FC2ブログ

台風去って・・・。

関西は今回台風19号の被害は、少なかったと思う。
もちろん我が家も何の被害もなかった。
昨年は、27時間の停電を経験した。

子どもの頃は、1日2日の停電は珍しくなかった。
それでも家電製品のない暮らしは、あまり生活に不便を感じなかった。
夜はランプを灯した。トイレもお風呂も電気が無くても使えた。

今は停電をすると、玄関のチャイムさえも使えない。
マンションの暮らしはエレベーターが使えないし、水道も止まってしまう。
便利な暮らしは一転とんでもなく不便になる。

関東・東北の被害は大きいですね。被害の状況を見て心が痛みます。
皆様大丈夫でしたか?
ダムの緊急放流があちこちであり、怖いですね。
まだまだ今日も安心は出来ないようです。

昨日は娘達とグループLINEをしていた。
埼玉の娘の住む○座市も避難命令が出ていた。
河川の氾濫、ダムの放流次々入る情報に、やきもきしていた。
iPhoneに何度も入るエリアメールの音に4年生の孫娘が怖がり
テーブルの下に隠れたり、階段を上がり降りしたり大騒ぎだったようだ。
それなのに6年生の兄が、その音をピアノで弾いて怒らせたり・・・。

娘一家も何事もなく、朝を迎えたようで安心しました。
最近の台風はいつも大型で、直撃を受けるととてつもなく
大きな被害を受けます。自然災害の怖さですね。


    非常食特に用意はしていない  タンポポ



これではダメですね、いつか痛い目に遭うだろうと思います

バアさん〇〇ペイに挑戦する

カットとヘアカラーをするのに、美容院に行って来た。
ヘアカラーの液をつけて、洗い流すまでの間美容師さんが「スマホ持っている?」
「持っているよ」
「PayPay入れている?」
「うん、、入れている」
そんなやり取りをしていた。
「そしたら支払いPayPayで出来るよ」
「そうなん、じゃあPayPayで払うわ」

PayPayもLINEPayもキャンペーンの時、1,000円分がもらえるとあって
インストールをしていた。PayPayはyahoo!ショッピングの支払いに使ったので
残高がほとんどなかった。チャージをして支払おうとしたのだった。
チャージは出来たのに、なぜか支払いが出来ない。
二重払いになりますとか、色々表示される。
美容師さんと汗をかきながらやったが出来ない・・・?
「じゃあ現金で払うわ」と言うことで、いつものように現金で支払って来た。

リハビリに行って待ち時間に、納得できなくてYahoo!ショッピングで買い物を
してみたら出来た\(^o^)/
帰りにコンビニにも寄ってPayPayで支払えた。
いつも行くスーパーがPayPayで還元されるのかまだ確認していない。

クレジットカードと紐付けるか、その都度チャージするか・・・。
食品スーパーでPayPayが使えるなら、そして還元があるなら紐付けるのも
良いかなと思う。


10月1日

昨日は買い物に行く日だった。スーパーへは3日に1度行っている。
6枚切りの食パンを二人で食べると3日で無くなる。
だから3日に1度行く。食パンが焼き上がるのがお昼過ぎなので
買い物は午後からと決めている。
昨日は2時頃から出てリハビリに行き、その帰りにスーパーに寄ろうと
思っていた。っがだんだん面倒くさくなって、3時には「や~めた!」となった。
夕飯は冷蔵庫にある物で何とか食べられるし・・・。
朝食のパンも冷凍室にある。
すっかり買い物に行く気は失せていた。

夫が散歩に行くが何か買ってくる物はないか?と聞く。
う~~ん、そうだ明日から消費税が10%になるのだった。
やっぱりスーパーに行こうかな?
っと言うわけで、ちょっと遅めにスーパーに行って来た。
たいした物買っていないのに、26点税込み7,074円いつものように
カードで支払った。一品あたりの金額にそう高額な物はない。
なのにこの金額は高い。夫がいつ飲むのか解らないキリン一番絞り1,068円を
入れている、これが一番高額商品なのだ。

ただ最近買い物に行くと7,000円を超えることがちょくちょくある・・・。
決して贅沢をしている訳ではないのに。

そして帰って来てから、このスーパーは1日と15日はシニア割引(65歳以上)で
5%引きなのを思い出した今日行って同じ買い物をしても、今日の方が支払いが
少なくてすんだのに何をやってんだか・・・

次回の買い物は木曜か金曜、主婦歴まもなく50年のばあさん。
お世辞にもやり繰り上手とは言えない。

これは貧乏なのか?

先週の月曜日、8月の年金受給後、初めて出金と振り込みのため
ゆうちょ銀行に行きました。年金の受け取り口座はゆうちょ銀行です。
クレジットカードの利用代金は、ネットで確認出来るので
引き落としが幾らあるかは事前に解るし、ほぼキャッシュレスの
生活をしているので、引き出す金額は一月に5万と決めているのです。
これには夫のお小遣い2万も含まれています。
現金は3万あれば大抵足りる。
残れば涼しい顔で私のお財布に入ることもある

我が家は昨年の夏から、いや3年前のキッチンリフォーム以来、
大きな出費続きなのです。
昨年は冷蔵庫・洗面所のリフォーム・今年は私のパソコン・洗濯機・
車検、自動車保険・そしてエアコン等の出費が続いています。。
生活費は夫の年金です。私の雀の涙ほどの年金は生活費には
入れていません。
9月分の引き落としは、エアコンの代金約22万があるので、まだ確定では
ありませんが36万を超えています。
そして通帳の残高はこの日の時点で、このカードの支払金額を
きってしまいました
普段の生活費のほかに、こうも出費が続いては無理もありません。
カードの支払いは10万までに押さえたいと思っているのですが、
新聞代も日々の買い物も全てカードでとなると、なかなかそうも行きません。
次の年金の受給日は10月15日。そしてカードの引き落としは9月27日。
打ち出の小槌を振るとしましょうか。
ってそんな物があるわけもなく、仕方がないので
今週、私の口座から振り込んでおくことにします。

年金受給者の多くがそうであるように、夫の年金もだんだん目減りして、
最近は50万を少々切っています。
それでも大きな出費がなければ、ジジババ2人ならありがたいことに
十分暮らしていけます。ただ我が家は夫の医療費(薬代)がかさみます。
贅沢もしないし、旅行に行く体力もありません。

4年前の叙勲で東京へ行き、その後埼玉の娘宅へ行ったのが最後
遠出はしていません。
あのときは、一生に一度皇居へ上がる機会を与えられ天皇陛下の
ご尊顔を拝まねば・・・そんな気持ちだったようです。

ご馳走を食べに行こうにも、1/3の大きさの胃ではあまり食べられません。
精々100円ではない回転寿司くらいのものです。
長年働いて考えてもみなかった老後を送っているのです。
顔色を見ながらの生活は、古女房にもとても苦しいものです。



忘れていたけどマンションの共益費と修繕積立金の口座の残高を
記帳してこないと・・・。
毎月21,000円落ちています。残高不足で落ちなかった時は
管理事務所から手紙が入ります。


@記帳



     年金の記帳安心する口座   タンポポ

夫のお小遣い

100%年金生活になって以来、夫には月額20,000円のお小遣いを渡している。
タバコは辞めたし、パチンコもしなくなったし、外でお酒を飲むこともなくなったし、
自分で衣類を買うこともまずないので、お小遣いは減らないようだ。
大学病院や調剤薬局はクレジットカードで払うし、お財布のお金は殆ど減らない。
交通費と出かけた時の昼食等で、いつまてもあるらしい。
今月の初め、7月分として渡すとお財布にしまった夫が「財布に幾らあると思う?」と
聞いて来たので、「60,000?」首を振る「50,000?」当たらない。
当たったら食事に行こうと言う。
「人の財布の中なんか知らんわ!・・・」何と90,000だと言う

う~~ん、毎月20,000要るのかしらん?
ホント大きな物は買わないし、散歩のついでに牛乳を買ってきてもらったりしても
そんなに減るはずがない。

急性大動脈解離で運ばれた病院でずっとお世話になっていたが、今より良くなる
見込みはないし、現状維持ならと今年になって、近くの大学病院に転院したので
交通費もあまりかからない。おまけに帰りは散歩がてらに歩いて帰って来ることが多い。
お財布のお金が減らない筈だ。

ならば買い物をもっと頼もうと思っても、子どものお使いと同じできちんと商品名を
言わないと解らないあまり役に立たないジイさんなのだ。

さっき居眠りをしているのでそっとお財布を除いて見た。諭吉さんが7枚ある。
今日は29日、今月分を渡してから三週間以上は経っているが、今回は順調に
減っているようだ。
月が変わればまた渡す、要らないとは言わないだろう。

