FC2ブログ

新子のくぎ煮

瀬戸内に春を呼ぶと言われるいかなご漁、今年は先週の月曜日7日に解禁になった。
例年より1週間から10日遅い。
姫路から神戸、西宮あたりの主婦は、このいかなごを使ってくぎ煮を炊く。
この時期、これを炊かない主婦は、一人前の主婦ではないとまで、この辺りでは言われる。

私もあまりたくさんではないが、5キロぐらいは毎年炊いている。
もちろん自宅用だけではなく、二人の娘宅と遠くの知人に送るのである。
毎年心待ちにしてくれている。
クロネコさんや郵便局では、くぎ煮パックと箱をセットにして売っている。
スーパーではくぎ煮パックはもちろん、砂糖、しょうゆ、味醂、お酒。
あるいはくぎ煮調味料も、たくさん並べて売っている。
まるでそれ炊け、やれ炊けと煽られているようである。

今年は肝心のいかなごが、べらぼうに高い。
なんと1キロ2500円ほどする 要するに漁獲量が少ないのだ。
しかしながら、心待ちにしてくれている人があり、炊かないわけにもいかない。
もう少し経てばいくらか安くなるかも知れないが、油断をしているとくぎ煮にちょうど良い
大きさではなくなってしまう恐れがある。

何とか知人の分も炊いたので、送りに行こう。
この時期、春のメッセンジャーとして甘辛いくぎ煮が、全国を飛び回っている。

R0024057.jpg

これは夏休みの宿題?

超不器用な娘が、おしゃまな女の子を持った。

帰省前、フェイスタイムをしていると「おばあちゃん、Tねヒラヒラのついた
エプロンが欲しいの。お母さん出来ないからおばあちゃん縫ってぇ(*^_^*)」と言う。
お兄ちゃんのKが、お手伝いするのにエプロンが要ると言って縫ったのも、Tと同じ
年の頃だったと思う。
このときまだ小さかったTには、ワンピース型の縫った。
おしゃまになって、お姉ちゃんエプロンが欲しいのだそうだ。

そして帰省中、娘が一日だけ予定を入れてなかった日に、近くのショッピングモールへ
Kのちょっと遅い誕生日プレゼントと一緒に、生地とレースを買いに行った。
たくさんの生地の中から、迷って女の子が好きそうな生地を自分で選んだ。

すぐにでも出来ると思っている、五歳児のT。
ばあちゃん、ご飯の用意もしないといけないし、そうそう簡単には作れませんよ。
宿題を仰せつかったのは、レースとフリルの付いたエプロンと、移動ポケットの二つ。

移動ポケットって??
お店で見本をみて、こんなものかなと縫ってみた。
ポケットティッシュとハンカチが入ればいいらしい。
スカートのウエストにクリップで留めるようになっている。

@R0023845.jpg


そしてフリルとレースの好きな女の子のエプロン。
モデルは帰ってしまい、テキトーなバアチャンが適当に縫ったエプロン
フリルとレースでごまかせると思う

@R0023848.jpg


正式に洋裁を習ったことのないバアチャン、それなりに苦労したのだから
負けといて~

とどいたよ~(*^_^*)

昨日発送した荷物は朝一に届いたそうです。
配送料もバカになりませんが、早くて本当に便利ですね。

家の中でも幼稚園のお迎えにもかけて行ったそうです。
「おばあちゃんがつくったの・・・」と幼稚園のママ友や先生にまで報告したそうです?ä

   tika@.jpg

やはり紐が少し長いですね。

  

小さな小さなお雛様出ているようです。
   
  img020074edzik7zj.jpg


終わった・・・フゥ~

昨日Tの入園グッズを全部仕上げて、荷造りをした後ipadの向こうのTに見せるためほどいた荷物を、また作り直しました。
そして夏から頼まれていた、食卓椅子の子どものシートカバー2枚を、思いついて今朝から縫いました。
娘宅は子供用の食卓椅子は使わないで、セットの椅子にスポンジを3枚入れた一見チャイルドシートのようなものをおいています。
大きくなるにつれてスポンジを減らしていくのです。もう縛らなくてもいいのでスポンジ2枚分のカバーを縫ってと言われていました。

10月以来、70日以上の夫の入院で、回らなかったのですが、送るなら一緒に送ろうと、思い立って縫いあげ、3度目の荷造りとなりました。
カバー自体は30センチの正方形でファスナーを付け、6センチのマチを付けただけの簡単なものです。

6時までに集配所に持ち込んだので明日には届きます。
勢い込んで縫い上げたら何だか気が抜けてしまいました。

これで15日締めの季刊誌に出す作句に取り掛かれます。
ギリギリにならないとできない悪い癖です?


