FC2ブログ

秋の小旅行 1

今回も一番の友人とまたまた淡路島へ小旅行に行ってきた。
目的は2人の間で「淡路の富良野?」と呼んでいる淡路花さじきのコスモスを観ること、そしてTOTOシーウインド淡路で泊ること、そしてお香作りの体験をすることであった。
TOTOシーウインド淡路はあの(株)TOTOの保養所として、建てられた施設でありながら一般客も泊めていただける豪華な宿泊施設である。
http://www.oyadonet.com/seawind/?go=000110
設計はこのたび文化勲章を受けられる安藤忠雄氏の設計によるもの。
IMG_0826.jpgIMG_0827.jpgIMG_0828.jpgIMG_0829.jpg

海を見下ろす高台にあり部屋からのロケーションが素晴らしい。
ビックリしたのは玄関の巨大な自動ガラスドア、出入りするたびに5メートルはありそうなドアが最後まで開く。「もったいないから、そんなにいっぱい開かないで早く閉まって・・・」と言うおばちゃん2人。そしてフロントの横の方にパッと見は土嚢かと思うようなオブジェを無造作に積んである。これは蝶のさなぎをイメージしたものと聞いた。
IMG_0845.jpg

っでこのフロント部分が7階でこのオブジェの横を通り階段を降り一旦外にでてエレベーターに乗る。客室は1階2階にある。レストラン、大浴場は3階と4階、不思議な建物であった。

部屋に通されその豪華さにまたビックリ。メゾネットタイプなのである。取り敢えず荷物を置きお手洗いを済ませ考える。トイレも部屋のお風呂も2階もちろん入口も・・・かなりの段数の階段をそのたびに上がり降りしなければならない・・・この豪華な部屋に泊りたいのはヤマヤマ、しかし脚が・・・
っということで部屋の移動をお願いし、ツインの洋室に移動した。もったいない?

隠れ家的というか安藤氏の意向でもあるのだが国道から入ってからもとても解り辛い位置に建っている。場所を探すのも旅のだいご味というお考えなのだそうである。

車は2008年1月の購入、この施設もその前後の完成なのだろう。ナビ案内は不可能だったゴール地点は山の中。海沿いの国道を走っていると「700メートル先目的地です」どこから山の方へ右折するのだろうと考えているうちに「目的地周辺です」???まだ海岸沿いなのに・・・
田舎とはいえ国道である。交通量は多い、Uターンが出来ない。ずーっと走りコンビニの駐車場でUターンをする。元来た道を走り案内図の交差点で左折し近くて遠い田舎の道を左右に田圃を見ながら次の案内図を探して走る。行きつ戻りつやっと山の上の目的地に到着したのだった。


秋の小旅行 


  IMG_0767.jpg
空模様を気にしながら阪神高速を走り神戸淡路鳴門自動車道に入る。
SAに到着し昼食を摂る。空模様の割には橋が綺麗に見える。
そこでインターを降りて花さじきへ向かう。あいにくの天気にもかかわらず、駐車場には車がいっぱい。バスも来ている。
まずは駐車場へ入る手前の道路から全体を見渡してみる。サルビアの赤や黄白がくっきりとラインを描き綺麗だ。実に広い。
駐車場に入り展望台へ向かう、ここからも角度を変えてぜんたいが見渡せる。ず~と遠くの畑までコスモスが植わっている。白いソバも綺麗だ。お天気が良ければ和歌山のほうまで見えるのに残念ながらかすんでいる。まあ雨が降らないだけよしとする。

下へ降りて色んな色のコスモスを見る。淡いオレンジ色が珍しい。
しかし風が強くて寒い。カメラを構える手が冷たい。コスモスをマクロで撮ることなど出来ない。ゆらゆらと風のなすがままになすすべもなく揺れるコスモス。
寒いので売店へ向かい熱い?を飲む。あまりの寒さに宿へ向かうことにした。

      IMG_0802.jpg

     IMG_0779.jpg


栗拾い

官舎時代の友人と官舎時代の友人の家に栗拾いに行ってきた。
栗=山のイメージのある私は誘ってくれた友人に山へ行くの?と聞いた。友人は家の裏が栗園だよというので、それならと連れて行ってもらった。
中国道、舞鶴自動車道を乗り継ぎ氷上へ・・・舞鶴道は無料区間、無料になるまで平日はほとんど走ってなかったと言うが無料になって車が多いとビックリしていた。