お中元

次女の婚家から、今年も早々お中元が届いた。
関西ではお盆を8月に行うので、お中元は7月15日以降8月15日まで
に贈ればいいと言われている。
先様より早く送るよう心掛けていたが、近年は先を越される
形になっている。
しかし7月1日に届くのは早過ぎやしないだろうか。



   @IMG_0388.jpg


結婚して49年半、お中元お歳暮に関して色々あった。
30年以上前、宅配業者は荷物を平気でご近所さんに預けたり
あるいはメーターボックスに入れてあったりした。
ご近所さんからは夕方届けていただいたものだ。


そんな中で困ったこともあった。
夫は国家公務員、その時期業者や関係者から色々届けられた。
これらは絶対受け取らずに申し訳ないが、拒否をするように
言われていてそうした。
役所での地位が上がると届け物が増えた。
ところが留守の間、ご近所さんに預けられたりメーターボックスへの
配達は困った。
手渡しでお返しできるならいいが、宅配業者に持ち込んで送り返した。
正直なところ、こんなのいただいたら子どもが喜ぶなと思うものも
多々あったのも事実。
そして公務員の合同宿舎だったので、宅配業者も解っていて
拒否をすると受け取っている人もありますよと言った。
実際宿舎の外の人からあからさまに、たくさんお届け物が来るのでしょ?と
言われたこともあった。

今住んでいるところに来てからも、メーターボックスへの配達やご近所さんに
預けることも多かった。

ちょうどその頃、夫は仕事上ややこしい問題を抱えていた。
大げさに言えば、業者からの贈り物を一切受け取らない姿勢を貫いたことで
穏やかな今の暮らしがあるといえる。
窮屈な長い公務員生活を無事に終え、叙勲も受けられた。

大方の公務員は同じようなことをしたのだと思う。

詐欺メールに注意

午前中iPhoneを触っていたら、メッセージの受信に気付いた。
義妹かなと思ってタップをしたら



@IMG_0370.jpg

この電話番号 090 7033 6432 は私のものではありません。
決して発信しませんように。
??ずっとリビングにいて、チャイムが聞こえないはずはないのにと思いタップをした。
するとの画面が現れた。(上部の安全ではありません)は、アップデート後ずっと出ている。
問題はこの画面です。


@IMG_0369.jpg


問い合わせ番号がないし、普通不在の時は不在票が入っている。
それにいきなりアップルIDを入力って
変でしょ。これは詐欺ですよっと言っているようなもの。


このバアさん、まだ呆けてませんよ。

あったあったありましたよ。ここ

今までクロネコさんや佐川さんの詐欺メールの存在は知っていたが
郵便局のもあったのか?って感じ。
あの手この手の、詐欺メールうかうかしてはいられません。
気を付けましょう。

エアコンクリーニング

一昨日業者さんにお願いして、エアコンクリーニングをした。
エアコンは3台あるが、1台は全く使用していないので
リビングと寝室の2台をお願いした。
2台で16,000円。安い方だと思う。とは言え毎年お願いするには
ちょっと高い。

ネットで見る限り業者さんもたくさんあって、料金の幅も広い。
我が家はこの10年ぐらい同じ所にお願いしている。

リビングのは年代物で、20年近くになる。買うとき値段が張ったので
おいそれと買い換えは出来ない。電気代を考えると最新のが良いとは思う。
しかし問題なく動いている物を、廃棄処分にする気は毛頭無い。
今回も「古いので滅多に無いことではあるが、掃除をして故障と言うことにも
なりかねない」と言われた。
その時はその時と言うことで、お願いしたのだった。

パネルを外して中を洗うと、真っ黒な水が出る。埃や黴なんですね。
きれいさっぱりこれで、いつでもエアコンが使える。
ただ真夏の暑いときに、故障をしないように願いたい。

しかしそろそろ買い換えも、視野に入れなければならないだろう。
年金暮らしには大きな出費だ。



前にも書いたことがあるが、実はこの業者さん濱根隆さんという、
大阪の吉本興業の芸人さんなのだ。

芸人さんとしての濱根さんは知りませんが、副業で始めたエアコンクリーニング業が
順調でとても忙しいらしい。
いつも二人でやって来る。最初にお願いしたときは、新喜劇でポットと呼ばれている
芸人さんと一緒だった。当時このポットさん(帯谷さん)は金銭問題で謹慎中だったとか。


  浜根
        
      濱根さんは右端の方ですね。    ※画像はHPからお借りしました。


頭髪は真っ白になっていました。
やっぱり芸人さんですね、ちょっとしたことが面白いです。


   @IMG_0355.jpg


       ありがとうございました。またお願いします。








BBからHBへ

これは貧乏バアさんからハッピイバアさんへの略ですね。

困ったことに、日本では「女の老後」が貧乏になるように
できているのだそうです。


日本の高齢女性は、実は「BB」=「貧乏ばあさん」ばかりなんだそうですよ。
日本は他の先進国に比べて女性の就業率が低く、就労しても、結婚・出産、
夫の転勤、親の介護などの事情で、途切れ途切れの細切れになりがち。
さらに、多くの場合、男性よりも低賃金でパートなど雇用が不安定なため、
年金をはじめとする社会保障につなが りにくいことが、「BB」を大量発生させて
いる原因とのことです。

確かに夫が生きていれば、妻の年金が少なくても生活は成り立ちます。
でももし夫に先立たれると、年金は6割、限りなく5割に近くなると聞きます。
たくさんの預貯金があれば良いのでしょうが、みんながみんなそうとは限りません。

現に私は結婚が早かったのもあり、厚生年金は11ヶ月しかありません。
アルバイトで町役場に勤めましたが、当然厚生年金はありません。
そして国民年金も満額ありません。
年金は微々たる物です。夫がいないと食べてはいけません。
この50年近く夫の収入に頼っています。

我が家も病気療養中ですが、生きて年金は満額受給しています。
国家公務員だった夫は、早期退職後、二社の企業に勤め厚生年金も
約10年分受給しています。
これはとても有り難いと思います。


今更どうあがいても、夫の年金なしではハッピイバアさんにはなれません。
そして私が先に死んでも、夫の生活水準は変わりません。


  @IMG_0279.jpg

     
     生活のため先に死ぬなと言うておく   タンポポ

GWもPWも関係ないな

365連休のジイさんバアさんには、10連休も何も関係ない。
キャッスレスの暮らしは、手持ちの現金もたくさん要らない。
26日にATMで振り込みをしようとしたら、長い列だったので、
止めた。
カード会社からは、4月の引き落としはいつもは27日だけど、
今回は連休明けとの連絡が来ている。
そうは言っても、年金以外に収入のない我が家には、これも関係ない。

何も大混雑するこの連休に、敢えて出かけることもないし・・・。
どこかへ連れて行けと、ギャアギャア言う子どももいない。
世間がPWだGWだと、わいわい騒ぐのを横目で普段通りの
生活を送っている。
マンションの駐車場を見ても、車がたくさん出払っているようには見えない。
築年数が経って、住人の高齢化が目立っているので、我が家のような
年金生活者が多いからだと思う。

ただ医療機関の休み中、体調を崩さぬように気を付けねばならない。


テレビとビデオリサーチ

私はあまりテレビを観ない。テレビは嫌いと言う方が合っている。
反して夫はよく観る。
したがって私には、チャンネル権がない。

人の点けているテレビはうるさい。ましてや、かなり耳の悪い夫は
大きな音量で観ているのだ。
ニュース・野球・大相撲・国会中継、お昼のワイドショーetc・・・。
チャンネルはほぼNHK。大河ドラマは欠かさず見るが
民放のドラマやバラエティー番組などは観ない。何が面白いのだか・・・。
そのくせソファーにかけて、テレビを観ていると居眠りスイッチが入り
気持ちよく寝ている。
テレビが消えるとホッとするのである。

これを打っていると、チャイムが鳴った。
出ると、ビデオリサーチだと言う。
中学生から74歳までが対象者だという。
なんでも半年間毎日、向こうから送ってきたタブレット端末で
アンケートに答えるらしい。
約30分かかると言う。もちろん多少の謝礼はある。
参加していることは他言しない、タブレットは持ち出さない等の約束事がある。

