FC2ブログ

せつないねえ

今日は消えないようにメモ帳で書こう。

ちょっと古いが(2004年公開)カンヌ映画祭受賞作品の「誰もしらない」をBSで観た。
生きているのはおとなだけですか、と問いかけている。

主演の 柳楽優弥の目がいい。
彼は現在20歳だから撮影当時は13歳ぐらいだったのだろう。

以下はオフシャルサイトから転載。

トラックからアパートに荷物が運び込まれてゆく。引っ越してきたのは母けい子(YOU)と明(柳楽優弥)、京子(北浦愛)、茂(木村飛影)、ゆき(清水萌々子)の4人の子供たち。だが、大家には父親が海外赴任中のため母と長男だけの二人暮らしだと嘘をついている。母子家庭で4人も子供がいると知られれば、またこの家も追い出されかねないからだ。その夜の食卓で母は子供たちに「大きな声で騒がない」「ベランダや外に出ない」という新しい家でのルールを言い聞かせた。

子供たちの父親はみな別々で、学校に通ったこともない。それでも母がデパートで働き、12歳の明が母親代わりに家事をすることで、家族5人は彼らなりに幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、母は明に「今、好きな人がいるの」と告げる。今度こそ結婚することになれば、もっと大きな家にみんな一緒に住んで、学校にも行けるようになるから、と。

ある晩遅くに酔って帰ってきた母は、突然それぞれの父親の話を始める。楽しそうな母親の様子に、寝ているところを起こされた子供たちも自然と顔がほころんでゆく。だが翌朝になると母の姿は消えていて、代わりに20万円の現金と「お母さんはしばらく留守にします。京子、茂、ゆきをよろしくね」と明に宛てたメモが残されていた。

この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの"漂流生活"が始まった―――。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これは実話をもとに制作されたのだという。
無責任きわまりないが、今の世の中お金さえあれば、この長男の年齢に達すれば子供だけでも何とか生活できるかもしれない。
しかしこの映画の続きは、とても悲惨な生活が待っている。
子どもを置き去りにして愛人のもとに走った母親の心情が理解出来ない。

子供を持った以上、女である前に母親であらねばと思うのは、やはり古いのだろうか?
観終わってとても切ない気持になった。

IMG_8803.JPG
《ヒルザキツキミソウ》


高速料金

 IMG_8694@.jpg

  《キリの花》

1000円につられて、9日の日曜日、田舎へ行って来た。
来月から値上がりだし、1000円の期間は渋滞を恐れて、ほとんど恩恵を受けてなかったので、最後に一度走って来ようと・・・。
当然渋滞情報を見た、その時点(7時半)で事故の情報はあったが渋滞には至らなかった。

姉が5月3日に行った。舞子で高速バスに乗ったとたん明石海峡大橋の上で停まってしまい、普段なら1時間でいくところ2時間かかったと聞いていた。行きも帰りも大渋滞でバスに乗っているだけで疲れたと言っていた。

1000円区間には含まれていない阪神高速も、交通量はとても多かった。他府県ナンバーの車が多い。
混雑はしているが、スイスイ気持ちよく走ることが出来た。渋滞を覚悟で少し早めに出たので、予定より早くつきそうだった。一年に何度も橋を渡って田舎へ行くが、用事で行くため観光をしたことがない。
人から聞かれても知らないとしか言えない。ならばと今回は一か所だけ行くことにした。

故阿久悠氏の「あの鐘を鳴らすのはあなた」の鐘が、最近設置されたので行きたかったが、ちょっと遠い・・・。途中で高速を降りてICに近いところ・・・
??観光バスで行くと必ず立ち寄るというところ「たこせんべいの里」に行った。確かに工場見学が出来るが、案内も何もない。ふんだんにある試食と無料サービスの?が客を呼んでいるようだ。
ガラス越しに製造作業を見る、おせんべいの「土産物屋さん」である。観光バスのお客さんは大きな袋いっぱいにおせんべいを買って満足そうにバスに乗る。

再び高速に乗り本日のメイン、N病院へ夫の兄を見舞う。3月に自宅で転び脊髄を損傷したらしい。
最近連絡があり、びっくりして見舞いに行った次第である。
ゆっくりと回復している、とのことではあるが高齢であるし、まだまだ時間はかかるだろう。
透析をしているし、一人暮らしなので病院にいる方が安心できる。

その後、両親の面会に行く。98歳の父はずいぶん元気になっていた。やっぱり100歳をクリアしそうだ?
大好きな甘いものを食べたいとも言ったし、食べ終わらないうちにもう一方の手が出てきた。
甘いものが食べられるか否かが、体調のバロメーターの父である。

母は相変わらず古いことは鮮明に覚えている。長姉が嫁いだのは昭和何年とかと言う風に、もう40年以上も前のことをさっと答える。私は長女が結婚した年は覚えているが次女はハッキリしない?
胃カメラをのんだと聞いていたが、ヘルパーさんしか出勤をしていなかったので、結果はきけなかった。
このままホームでゆっくりと安心してすごして欲しい。