入園準備

バアチャンが作るTの入園グッズやっと出来上がりました。

注文のあったものは全部できたので、明日送ろうと思います。

R0011205.JPG

45×35の大きな手提げ1、30×30の巾着2、上履き入れ1、22×22巾着2、お弁当入れ2、ランチョンマット3、別にアンパンマンのキャラクターポシェット。


R0011202.JPG

以前かわいいワンピースを買ったので、Tに送ったことがありました。
Tはまだお喋りが出来なかったころです。そのときKが「Tちゃんのお洋服ありがとう」と電話をかけてきて「Kくんのはなかった・・・」と言ったことがありました。
それからはバアチャンも勉強して、そんなことのないようにしています。
そこで今回Tのばかり送っては具合が悪いので、Kのも少し縫いました。

追加の注文があるかも知れませんが取りあえず送ります。

さっきフェイスタイムをしました。
送る物を全部見せると、アンパンマンのポシェットに一番よろこんでいました?
ポシェットにアメを入れて公園へ行くのだそうです( ^)o(^ )


ぼちぼち・・・。

入園グッズは仕上げっています????

お弁当入れは2つ作りましたが、マチを作ると小さくなってしまいました。
30×30の巾着が2つできました。

R0011197.JPG

お昼頃Tとフェイスタイム(テレビ電話)をしました。
「おばあちゃんTちゃんの幼稚園バッグ出来た?」
「まだ全部できてないけどお着替え入れは出来たよ」と見せると大喜びでした。

どうやら合格のようです。


幼稚園バッグの

布が届きました。

あだちなみさんの絵本《くまのがっこう》のキャラクターです。

キルト地と普通の生地を買いました。
キャラクター物は高いですね~(^_^;)

 g56421a1.jpg

っでその高いぬのでの失敗は許されないので残り布でお弁当袋を作ってみました。
ちょっと小さかったかも・・・。

R0011191.JPG

赤の部分も白糸で縫う大雑把なバアチャンです(^_^;)


エプロン・・・その後

出来上がったエプロンを、〇ネコメール便で送ったのは17日の10時過ぎ、今までは早ければ翌日には届いたので、遅くとも19日には届くだろうと思っていた。
金曜日「エプロンが早く届かないとオレ困るんやけど・・・」と言っているとメールがあった。
それからメール便の追跡をaozora@も娘も何度もしていた。
孫は何度もポストを見に出ていき、ないのを確認してはがっかりしていたようだ。
一度玄関を出ると、オートロックのため一人では入って来られない。
そのたびにチャイムが鳴りロックを解除する。

やっと今朝になって「20日投函予定」の表示が出た。今日も何度も出たり入ったりしたようである。
そして先ほど「エプロンありがとう、届いたよ~」とがあった。ヨカッタヨカッタ?
さっそくお手伝いをすると張り切っている。

こんなに待たれるとエプロンも値打ちがあるというものだ。


  __0003@.jpg

どう似合うポケットがちょっと下すぎたねä?


    ************

ベランダのお花

ヒメコギク.jpg

《ヒメコギク》

@.IMG_7135.jpg

《セレネ?》


エプロン

今日出かける前「エプロン制作中」のメールを娘に送ってあった。
帰宅すると娘宅から着信の記録があった。先に洗濯物を取り込んでいるとFAXが鳴った。娘宅からである。
受話器をとると兄ちゃんのKが「Tちゃんにスカートありがとう。ボクのエプロンはいつできるの?」と言う。
「今日できるよ、明日送るからね」
「やったぁ\(^o^)/、お母さ~ん、エプロン今日できるんだって~」と大喜び?