一応話は聞いた、出来なくはないが面倒なので断った。
テレビや新聞で、ビデオリサーチ調べという記事を見かけるが、一軒一軒訪問して
対象者を探しているのだと知った。

あれから24年

阪神淡路大震災から24年経った。
今思い出しても怖い、時間だった。
そして信じられない光景を目にした。


今朝何か気配を感じて飛び起きたのが、午前5時45分。
ベッドの上で身構えていた。46分、47分長い時間に思えた。
何事もなく過ぎた。

朝食を済ませ洗濯機を回す。きれいな水がジャーと出る幸せに感謝。
ガスが4週間水道が3週間止まっていた24年前。
この今の普通のことがありがたい。

今まで何度かここに記しているので、リンクを貼っておきます。
興味のある方はどうぞ。

震災記念日。  あの日から。    振り返って。  震災余波。  ライフライン。
17年経ちました。  1月17日。  19年。  1月17日。  思い出すままに。  
1.17。    1.17 23回目。  続1.17。

リフォーム

昨日は水回りの最終リフォーム、洗面所のリフォームをした。
築27年ともなるといろいろ不具合が出てくる。
特に水回り。洗面所は蛇口が固くなって不自由をしていた。
ちょうど一年前、業者に来てもらい水栓を取り換えたここ
その時、蛇口の芯?が摩耗しているので、次に固くなったら
全体を取り換えねばと言われていた。

使用頻度の高い水の蛇口がすぐ固くなって、よほどきつく締めねば
ポトポト水が落ちるようになった。

思い切ってリフォームをするかということで、昨日のリフォームとなった。
周りのクロスも床も張り替えるので、結構大掛かりになり痛い出費となった。
洗面所、トイレ、お風呂が一段上がったところにあり、今後のことを考え
今までなかった手すりを付けることにした。

工事中はトイレに行きにくいし、トイレを済ませても手を洗えない。
もちろんトイレ内でも手は洗えますが独立した手洗い場ではないので、
いつも洗面所で洗っている。仕方なくキッチンで洗う。

業者が9時に来て、古い設備を外して運び出したり、クロスをめくったり。
全部ひとりでするのかなと思っていたら、午後から話し声がする。
クロスを貼るのは別の職人さんだった。

クロスと床を張り替えて、洗面台を搬入し設置する。
今時の排水管は蛇腹になっているが、管理組合からは、
年に一度の排水管の清掃のため、塩ビ管を使うよう言われている。
別料金である。手すりは後から発注したので職人さんに直接払った。
これが高い、35,000円もする。もっとも取り付け場所が、やわなため補強を
するので高いのだと思う。

6時過ぎに完成引き渡しとなった。
トイレのリフォームはクロス張りがメチャクチャ下手な業者だったので、
手すりを付けたが、全体の工事費も安かった。

新しい洗面化粧台は、もちろんLEDで恥ずかしいほど明るい。
それに鏡の背も高く、横の収納も高い。背の低い私にはちょっと使いにくい。
毎日使うものは一番上には収納出来ない。おまけに棚の奥行きがない。

何とか昨日のうちに取敢えず、収納するものは収納したが、
もう少し考えて、使いやすいように収納をせねば・・・。
収納場所が変わって、今朝、髪をとこうと手を伸ばしたが、
そこにブラシはなく一瞬考えた。
慣れるまでは何日かこんな状態が続くのだろう。

   @IMG_0019.jpg


  @IMG_0021.jpg



100名様限り

いつも行くお気に入りのスーパーのチラシには、
先着100名様限りの特売がよくある。特売品は野菜が多い。
買い物に午前中行くことのない私は、恩恵に預かったことが
今までなかった。
昨日、用があって出かけたついでに、午前中スーパーに寄った。
チラシが入っていたかどうか解らなかったが、運が良ければ
何かgetできるかな?と思いながら、店内を進むと
ありました!大きな立派な大根が138円。先着100名様
これを見逃す手はないと、カゴに入れましたとも。
何に使うかも考えないで・・・。
3回ぐらい食べられそうな、立派なこの大根を、どう料理しよう。
1回は秋刀魚を焼いて、おろし大根・・・。
あとはミンチと炒めようか?もう1回は煮物かな?

暖冬か?

もう11月も半ばだというのに、この暖かさは異常だ。
どうやらエルニーヨ現象らしい。
2~3日前、夜中に目覚めたら真夏か?と思うほど
べっとり汗をかいていた。

我が家はもう50年近く、暖房を入れるのは11月17日以後と
決めている。
17日は長女の誕生日なのだ。
毎年この時期になると暖房がほしくなってくる。
子供たちが小さい時からずっと、そうしてきた。
この何年かは、暖かいので17日にまだヒーターを
出していないことも多い。
今年もまだ出していない。

思い起こせば48年前の昭和45年、早朝に陣痛が来て病院へ
行くときかなり寒かったのを覚えている。

面白いもので、二人の娘たちも暖房は17日以降と
決めているようだ。
まあちょうど良い時期に誕生日があるってことなのだが・・・。

さて今年はいつヒーターの出番が来るだろう。
春のガスの点検で、ホースの劣化を指摘されている。
ヒーターのガスホースを、買ってこなくちゃ。

喪中のお知らせ

11月に入ってから、喪中葉書きが何枚か届いた。
我が家も今年は、6月と8月に義兄が続いて亡くなったので、
挨拶状を出すべく、葉書を買ってきた。
版下を作り、プリントをした。挨拶状はすべて夫と連名にした。

う~~ん夫を知らない人にも、連名で出すのは
ちょっと抵抗があるが、まあいいか。
.そうだ、ラインのやり取りをしている友人には、ラインで知らせよう。
そんなのありかな?と思いながら、ググってみると
当節の事情からどうやらありらしい。

LINEスタンプも喪中用のがあるので、購入し、
短い挨拶とともにスタンプを送信した。
メールのやり取りをしている人にはメールで。
葉書きを出すのは18枚になった。

昨日のうちに投函をして来た。
夫も私も年末の大仕事が、一つ片付いた。

台風に備えて

またしても台風が来る。21号の影響がまだ色濃く残っているというのに。
1ケ月に2回は要らないなあ、とは言っても来るものは来る。
21号のように停電も断水も困る。
取りあえず昨日、新しい懐中電灯を二個買ってきた。
家にある小さなランタンは、接触が悪いのか点いたり消えたりする。
懐中電灯は、今のLEDライトに比べると暗い。
昨日の午後、Y電気で買ったのだが、レジに行くと「さっき入ったのですよ。
午前中来られた方は買えませんでした」と言う。
我が家も21号の後、夫が買いに行ったが、なかったと言って
センサーライトを買ってきた。それでは約に立たないので、返品したのだった。
その後スーパーの二階にある百均へ行くと、たくさんの人が電池を買っていた。
安いけど私は買わない。理由はここ
全部が全部ではないと思うが、液漏れしたら困るのでメーカー品を買っておく。
友人は100均の電池を買って、冷蔵庫に入れておくと言う。
私は初めて聞いたが、昔噂として広まったらしいが、これも×のようだ。
明るすぎる懐中電灯も揃えたが、どうか停電しませんように。
エレヴェーターは停まるし、固定電話も使えない、そしてインターフォンも使えない。
もちろんシャワーもダメ。
電気に頼り切っている生活に、警鐘をならしているのかも知れないが
街中でしかもマンションで、薪でお風呂を沸かすことも出来ない。
子どものころは台風が来ると、ほぼ100%停電になっていた。
2~3日電気が点かないのは当たり前だった。
祖父が石油ランプの用意をしていた。
お風呂は薪だったし、トイレは・・・。
台所もご飯はお釜で炊いていたし、、そうそう不便はなかった。
今ほど電化製品がなかったのだ。

欠品続く

北海道の地震の影響で、我が家がいつも買っている牛乳が
店頭から消えた。
生乳の入荷見通しが立たないそうだ。

そうじゃなくても、乳牛の夏バテ、乳牛飼育の減少と牛乳が
減る傾向があると新聞に載っていた。
そういえば、私の故郷淡路島はこどものころ、「花とミルクとオレンジの島」の
キャッチフレーズだった。
当時はどこの家にも、白と黒のホルスタイン種の乳牛がいた。
今は実家にもいないしお隣にもいない。

欠品は牛乳だけではない。
スーパーの棚のあちこちに台風のため、或いは地震のため
入荷の見通しが立たないと、張り紙がある。

そして野菜が高い、おまけに品物が良くない。そしてこれらも品薄である。
一日も早く値段が安定し、品物が所狭しと棚に並び安心して買い物が
出来るようになって欲しい。

年金生活

今月は一円の収入もない寂しい月です。
私は厚生年金のある会社では、11か月しか働いていません。
21歳と9か月で結婚しましたが、それまでは田舎の役場でアルバイトを
していました。
当然社会保険はありません。
おまけに国民年金は、結婚後しばらくして収めるのをやめてしまいました。
高々数百円だったと思いますが、生活が苦しかったのでしょうか。