高速の脇にはフジやキリが咲き綺麗な故郷の山であった。

IMG_8687.jpg IMG_8691.jpg

念願の《玉ねぎソーメン》食べました。夫は《淡路島特選牛丼》美味しかったです。

帰りは淡路島の南の端から全島を縦断して走り、明石海峡大橋を渡って1000円。
お得感いっぱいの日曜日であった。


レンゲ畑

 IMG_8359.jpg IMG_8358.jpg

新聞を見て蓮華畑を見に行ってきた。

懐かしい蓮華畑、こんなに一面の蓮華畑はもう50年ぐらい見たことがなかった。

蓮華そのものを見ることがない、クローバーは芝生の中に生えているし、タンポポはどこにでもほぼ年中咲いている。でも蓮華はない。

子どもの頃蓮華畑のなかで寝転んだり遊んだりして叱られた記憶がある。

実家ではホルスタインを飼っていたので飼料だったに違いない、蓮華の茎は細く倒れたら立ち上がることはなかったのだろう。鎌で刈っていた時代のこと、倒れた蓮華はさぞかし刈りにくかったのだろう。

60歳を超えた今でも寝転んでみたいなと言う衝動にかられたФ

一面の懐かしい蓮華に目も心も癒された。

 



さてと・・・

GWは終わった、ジジババの役目も無事に終わった。
昨日はアサヒビールの工場見学に行った、孫を預かることが決まって最初に考えたのはどうやって5日間を過ごそうということだった。混雑するハイウェイには乗りたくない。普通の6年生とはちょっと違う6年生の孫である。

そこで、プール、防災未来館、神戸の催し物、そしてアサヒビール見学という案を思いついたのだった、アサヒビールは電話で申し込むと上手い具合に5日にキャンセルが出ており、すべりこむことが出来た。

休日ということで、工場の生産ラインはストップしていてビデオでの案内と聞いていたが、連れ出すにはそれでも可である。ひと通りの見学の後には子どもにはジュース、大人にはビールがいただける。工場の前まで送って行こうと思っていたが、電車大好きっ子の孫は電車がいいとジイチャンと出かけた。帰ってきたジイチャンが言うには、きれいなお嬢さんが色々説明をして下さるがヨチヨチ歩きの子どもがたくさんいて、泣き喚きよく聞こえなかったそうだ。
いくら無料見学とはいえ、そこは親が考えないといけないとことだと思う。
いったん帰り柏餅とちまきを食べさせ、4時前の電車に乗って帰った。

孫の中ではプールはもちろん楽しかったが「防災未来館」に一番興味をひかれたらしい。今度はお父さんと行こうと言っているらしい。
今年の1月にアイドルグループ「嵐」の桜井 翔君の主演で「神戸新聞の7日間」というドラマがあった。
その桜井君が演じた神戸新聞の記者の名前を記憶している。孫には興味深い物なのだろう。
これもこの病気特有のこだわりだろう。

ジイチャンと朝から寝るまで一緒だったGWは、ジイチャン好きな孫にとっては楽しかったと思う。
ジイチャンが朝、青汁を飲むから僕も飲む、朝バアチャンは起きないから、ジイチャンが用意する朝食を一緒に摂る。
テレビを観る時もジイチャンの横で見る。お風呂も一緒。
おかげで、少し仕事をしたかったジイチャンは出来なかった
休日も6時頃に目覚める孫にバアチャンは付き合えない?

IMG_8606@.jpg IMG_8674@.jpg



GW2

市内の植物園に「ハンカチの木」の花が咲いたと情報を得たので行ってみた。
ヒラヒラ風に揺れている様はハンカチのようだなと思った。
もうひとつ「ツキヌキヌマハコベ」の特異な形状にビックリした。
お花って本当に色々あるものだ。

孫も結構面白そうに観ていた。
しかし普段はそんなに混む道ではないのに上り坂の渋滞渋滞で運転手の私が酔いそうになった。

今日は「防災未来館」へ出かけて行った。1月だったかアイドルグループの「嵐」の誰かの主演で阪神大震災をテーマにしたドラマがあった、そのドラマの細かいことをよく覚えている。これも独特のこだわりの一つだろう。きっと楽しい時を過ごしていると思う。
 IMG_8630@.jpg IMG_8653.jpg


GW

IMG_8577.jpg IMG_8570.jpg
《ムラサキフリージア?》と《シーラ・ベルビアナ》

我々夫婦には関係のないGWのはずだったが、急遽6年生の孫を預かることになった。
この子は3年前に「高機能広汎性発達障害」と診断されている。http://www.hopstepclub.jp/archives/hf-pdd.html
母親はバツイチでうつ病を病んで5年になる。
毎日のほほんと暮らしているが、この2人を思わない日はない。

この病気の特徴は子どもを見ているとよく解る。知的障害のないのが良いのか否かが解らなくなる。もちろん救われているのだろうが・・・
しかし知的障害のないこの子たちが大人になった時、生きにくいであろうことは想像がつく。

プールが大好きなので昨日は久しぶりにプールへ行った、泳げると言うレベルではないがとても楽しそうである。
久しぶりのプールでその良さを実感した。また再開せねば。