@.IMG_7099.jpg

目測で付けたポケットは左右の位置が・・・ä?
まあ手作りの愛嬌ということで?


ミシンかけ

先日縫ったスカートは、サイズに不安がありあわせるために、1枚だけ送った。
もう少しゴムを緩い目にいれたほうがよかったらしい。
スカート丈ももうすこし長めがいいようだ。
だからね、ウエストとスカート丈を測るように言ったのに・・・。
確認していないがメジャーがないのかも・・・。あの娘ならあり得るå

  ti@.jpg

 お手伝いをしたい4歳のKにエプロン、Tとお母さんにお揃いのキュロット(小花模様)と言う注文が入った。

っでただ今エプロンにとりかかっている。

  @.IMG_7095.jpg



ミシンかけ

aozora@の結婚したころは嫁入り道具のひとつにミシンがあった。
二人の姉もミシンを持って嫁いだ。

ミシンの月掛というのがあって、毎月いくらかをかけて来るべく時に、備えることが多かった。
母がaozora@にミシンの月掛を始めたのは、高校生の時だったと思う。

めでたくミシンとともに嫁いで40年余り、ミシンはここへ引っ越す前に買い変えた。
その後、娘二人が嫁いだ。

バンド活動をしていた長女は割合器用で、見よう見まねでステージ用の衣装を作っていた。
そんなこともあり、ミシンを持たせた。
次女は根っからの不器用・・・小学校や中学校の家庭科の教材もaozora@がほとんど仕上げた。
そして「万が一お嫁に行くことがあっても私はミシンは要らない」と公言していた。
仰せのとおりミシンの用意はしなかった。

去年子どもの入園時は、長女に頼んで何種類かのバッグを用意した。
この前電話で「昔自分達がはいていたようなスカートをTに縫って・・・」と言っていたので、とりあえず一枚縫ってみた。型紙も何にもなしで適当に縫った。

久しぶりのミシンかけは、糸の調子が悪く、軌道にのるまで手間取ってしまったが、やはり楽しいと思う。
 

 IMG_6929.jpg

さてお気に召すやら召さぬやら・・・?






出来た(*^_^*)

和紙を貼って小物入れを作りました。

 IMG_5120ーあ.jpg

随分昔(30年位前)に作ったのを愛用していましたが、秋に新しいキャビネットを購入し、その上に置いてみると、和紙が擦り切れとてもみすぼらしいのです。
そこで新しく買おうと思って探したのですが、小さな物がなく再挑戦したというわけです。

12月の初めにここで注文したのですが、aozora@が注文した何日か前にテレビで放送されたそうで、注文が殺到したそうで届くのに2週間以上かかってしまいました。

早速仕上げようと思い立ち、セットを確認するとカットされた黒い紙が足りません。

そんなことでお正月には間に合いませんでした。
娘達も「新しいキャビネットにえらい古いもの置いて・・・」と言われてしまいました。

ティッシュケースは、今の薄型のティッシュには深すぎますので、底に浅い箱を入れました。

断捨離と口で言いながら、幅160センチの大きなキャビネットを買ってしまいました。

  


    IMG_5102^@.jpg

くたびれた30年選手・・・
新しいのはこれより一回り大きなサイズです。


引き出しも棚も使いやすいのできちんと整理すれば、そう「すれば・・・」ここ重要です?片付くと思います。
いえね、ある程度は実際に片付いたのですよ????
でもある程度片付くと、次のエンジンがかからないaozora@です


赤紫蘇で・・・

久しぶりに紫蘇ジュースを作った。
昔持っていたレシピを探すのが面倒なので、ネットで検索をした。色々ある・・・
紫蘇の分量、砂糖も色々、クエン酸の代わりにお酢をつかうものもある。要するに紫蘇を炊きだすと出来る。
っということで超適当に作った。
赤紫蘇を炊きだすと、まるで青紫蘇のような色になるのは、やはり不思議

  IMG_3423@.jpg

   浮いた灰汁は取り除きます


  IMG_3424.jpg

分量は超適当ながらおいしい。
夏バテ疲労回復にいかがですか?花粉症にもいいと聞きます。