ずっと後になって保険の空期間があるのが解り、その分収めようかとも
思ったのですが、結局収めないまま年金を受給する歳になりました。
だから受給金額は86,000円ぐらいしかありません。
でも私の年金は生活費には入れないで、何とか暮らしています。
頼りは夫の年金です。
夫は59歳まで勤めた国土交通省の共済年金と、その後約10年勤めたので
厚生年金があります。
それなりにもらっている方だと思います。
耐えがたきを耐え忍び難きを忍んでの今があると思います。

義妹の婿さんが倒れて2年間、意識不明のまま逝ってしまいましたが、
生きている時に「金づるやから生きていてもらわなあかんねん」と言いました。
配偶者が死ぬと6割になると言いますが、限りなく5割に近くなると聞きます。
夫は11回も手術をして、それでも何とか苦しい思いをしながらも、生かされて
います。私にとってはありがたいことです。
もし私が先に死んでも収入面で、夫は痛くも痒くもありませんが
夫に先に死なれると、私の生活は大きく変わります。

我が家の医療費は、よそ様と比べると非常に多いです。
それでも何とか暮らせているのは、とてもありがたいなあと思います。
今年の7月から夫は後期高齢者になり、医療費が一割になったので
助かります。
もちろん貯金が出来るほど年金はありません。
それでも約500日の入院費も払いました。何とかなるものです。

自慢じゃありませんが、家計簿をきちんとつけたことのない私。
今キャッシュレスの生活をして、カード利用のお知らせがメールで届くので
大まかに把握をしています。
カードの月々の支払いを、10万までに抑えたいところですが、超えることが
多々あります。
もっと財布の口を締めればいいことは、重々解っているのですが、
長年の丼勘定は、しっかり身についています。
要るものは要る、その考えからも抜けられないでいます。
10月の年金受給日まで、一ヵ月あります。長いなあ。

年金でちゃんとご飯が食べられる   タンポポ

台風21号から一週間

27時間の停電と20時間ほどの停電で済んだ、台風。
我が家は台風前の生活に戻っています。
ただまた停電があるかも、断水があるかもと言う思いがあって
空になった2リットルのペットボトルが捨てられないでいるのです。

北海道を襲った大地震で、こちらの台風はすっかり過ぎ去った感が
ありますが、いえいえなかなか・・・。
停電もまだ一万戸ぐらいあるそうです。
義妹の孫が通う県立高校は、やっと今日から授業再開だそうです。

タンカーがぶつかって破損した、関西空港の連絡橋は来月上旬の
運転再開を目指しているとのこと。
それまで国際空港の役目を十分に果たせません。

浜に近い川柳仲間の家は、床上浸水で後片付けに追われています。
我が家は20号の台風から、玄関扉やポーチ、廊下が雨に叩きつけられ
木の葉が飛んでひどい有様でした。
昨日臨時に業者が入り、掃除が済みました。
そして嬉しいことに最近少し涼しくなったので、先ほど玄関のドアも
拭きました。

本日のメインディッシュ

     本日の一品

          画像は前回食べた時のものです。

名前はありません。
材料は、納豆・キムチ・マグロを適当に混ぜたものです。
っが、これがおいしい。
びんちょう鮪の特売日は、わがやの夕飯はこれに決まりです。
何より安上がりですから・・・。



台風の影響と地震の影響で、スーパーの売り場はいつもある商品が
入荷していません。
スーパーの激戦区の中にあって、私が一番よく行くスーパは
台風のあくる日と、その次の日の2日間休業でした。
2日とも前を通って、休業を確認したのでどんな大きな被害を受けたの
だろうか?とちょっと心配していました。
停電のため休業せざるを得なかったそうです。
ただ開店しても、今日の時点で欠品がかなりあり、入荷のめどが立たない
旨の張り紙があちこちにありました。
何分大きな台風と地震です。野菜類の入荷が心配です。

続台風21号

買い置きのペットボトルの水で歯を磨き顔を洗った。
時々外を見るが真っ暗。ヘリコプターが何度も飛んでいるのが気になった。
することもないし、早々ベッドに入ったが暑くて寝付けない。

眠ったと思ってもすぐ目が覚める。一時間おきぐらいに起きた。
6時だったか洗面所の蛇口をひねると、水が出た。
慌てて、昨日そのままにして寝た食器を洗う。
いつもは食洗器であらうが、途中で断水する可能性もあると思い
乾燥だけ食洗器を回す。

復旧したのは、停電から27時間後の17時。
そして6時から1時間、非常用のポンプを使って給水すると掲示板に
紙が貼られた。
急いでシャワーを浴び洗濯をする、段々水道の出が悪くなってきて
途中で止まるのでは?と思ったが、無事に最後まで済む。

結局、水道は昨日の6時から、、ずっと出ている。
でもまた断水になるかもと不安はある。
停電になると、電気のコンセントに挿す、今の電話機は役にたたない。
エレヴェーターは止まる。信号も消える。

私が一番よく行くスーパーは、昨日今日と閉店していた。
どんなに大きな被害を受けた のか気になる。
今日病院へ行ったので、処方箋をファックスで送った。
ところがスーパーの二階にある処方箋薬局なので、
受け取ることが出来なかった。
処方箋の有効期限は4日間、それまでに開店してもらわねば・・・。

そこへ北海道で起きた地震。まさに災害列島日本だ。
もう大きな災害が起こりませんように。

台風21号

今回の台風は大きくて本当に怖かった。
窓ガラスは大きな音を立てるし、リビングから見える太い電線が
狂ったように揺れている。
ソファにかけていても、見える大きく揺れる木々。
目を凝らすと電柱も左右に揺れていた。
台風の通過中、二人の娘とLINEでつながっていた。

電気が何度か瞬間的に消え、その後で本格的な停電になったのが
午後2時少し前。
阪神大震災の時、電気が一番早く復旧(約30分)したので、甘くみていた。
否台風に対して、軽く見ていたと言える。
2時間以上経って、やっとただ事ではないなと思った。

気が付いたら断水もしている。いよいよ困った。
何時間停電するか解らないが、冷蔵庫の中が心配になってくる。
極力開けないようにはしていたが、まったくと言うわけにもいかない。
停電と断水と言っても夕食の時間が来る。

幸いにガスだけは出ていたので、簡単に用意は出来た。
懐中電灯の灯りで食事を終えた。
昨日は湿度が高く、蒸し暑かったのでクーラーを点けていたのに
突然消え、暗いし暑いし・・・。

何時だったかキッチンの蛇口をあげてみると、水が出たやった!
これでシャワーを浴びられると思ったのもつかの間。
水もガスも出ていても、停電ではお湯が出ないことに気づきガックリ。
便利さがあだになった。
ここでお風呂に少し水を張った。

食事を終えて洗い物をしようとしたらまた断水。
仕方なくそのままにしておいた。

失敗

当地先程まで、暴風雨が吹き荒れていました。 
今はちょっとましになっている。 
停電して一時間15分過ぎた。 
あ~何て馬鹿なんだろう。 
今朝はお風呂に水をはっておかないとね、 
と思っていたのに。
先程思い出して、お風呂に行くと一滴の水も出ない。 
飲み水はあるが、問題はトイレ。困ったな。 
こんなに長い時間停電なのは、阪神大震災でもなかった。
水は3週間止まっていたけど、今は困る。 
早く電気がつきますように。
水道も復旧しますように。
ガスは出ているけど、困ったな、

窓ガラス

ずっと窓ガラスが汚れているのが、気になっていた。
拭かなきゃ拭かなきゃと思いながら、暑さに負けて汚れたままにしていた。
そして次女がお盆に帰って来た。
余程汚かったのだろう。それは私が一番判っている。

ある日、「今日はT(孫娘)とガラスを拭くから、用意しておいて」と言ったので、
雑巾とワイパーを、出しておいた。
ベランダ側の6枚をきれいに拭いてくれて助かった。

なのに先日の台風で、また少し汚れてしまった。
今ならサッと吹けばきっときれいになる。でも暑くて嫌だ。
少し涼しくなったら、よっこらしょと重い腰をあげようかな。

連絡網今どき事情

我が家が子育てをしている時、クラスの連絡網、地区の連絡網があった。
なかなか最後まで回らないという欠点もあった。
自治会の役員をしていた時も、役員の連絡網があった。

今は、個人情報保護で電話のクラス連絡網はないのだと言う。
みんなメールの一斉送信だそうな。
時代は変わったのだと思う。LINEもありかもしれない。

義妹は、出産直後亡くなった嫁さんが残した子どもを2人育てていた。
今は何とかCメールをしているが、当時Eメールをしない義妹には、
学校から電話があったと聞いている。

昨日古くからの友人にCメールで、LINEはしている?と聞いてみた。
しばらくして電話がかかって来た。娘たちはLINEがどうのと言っているが、
そんなややこしいもの私はしていないと言う。
よくよく聞いてみればスマホではなかった。
何か月か前まではガラケーでLINEが出来ていたが、今LINEはスマホ
のみになっていると聞く。残念!

