FC2ブログ

たまには嬉しいことも・・・

またしても編集中の手違いで、シニアナビに2014年5月30日にUPされてしまいました。

書いてみよう?ä
次女が年明け早々第二子のお産を控えている、今回は婿さんの実家でお世話になるということで既に帰っている。
娘のお産の手伝いを実の母である私がみてやれないのは、間もなく2歳半になる孫を私一人では面倒をみるのが、無理だと思うから。
夫が毎日家にいるなら二人でみてやれるが、夫は65歳の今もまだ現役で働いている。
とてもあの素早い動きをする二歳児のお相手は、少々脚の悪い私には出来ない。
そこで娘夫婦が相談して、あちらにお世話になっている。

あちらの家にとっては、この子が初孫であり、一緒に長くいられることは、楽しみでありとても嬉しいと喜んでいただいている。ありがたいと思う。
山も海も畑もある自然のなかで、やんちゃぶりを発揮しているらしい。
今朝メールを打っておいたら娘からがかかってきた。
関東でかかっていた医師も多分女の子だと言っていたのだが、確認出来たのだ。
逆子も治っている。
女の子と言われても男の子が生まれる確率は高いと聞いているが、初めての女の子の孫である嬉しい。もちろん男のこも嬉しい。
目出度くお兄ちゃんになるやんちゃ坊主は、おバアちゃんがご近所さんから借りている畑が大好き。散歩の途中、長く延びた草をめくっては「だいこん、ないねぇ」と不思議そうに言っては、あちこちの草をめくっているらしい。

母にして貰ったことを娘達に返してやろうと思っていたのに出来ない。
実に情けない母親である。
長丁場の婿さんの実家での暮らし、お父さんお母さんと上手に暮らせますように。

そして、母子とも元気で無事に生まれますように。