozora@の今回の注文もキャンセルになる。
一度支払った金額はアマゾンのギフト券で返却されるとのこと。
そして再度このギフト券を使って注文するそうである。

そんなアホな・・・書店で買える本である、気分を悪くしたので、二度手間をかけてまで購入をするのは止めた。
アマゾンのギフト券は要らない。現金で返して欲しい。

担当部署にを回すと、保留になったが混雑しているらしく繋がらない・・・もう?ä?



h233-ih-034.jpg

 たしかこれだったような?


今日から2月・・・

花粉症患者にはつらい花粉飛散の時期が間もなく到来である。天気予報等では早くから、去年の猛暑の影響で杉花粉の飛散量が例年になく多いと言われている。去年の10倍だとか・・・??早めの対策を云々と呼びかけている。そこで素直に耳鼻科へ行って来た。来週の中頃からぼつぼつ飛び始めると医者は言う。
まだ今は空いているが、来週からはスゴイ混雑になるだろう。

この医院は小児科と耳鼻科を同じ受付カウンターでするので、待合室はとても賑やか?。小児科は女医さんらしい、恐らく御夫婦だと思う。

電話でもネットでも予約が出来て便利である。今回は患者が少ないと見込んで、直接受付をしたのだが、直ぐに↓の受付完了メールと呼び出しメールがケータイに入った。
受付専用電話に電話すると、予約番号と現在何番の診察をしているかのアナウンスが流れる。



「M〇〇」さんの受付を承りました。
【受付内容】
科目:耳鼻咽喉科(当日受付)
日時:2011/02/1(火)
受付番号:午前 24番
  
〇Sクリニック


「M〇〇さん(34957)」の診察が近くなりました。どうぞご来院ください。
【受付内容】
科目:耳鼻咽喉科(当日受付)
日時:本日

※現在、午前 20番 診察中


受付番号:午前 24 番

〇Sクリニック

色々医者にかかっているが、このようなシステムをとっているのはここだけである。
これで駐車場があれば申し分ないのだが・・・????