7月19日エレヴェーター工事完成!

当初の予定通り昨日、エレヴェーター工事が完成した
出かける時、作業員さんが愛想よくご不便をおかけしています。
もうすぐ動かせると思います。と言っていたので期待はしていた。
風も通らないエレベーターの箱の下で、作業は大変だろうと思い、
声をかけてから出かけた。

外出から5時過ぎに帰ると、まだ中で調整をしていたが「乗れますよ」
ということで5週間ぶりに乗って上がって来た
全体は383戸あるが、我が家の建物は戸数20戸。
小さなエレヴェーターでも、やっぱりあるとないとでは大違い。嬉しい。
これで重い水ものも買って帰れるというもの。

新しいエレヴェーターは、かなりお喋りです。
今まではなかった手摺と鏡が付いた。
   

    @IMG_1353.jpg

エレヴェーター工事 3

  @R0024379.jpg

は今日現在の様子。左の壁にはエレヴェーター用のインターフォンも付いた。
完成まであと12日、待ち遠しい。
小さなエレヴェーターだけど、ないと不便だ。
3階までは34段の階段がある。

5階建ての建物は、エレヴェーター設置の決まりはないが、
これがあることで当時は、付加価値があったのだと思う。
ここに越してきたときは、各階停止の設定になっており、ええーい!辛気臭いと
エレヴェーターを使わず上り下りしたものだ。
若かったなあ。43歳だった。今の次女より若かった。
建物も人も順調に老いている。

平和な日本

2~3日前カーラジオで聴いたキャッシュレスの話。
日本はなぜキャッシュレスが進まないのか?と言う
話をしていた。
それは一言「日本は平和だから」だった。

町のあちこちにATMがある。
スーパーにも大抵ある。
そしてもう一つ、レジ係が非常に真面目で優秀である。
これだそうです。
ごく偶に日本でも、ATMが盗まれることもありますが、
滅多にない。
平和な日本、ありがたいと思う。

アメリカに行った時、娘たちとスーパーに行き、
レジのおばさんが、後ろのレジ係と大きな声で笑いながら
レジを打っていたのには、びっくりしたものだ。
次女に聞くと「いつもあんなだよ、日本人は真面目だなと思う。」
と話していた。

日本のスーパーのレジ係は、本当に粛々とこなし、丁寧だなと思う。
私はキャッシュレス派だが、ラジオを聴いて納得した。
威張ったことではありませんが、私は結婚以来、家計簿を真面目に
付けたことがないので、今のキャッシュレスの生活は、その日に遣った
金額が解るので重宝している。

この平和が続く限り、日本にキャッシュレスが浸透しないと思う。
日本のキャッシュレスは、たったの20%だそうな。
デンマークでは2030年に現金を廃止すると発表しているそうです。
まあ現金を廃止と言うのも寂しい気がしますが・・・。


運転免許

ここつれモナを拝見していたら、免許証のことを書いておられた。
きなこさんは最近グァムから、大型犬を連れて日本に帰って来られた。
詳しくは左のリンクからどうぞ。

我が家の次女夫婦は、婿さんの仕事でアメリカ・メリーランド州に
2年間住んでいた。もちろん日本で国際免許証を取得して行った。
ところが1年以上の滞在は、国際免許証では違反になることが
解り、州の運転免許を取得することになった。
婿さんが先に取って、次に娘が取ることになった。
中古の日本車を買ったものの、乗れない。

教習所へ行くのにバスで通った。
広いアメリカ、バスがあるにはあるが、非常に不便だったらしい。
結婚式が9月、日本を発ったのが10月、教習所へ通い始めたのが
1月だったか。寒さと時間との戦いだったようだ。

もちろんテストは英語、通常の会話も十分でない身には厳しかった
ようだ。
筆記試験をパスして、実技試験を受ける。
自分の車を持ち込めるので、当日は婿さんの運転で行った。

無事にパスをして写真を写す時「Smile!」と日本では考えられない
事を言われたそうだ。
日本の免許証の写真は歯が見えてはいけない。
娘にとっては、ここまでの道のりが遠くて辛くてとても笑顔にはなれなかった。

こんなことを思い出していた。
長女と孫と3人で行ったとき、何の苦もなく乗り回していたので安心した。
ただ左側通行の日本と違い、右側通行のアメリカでは左折に戸惑うと
言っていた。
2年間とはいえ、何も出来ない娘がよく暮らせたと思う。

エレヴェーター工事2

朝からエレヴェーターのコンクリートの斫り工事。
もうそれはそれは、煩いったらありゃしない。
頭が割れそう。
ガッガッガッガー家の中で、工事をしているのかと思う。
明日もこの工事がある。

明日はせめて午後だけでも逃げ出そう。

エレヴェーター工事

築27年になるわがマンション?集合住宅か?
購入した時は、時期が悪く、かなり高い物件だった。
今でもその金額なら、高級なマンションが買える。
そこそこの戸建てだって買える。
ローンの金利も高かった。
せっせとローンを払っていた平成4年、阪神淡路大震災が起きた。

そして一気に資産価値が下がった。
もうこのままここに住み続けるしかなくなった。
震災から23年、2度の大規模修繕をしている。
そして去年から順番にエレヴェーターの工事をしている。
高層棟は約2週間の工期。
低層階は5週間の工期、その間ずっとエレヴェーターは停止している。
低層棟のエレヴェーターは、型式が古く小さなもので、もう部品が
なくなるということで、篭ごとすっぽり取り換える。
当然、コンクリートの斫り工事もある。

我が家は低層棟の3階。34段の階段がある。
それでもエレヴェーターが使えないのは、膝の悪い私には辛い。
特に荷物があると、エレヴェーターの有難味がよく解る。
建築当初なかった手摺は、最初の大規模修繕で片方だけ付いた。

建物も人も順調に老化している。
工事はやっと1週間過ぎた。まだ4週間ある。
毎日それなりの騒音がある。
明日、明後日の2日間はコンクリートの斫り工事がある。
どんな音がするのだろうか?お腹に響くような音だろうか?

工事が始まるまでに、重いものは購入してあるが、元々何日分も買い物が
出来ないので、2日に1回ぐらいは買い物に行く。
こまめに行く方が荷物が軽くていい。

リュックに入れて背負って帰るのは夫の役目。
ただ痩せこけたジイさんは、リュックがあまり重いと、肩ひもが肩に食い込んで
痛いらしい。
ホイホイとカゴに入れると、駐車場から家までえらい目に遭う。
スーパーでは、時々カゴを持ち上げて、重さをみる。


   @IMG_1220.jpg


続きを読む

キャッシュレス

今日は3か月に一度の、市内にある大学病院の予約日でした。
もう40年以上通っています。
診察が終わって、ファイルを計算窓口に出したとき、待ち時間は20~30分と
出ていたのですが、すぐに、30~40になりました。
かなわんなあと思いながら、仕方なく椅子に座って待ちました。
実際30分以上待ったと思います。
私の番号カードは1009番でした。先に処方箋をFAXで送っておきました。

モニターに1000番まで出来ていますの表示が出て、お財布と診察券を
だして支払いを待ちました。

この病院は今まで、2000円以下の支払いではクレジットカードが
使えなかったのです。
私の番号が出たので支払い機に並びましたが、6台の支払機には長い列が
できていました。
順番が来て、空いた支払機に向かうと「クレジットカードが使えます」と
各社のクレジットカードの見本のシールを貼ってあります。
今日の支払いは960円、診察券を入れダメかなと思いながら
クレジットカードを入れると照会中ですと表示。おお!
暗証番号を入れて支払いは済みました。

やっぱりキャッシュレスは便利だなと思いました。


スマートに暮らす私のキャッシュレス   タンポポ

マンションの役員

私が住んでいるマンション?集合住宅は、13棟あり5階建てから12階建てまである。
戸数は383戸ある。
買った当初はバブルがはじけた直後で、まだまだそれなりのお値段であった。
申し込みはしたものの、今の間取りで補欠の23番だったと思う。
それが当たった方の多くが、購入に至らず、補欠の我が家まで回って来た。
運が良かったのか悪かったのか、バタバタと話が進み今に至っている。
築27年を経過しているが、管理がしっかりしておりそう古びて見えない。
ただ建物の古さよりも、住民の高齢化が目立ってきた。

ここには自治会と管理組合があり、どちらの役員も輪番制で回ってくる。
輪番制でありながら頑なに拒否をする人もある。
高齢者ならわかるが、若い人にある。
5月には両方の総会があり、役員交代となる。
我が家は2年間、私が自治会役員をして、夫が今管理組合の役員をしている。
先日管理組合の、新旧役員の顔合わせがあった。
御多分に漏れず、80歳代の高齢者が何人もいたらしい。
昨今の役員は、ほとんどの場合PCの操作が必要になってくる。
高齢者もPCを操る人はいっぱいいる。でも全く触ったことのない人も
あるだろう。
しかし今、80歳以上は役員免除といかない。
90歳以上の方がいったん受けたが、後日断ってきた。
それはそうだろうと思う。
何より私が20年先に、役員を引き受けられる自信はない。

この先、自分たちで維持できる限界が来るに違いない。
今の状態を維持するためには、管理をきちんとしないと、
いわゆる限界マンションになってしまう。
難しい問題だと思う。
いつまでここで暮らせるか解らないが、そうなっては困る。

もちろん売りに出る部屋もある。しかし新しい入居者は若い世代と
は限らないのだ。
我が家と同じフロアーには、90歳代と80歳代の高齢の夫婦が
3年ほど前に越してきた。高齢になって戸建てでの暮らしが
難しくなったので、エレベーターのあるこちらへ越してきたそうだ。

快適とは言えないまでも、それなりに気持ちよく暮らしたいと
思う。
そのためにはしっかり管理をしていかないと・・・。

続1・17

昨日書き忘れたことを少し補足。
水もガスもない生活は、この時まで予想もしていなかった。
そんな中で水道管の裂け目から水が溢れ、臨時の水くみ場になった。
反対側の通路では、下水管からも溢れトイレ用にバケツに汲んでもって上がった。

震災から4日目ぐらいだったか、新聞を見ていると大勢の死亡者の住所があった。
その中に、親友の家の近所の住所があり、初めて親友の家の辺りも大きな被害を
受けていたことを知った。
すぐさま原付に乗って親友の家に駆け付けた。道路から家が建っているのは見える。
しかし家に続く道には、潰れた家がせりだし近づけない。
少し先に行ってみると、がれきの上に畳を敷いて歩けるようにしてあった。
そこを歩き友の家の玄関前で、Kさ~んと何度か叫んでいると、右隣の方が
「Kさんは小学校の体育館に避難していますよ」と教えてくれた。
元々この地に住んでいて、我が家の子供たちも通った小学校である。土地勘はある。
体育館に着きドアを開けると、この何日かテレビで見ていた避難所の光景が広がっていた。
Kさんいませんか?と叫びながら歩いていると、私を呼ぶ声が聞こえる。
振り向くと次女の同級生のお母さんだった。
「Kさんは舞台の上よ!」と教えてくれた。
舞台へ近づくと居た!Kさんと呼びここまで気を張って来てよかった。
再会と無事を喜び抱き合って泣いた。

この未曽有の大震災の後も、日本列島は大震災に見舞われている。
そのたび避難所の風景を見ると、あの時のことを繰り返し思い出している。

1・17

阪神大震災から今日で23年である。
やはり今年も、地震のあった時刻に目覚めた。
どうしても夫婦の話題は、あの日のことになる。

時計を見ながらこの時間はどんなことをしていたか、思い出してしまう。
我が家は阪神間にありながらも、ごくごく小さな被害で済んだ。

一瞬で停電し、水が出なくなり、夜にはガスも出なくなった。
電気は約30分で復旧したものの、水は3週間、ガスは4週間止まっていた。

ATMも開いていない。
スーパーには、いつもなら有り余るほどある食料品も品薄で買えない。

電車はJR、阪急、阪神とも動かない。
国家公務員だった夫は、当日電車通勤をあきらめて自転車で出直したが、
阪神高速道路の倒壊現場を見て、眩暈をおこし帰って来た。
翌日から魔の自転車通勤をした。建物の倒壊現場を避け、迂回して西へ西へと
ペダルを漕いだ。

有事の際こそ出勤せねばならぬ立場の公務員、17日に欠勤したことを
退職の日まで悔やんでいた。
職場まで何キロあったかわからないが、かなりの距離であることは間違いない。
よく頑張って行ったと思う。当時51歳まだ若くて元気だった。

徐々に復興し4週間後、ガスが出てお風呂を沸かせた日の喜び温かさを
何度も何度も浴槽に手を入れて娘と喜んだ。

私は水が出ないこの期間、重い水を運んで股関節を悪くし、
のちに両脚の股関節を人工関節置換術を受けた。

過去記事の1月17日はもう少し詳細に、震災関連を書いてあります。
興味のある方はどうぞ・・・。

被災地へ急ぐ背中の水の音  天根 夢草

コーヒー

我が家の朝は夫が先に起きる。
そしてゴミの日は、夫が出してくれる。
だから長期入院をされると、非常に困る。

私が起きてくると夫は、食事中あるいはもう終わっていたりする。
もちろん毎朝は沸いている。

2週間ぐらい前、コーヒーが残り少なくなったと言うので、
いつものスーパーでいつものコーヒーを買ってきた。
コーヒーメーカーには、ミルが付いているのだが
コーヒー通でもないしと、豆の挽いてあるのを買う。
いやそのつもりだった。

そして缶に移し替えて、いつものように沸かした夫。
私が起きてきたとき、今日からコーヒーが変わった。
何時ものより白いという。?間違えて買ったのか。
私は数年前のある事件から、自宅ではブラックが飲めなくなっていて
マグカップに残った牛乳の上に、コーヒーを注いで飲んでいる。
その時、白っぽいと言ったけどコーヒーはの色は濃いし、いつもより苦いなと
思いながらも、たいして気にすることなく飲み干した。

そして片付ける時、フィルターを捨てようと蓋を取った
フィルターが空っぽ、わずかに粉が残っているだけ。
夫にフィルターの中身すてたの?と聞いてみる。
もちろん返事は

はぁ~~なんと、レギュラーコーヒーを買ったと思ったのに、
インスタントコーヒーだったというお粗末
それにしても夫婦二人して、コーヒーの味など解っていなかったのだと
笑い話でもあり、情けない話でもある。

あくる日売り場で確認しましたとも。
レギュラーコーヒーは売り場の左の方、インスタントは右のほう。
確か左の売り場の商品をカゴに入れたと思うのだけど・・・。
持ってみると重さが全く違う、インスタントは非常に軽い。
気付かなかったとは、主婦歴48年目の大失敗。
仕方ないので、いつものレギュラーコーヒーを買って
一件落着と相成りましたが、今後こんな失敗は多々あるような気がする。

済みコーヒー


コーヒーをブラックで飲む潔癖さ  タンポポ

こんな句を作ったことがありました、今でも外出先ではブラックです。

内科へ

今日は昨日までに比べると、朝からだいぶ調子が良かった。

糖尿内科の予約があったので、行ってきた。

診察時、調子はどうですかと訊かれ、このところの不調を

正直に答えた。

ヘモグロビンA1Cの値が、先月より0.3改善されていた。

それでもまだまだ高い。間食を控えればよいのは、重々解っているが、

食いしん坊なのである。そしてまた困ったことに何を食べても

美味しいのである。

そして血圧、コレステロール、中性脂肪、クレアチニン、カリウム、

尿酸値、尿素窒素、等他のすべての値は正常値なのである。

一番厄介なのかも知れない。薬はもちろん飲んでいる。



っと言うことで、0,3下がったご褒美に、アンリシャルパンテイエで

ケーキを食べて帰って来た。あかんやろ

おそらくケーキは、しばらく食べないと思う。否食べない
次回の診察は7月7日、自分に甘いわたくし目に守れるかどうか・・・

annri.png

後で気が付く・・・

今朝私が起きてきて、着替えていると、夫が「14日は昨日だったな・・・」と
言います。
あ~~やっぱり今年も忘れたいた。
そう昨日14日は、我々夫婦の47回目の結婚記念日だったのです。
まあ覚えていてもこれといったイヴェントはないのですけどね
せいぜい夕食がほんの少しグレードアップするかしないか・・・その程度です。
もっとも昨夜は、自治会の役員会があったので覚えていても何もできませんでした。

しかしこの数年は、たいてい毎年忘れています。
今年も一週間前には覚えていて、来週は結婚記念日だねえと話をしていたのです。
それだけお互い年を重ね、人生の大半を一緒に暮らし、わくわく感もドキドキ感も
ないということでしょう。

しかしまあ何とも長い年月を、一緒に暮らしているものです。
1970年大阪万博の年でした。
私はまだ21歳でした。4月に22歳になり、その年のうちに長女を授かった
のです。
若かったですね。何も知らずに結婚し、子どもを授かり、見よう見まねで
子育てをしました。
その娘も早や46歳、夫も私も歳をとるはずです。

47年間の我が家の一番の大事件は、やはり夫が2011年に急性大動脈解離で
倒れたことです。そしてその一年後感染症になり今に至っています。
この5年間で11回の手術と500日を超える入院は、老後の生活が見事に
狂ってしまいました。

そして我が家の新年の目標は「今年は入院がないように」です

おそらく来年の14日も忘れているでしょう。
自慢にはなりませんが自信があります。

ヘルパーさん

我が家は昨年の7月から、週に1回45分間、ヘルパーさんのお世話になっている。
夫が身体障碍者一種4級、要支援1になり、また私も身体障碍者二種3級の身で
あるからである。自己負担割合は2割。
ヘルパーさんは夫についている。
だからヘルパーさんの来る日、夫は家にいなければならない。

夫の障碍に関して、今年4月の大腿骨骨折による人工骨頭置換術は
今までなら無条件で等級が一つ上がっていたのが、今は上がらなくなった。
喜んでいいのかどうか・・・。
医療費の負担を考えると、上がった方がありがたいのだが、国が決めた
制度なら致し方ない。
高額医療費の制度で、少しではあるが返還される。

ヘルパーさんをお願いしたことで、私の気持ちはすごく楽になった。
年寄り二人の生活では、そうそう汚れることもない。
週に一度掃除をしてもらえれば、後は楽勝である。
たった45分で掃除機をかけ、ダイニングとキッチンの床拭き。
トイレ、浴室の掃除。ありがたいと思っている。
自己負担金2割は、1ケ月分でもスーパーで1回買い物をするよりも、
安い金額である。本当にありがたい。

夫がまさかこの年齢で、公的支援を受ける身になるとは思っていなかった。
人生には上り坂下り坂、そしてまさかの坂があるとよく言われるが、
本当にそのとおりである。
まさかの坂で躓いている老い二人である。
要支援1の判定に甘んじている。

運転免許

このところ高齢者の運転中の事故が多い。
ニュースを見る度に、いつまで運転できるのだろうか・・・と考える。
先天性股関節症の手術をして、免許を取得したのが、50歳の時だった。
それからほぼ毎日のように乗っている。私の足である。

ペーパードライバーだった夫を、当てにできずに免許を取った。
そして夫は今春、マイナンバーカードを取得したことで、免許を返納した。
今まで乗っていなかった夫に不自由はない。
しかし私は今はまだ返納する気はない。

だから事故のニュースの度に考える。
田舎にはまだ年老いた母がいる。
親不孝な娘は、あまり会いに行けないが、母がいる間は乗りたいと思う。

それに今は股関節が悪かったとき無理をした膝が痛い。
リハビリに行くのも車、買い物も病院も車。
家から出るときは、ほとんど車の生活をしている。
車なしの生活は、とても考えられない。

でもでもいずれは返納しなければならない。
それは5年先か10年先か、あるいは今乗っている車の調子が悪くなり
廃車にする時か・・・?

その時期の見極めを、間違えないようにしなければと思う。

グータラ生活

今に始まったことではないが、わたくしタンポポはグータラである。
本人が言うのだから間違いはない。暑さのせいだけではない。

夫が現役のときは、それなりの時間に起きて朝食を摂り送りだしていた。
ところが365連休の今、夫は先に起きてコーヒーを沸かし一人で食事をする。
それとて、5時や6時というような早起きではない。
取りあえずはゴミの収集時間に間に合うように起きている。
そう我が家では病人の夫がゴミ出しの担当なのだ。

私だって昔は、スーツを着て出勤する夫に、ゴミを持たせるのは
抵抗があった。
その後、脚を悪くした私を見かねてゴミ出しを買って出るようになった。
これはありがたいことで、感謝している。

私は遅く起きてきて、夫が沸かしたコーヒーで食事をする。
洗濯機を回しながら新聞を読んだり、iphoneのチェックをしたりする。
洗濯物を干す頃にはベランダは暑くなっている。
そして思うのだ、明日は一時間早く起きよう・・・。
グータラの私のこと、翌朝もやっぱり朝寝坊する。
毎日がこんな繰り返しで、夫もあきらめているのか何も言わない。
グータラな古女房をもった、運命とあきらめていると見える。

その代わりでもないが、朝食を頂いた後、「ごちそうさまでした、毎日おいしく頂いて
幸せです」と必ず言うようにしている。
当たり前と言えば当たり前だが、夫の年金で食べている身なのだから・・・。

グータラ生活はほかにも多々あるが、全部書くと「それでも主婦なの?」と
聞こえて来そうなので、あと一つ。
洗濯物を取り込むとき、私のものを先に篭に入れて夫のは上に入れる。
そしてリビングのソファーの横に置いておく。
感のいい方はピンとくると思う。
そう夫は上にある自分の洗濯物を畳んでしまう。
私はたいていあくる日、その篭の中にあるのを着る

こんなグータラでも結婚生活47年目です。
この4年10ケ月、病気で大変な目に合わされたけど、めっけものの夫だったのかも・・・





キッチンリフォーム完成

9日10日とキッチンのリフォームをした。
前日から、上の棚に入れてあるもの、下に入れてあるもの、すべてを出して
リビングのセンターテーブルの向こう側に置いた。
あるものですねえ・・・。
不用品は、この時点で一緒に処分してもらうので、キッチンの中に残した。

二日間で完成したが、初日の夜はキッチンのみガスも水も出ないので、
食事は外食でしのいだ。

古いクロスと新しくパネルを貼ったところの境界線が、意外と目立たなくてよかった。
システムキッチンのカラーはえんじ色。正面から見るとあまり解らないが
横から見ると淡い濃淡のチェック柄になっている。
あまり派手でもなく、なかなかいい色である。

コンロとレンジフードが連動していて、火を点けると換気扇が回り電気が点く。
レンジフードは、今までの深型ではなく薄くて「掃除が簡単」が売りである。

完成し中に入っていたものを、元に戻すのが大変だった。
前のは棚式、今回は引き出し式。大きな引き出しはだだ広くて仕切りがないと
整理がし難い。
その仕切り板は、メーカーにあるが結構な値段がする。

そして上の部分は今回も棚なのだが、どの扉も棚板が一枚しかない。
上の部分の収納は、棚板が少ない分、古いのより少ない。
一枚目の画像の足元、シルバーの部分も引き出し収納になっているので
収納率は高いです。

何とか収納してヤレヤレですが、まだ慣れずにまごついています。

R0024080.jpg


R0024081.jpg



毛布が重い・・・(ーー;)

今冬はごく最近まで暖かかったので、羽毛布団を一枚だけ掛けて寝ていた。
一週間ほど前に、初めて毛布を出し布団の上に掛けた。
よくあるアクリルの二枚重ねの毛布である。
よそ様は知らないが、我が家では毛布を布団の上に掛け、布団がベッドから
ずり落ちるのを防いでいる。
一日目、掛けた毛布のせいで布団がずっしり重い。
肩が痛いのもあり、思うように寝返りがうてない。
3~4年使っている毛布が、重くなったかと思うほど重い
去年までこんなに重く感じなかったのに・・・。
そう感じるほど身体がヤワになったのか?

昨夜まで我慢したが、来客用の毛布に少し軽いのがあった筈と、今晩から変えるべく、出してきた。
持った感じが、少し軽い気はする。
これで気持ちよく寝られるといいのだが・・・。

1・17

阪神淡路大震災から二十一年経った。
今日は、神戸市を始め当市でも1・17の集いがあった。
毎年この日を迎えるにあたって、忘れかけた記憶の欠片を拾い集め
思い出すようにしている。

ドンと突き上げられた瞬間から、水が3週間一滴の水も出なくなった。
そしてガスはこの日の夜から、4週間出なかった。
電気は1時間ほどで復旧をした。
レバーを下げれば溢れんばかりに水が出て、スイッチ一つでお風呂が沸く生活が一変した。
水が出ないなら、スーパーで買ってこなければとスーパーへ行くと
開店時間が過ぎているのに、まだ開いていない。
開店を待っている人の長い列。
程なくして開店したが、入場制限をしていた。
待つ間、出てくる人をみると、大型のバケツなどを買って出てくる人が多い。
こういう物を買わなきゃいけないなら、手持ちの現金では足りないと思い、
2階のATMに行ったが、閉まっていた。
この時点ではまだ、未曾有の大震災が、起きているとは思わなかった。

私が店内に入った時には、すでに棚には一本の水も並んでなかった。
ワンケース抱えているお兄さんに「いいなぁ」と言うと、1本分けてくれた。

この日から水を探し、なんとかガスボンベとコンロを手に入れるべく
原付で走り回った。
ガスボンベとコンロが手に入るまでは電器鍋とポットがフル活躍した。

毎日食べるパンもなかった。これは避難所などへ優先的に送るという
取り決めがあったのだそうで、なかなか市場には十分な量が出回らなかった。

スーパーでは、お総菜ができあがると取り合いになった。
水がないので、手っ取り早いお総菜に群がったのだ。
ポスレジが使えず手打ちをしていた。

娘が休みの日、近くに自衛隊の給水船が来ているとの情報があり、
浜までもらいに行った。
水の入ったタンクを4つ、積んでくれたのには有り難くて涙が出た。
これでご飯が炊けると思うと本当に嬉しかった。

電車も、JR・阪急・阪神ともに一瞬にして動かなくなり、現役だった夫は
自転車で神戸まで通勤し、娘は関西空港まで行き、船で通勤した。
電話も通じなかった。まだケータイが今のように普及しておらず、
我が家の様子を、実家に知らせることが出来なかった。

まだまだ限りなく思い出すことがあるが、ここにアップするのはこのぐらいにしておこう。
過去記事の1月の項には、それなりに残してある。

被災地へ急ぐ背中の水の音   夢草

ネットショッピング

年明けからのネットショッピングを今3回目ポチッとした。
1回目は孫に遅まきのクリスマスプレゼントにサンタさんからプレゼントの
DSのカバー。
お正月に来た時買いに行ったが、新製品に合う好みのキャラクターのが
なくてAmazonで買った。
2回目は母にマジックハンド。介護用品のお店にあるかと思ったがなかった
ので、送料を払うのは馬鹿らしかったが確実に手に入るネットで買った。
3回目はやはり孫の誕生日プレゼントに、ローラースケートを買った。
娘からLineで、これと指定があったのをポチッとした。

いずれも翌日あるいは二日後には配送される。
しかも○ネコメンバーズなら、受け取ってもポイントがつく

ただ今日はポカを二つもやってしまった。
一つ目は配送先の宛名を私にしてしまった
もう一つは、いつもはクレジットカード払いにするのに、コンビニ支払いにしてしまった。
支払い番号を発行した後では変更が出来なくて、一旦キャンセル処理をして、再度注文という面倒なことになってしまった。

それでも明日届くようなのでよしとしよう。

実家は民宿か?

ジジババ2人のところに4人がやってくると、賑やかさは3倍ではすまない。
長女が帰った翌日の2日は、丸一日フリーだったが3日からの賑やかだったこと。
忙しく予定をこなし、今日のお昼前に埼玉へ向けて発った。
31日の午前中は近くのスケートリンクへ行き、その後嫁ぎ先の和歌山へ。

3日のお昼頃に再来襲。
ジジババサンタを止めたので、遅ればせながらXmasプレゼントを買いに行く。
4日は午前中、娘はららぽーとバーゲン。午後はキッザニア甲子園へいった。
キッザニアは遠方からのお客が多いそうだ。
日本に2カ所しかない施設、当然だろう。
関西へは、USJとキッザニア、セットで来るようだ。
昨日もそこで会った方と話しをしていて、キッザニアの近くに実家があると話すと、うらやましがられたらしい。


IMG_0581@.jpg

子ども達のお仕事体験↑RF1のポテトサラダ作り。
↓お寿司作りの体験

IMG_0585@.jpg

↓ソフトクリーム作り

IMG_0582@.jpg

↓○クルトの菌の研究

IMG_0584@.jpg

他にも水道検査の体験、手術室の医者と看護師などの体験をしてきたそうだ。
作った物を食べられる食べ物体験は人気らしい


まだまだ未体験のお仕事がたくさんあるので、夏休みにまた行きたいと楽しみに帰った。

有り難いこと

1970年の1月に結婚して以来、間もなく46年になる。
その間、家計簿をきちんとつけたことがない。
恥ずかしながら、ずっと丼勘定でやってきた。
几帳面な夫が、文句も言わず見逃してくれたのは、
ありがたいと思っている。

長年の官舎暮らしで、のんびりと過ごしてきた。
お金も貯まらない筈である。でも何とか暮らしてきた。
2人の娘を育て、教育費も捻出した。結婚もさせた。
安サラリーとは言うものの、毎月決まった収入があり、ボーナスがあった
お陰だと思っている。

そこへ行くと今は2人になったとは言え、ささやかな年金暮らしで
年金以外の収入はないが、医療費を払っても余裕こそないが、
さりとて食べるのに不自由をしている訳ではない。

贅沢をしなければ暮らしていける。
年金のありがたさが身にしみる。
国民年金であれば、老後破産してもおかしくはない。
高齢者医療で負担は一割、これも有り難い。
毎月の保険料はかなりの額になるが、これを支払っているからこその
1割負担である。
時々市から「医療費のお知らせ」が来るが、その金額は高額である。
思わず「ははぁ・・・」と拝みたくなる金額が印字されている。

診療費はそう高くはないが、心臓血管外科の薬代が高い。
一ヶ月分もらうと支払いは、13,000円ぐらいになる。とても100%は払えない金額である。
生きている限り、飲み続けるであろう薬は種類も多い。
自費で支払う金額と、実際の金額を比較すると申し訳ない気分になるが、
好んで病気になったのではなく、1割負担がただただ有り難いと思う。

往復の大渋滞

4日は父の初盆の法要であった。
11時に実家へということで、かなり余裕を持って8時過ぎに出た。
ところが阪神高速に乗ると、いきなり二車線がびっしり・・・。
のり口に事故渋滞の表示はあったが、これほどとは思わなかった。
何とか走行車線に入るも動かない。
料金所は、すぐそこなのに動かない。
やっと料金所にたどり着きETCが「ピンポ~ン」と軽い音を響かせるが、
先に進めない。前をみると、ずら~~と車・車・・・。
そして15㌔ほどの間、アクセルを踏むこともなくずっと10㌔以下で
、のろのろ運転である。
2時間走って、やっと淡路SAに到着する。
ノンストップで行こうと思っていたが、とても11時に実家に到着できない。
遅れて行って、すぐお手洗いに行くのもどうかと思い、用を足して走る。
甥の嫁さんにLineで遅れる旨を連絡する。

淡路島の道路は空いている。走れ走れ!!
高速を降りて、あと10分ほどで実家に到着する場所で、無情にもカーラジオから
11時の時報が流れる。
渋滞がなければ、1時間半もあれば到着するのに・・・。

到着した時、まだ読経は始まっておらず、辛うじてセーフ
読経が終わると、庭で迎え火を焚いた。

田舎も、こちらと変わらず暑かった。


この日は、帰りも大渋滞であった。


渋滞の列でガソリン浪費する   タンポポ

シャワーベンチ

嬉しいことではないが、先月夫が要介護の認定を受けた。
障害者手帳も交付された。
要支援2、たいした恩恵のない位置づけだと思っていた。
障害は1種4級、私は2種3級。
夫婦で立派な障害者である。

先日来シャワーベンチの足が、がたついている。
2年前にホームセンターで、購入した物である。
寿命が短くはないか?

私は両脚の股関節を人工関節置き換えしており、市販されている座面の高さ
32センチでは立ち上がり難い。
夫も長期の入院で脚が弱り、このシャワーベンチが必要になっている。

またホームセンターで購入しようと、思っていてひらめいた
そうだ障害者支援を受けよう。
市役所に電話をかけ事情を説明すると。65歳以上は高齢福祉課で、
介護保険のサービスを受けるようにとのこと。

結構高い介護保険料を払っているのに、いつサービスを受けられるの
だろうかと思っていたら、意外にもここで受けられることになった。

ささっと話しが進んで、今日配達された。
今は我が家も1割負担で利用できるが、8月からは2割負担になる。
っで今日全額を支払うことで、後日9割が返金されるとのこと。

@pR0023840.jpg

《シャワーベンチおまえも脚が悪いのか      タンポポ》

素直に老いを受け入れ、社会的弱者と認められたことを、甘んじて
受け入れねばと感じた日でもある。