到着後、話もそこそこに雨が降る前に栗拾いをしようと、バケツと火ばさみ(ゴミばさみ?)を持って自宅のすぐそばの栗園へ行く。たくさんの栗の木が等間隔に並んでいる。樹齢約40年の木と、10年の木だと聞いた。ご主人が退職前に退職後の仕事として植えたのだと言う。実の大きな丹波栗である。よく手入れされた地面はふかふかとやわらかい。バケツにいっぱいづつ拾ってもまだまだ落ちている。今日のY家の作業のお手伝いと落ちている栗のほとんどを拾った。毎日のように出荷するのだそうである。
木をあまり高くしないようにしてあるので少しかがみ加減で拾う。最初はぺちゃくちゃしゃべりながら拾っていたが拾っても拾っても栗だらけの栗園で必死に拾う。少し風が吹くとバラバラと落ちてくる。毬は出来るだけまとめて置き御主人が集めて回る。
栗も大半拾い、傍の畑のサラダ水菜を間引いた。これも土がとてもやわらかく抜きやすい。

無花果も出荷している。摘み取りは終わったがブルーベリーは「ブルーベリーの〇〇生活」の契約農家である。ブルーベリーも無花果も近くの道の駅で販売していると聞いた。その無花果ジャムがMBSの角淳一元アナウンサーのお気に入りとのことで結構話題になったようだ。

お昼は栗ご飯のおにぎりをいただく。美味しくて大きなおにぎりを2個も戴いてしまった。採れたての大根菜も美味しい。何ともぜいたくなことに思えた。
開放的な家で官舎時代の楽しい思い出話しに花が咲いた。
社宅や官舎を今の若い方は嫌うようだが結婚した時、安サラリーで他に選択肢はなかった。
2か所の官舎で20年過ごした。考えると子育てには2か所ともなかなかの環境だった。同じ年頃の子どもがたくさんいて、友達と遊ぶのに不自由はなかった。子どもを通し母親も仲良くなり色々楽しい思い出ができた。そんなこんなをとめどもなく喋り笑い時間の経つのは早い。

お店に出しているブルーベリージャムを分けてもらうつもりでいると、「今から1キロ炊こう、1キロで3瓶とれるから・・・」と言うことで急遽ジャムを炊いた。冷凍庫からブルーベリーを1キロ出して砂糖、レモン、リキュールの他は何も入れない無添加のブルーベリージャムを炊いた?美味しい?

栗と、ジャム、柿、水菜と大根の間引き菜をいっぱいいただいてY家を後にした。

秋の日暮れは早い・・・
中国道は宝塚で工事のため9キロの渋滞と表示され通過に90分かかる???ほとんど動かないということか?三田で降りて帰ってきた。楽しい1日だった。
さてさてたくさんの栗を昨夜熱湯につけておいた。朝から出ていたので今から皮をむこう。栗ご飯をしてあとは渋皮煮に挑戦しよう。なにはともあれ皮をむかなくちゃ・・・

IMG_0742.jpg<IMG_0740.jpg


昨日は・・・

激しく雨が降る中、神戸公演は10年ぶりという「木の下大サーカス」を6年生の孫を連れて行ってきた。
初めて行く神戸市北区イオンモールの大駐車場、大と付くだけあってほんとにほんとに大きかった。
指定席券を買っていたのでよい席で観ることが出来た。3連休とあって10日ほど前に、チッケっトを買う時、第一希望の指定席券はなかった。それで第二希望の席を取ったのだが、ほぼ正面で近すぎず遠すぎずのよい席であった。

一般席と称して通路の階段にボードを敷いた席があった。出来るだけ大勢の観客を入れたいのは解るが、不測の事態が起きたら怖いなと思った。

我々夫婦は子どもが小さい時、宝塚で観て以来約30年ぶりのサーカス見物であった。その頃と変わらぬショーもあったが、初めて観るスリルいっぱいのショーもあり、大人の我々も童心にかえり楽しむことが出来た。

     p7-01.jpg

全体に衣装が華やかで綺麗だと思った。バイクのショーは相変わらず爆音を響かせていた。この孫には障害があり大きい音に弱い。ショーの間、目は見開いているが耳を塞いでいた。

                               p4-01.jpg


約2時間、サーカスは初めての孫も楽しかったようだ。

中で写真は撮れないが外の雰囲気だけでもと思いデジカメは持っていた、そうバッテリーの充電もバッチリしてちゃんと持っていた。雨も小ぶりになっていたので撮ろうとした・・・?電源が入らない??
充電しておいたバッテリーを入れ忘れていた「Oh, My God !(>_<)」

   


五か所めぐりと郷里プチ観光

お盆のラッシュを避けて12日13日とお墓参りと見舞い、両親の面会に行った。
ラッシュを避けたつもりではあったが、それでも阪神高速に乗った時点でかなりの渋滞でノロノロである。出鼻をくじかれた感であった。

明石大橋が出来て淡路島は全島観光地化した。年間かなりの回数淡路島へ渡るが、観光をしないので新しく出来たところはほとんど行ったことがない。そこでこの日は宿を取って夫とプチ観光をすることにした。

まず淡路花さじき、近々友人と行くので下見である。淡路の富良野と友人と呼んでいる花さじき。
今はブルーサルビアとヒマワリがきれいとの情報を得ていた。台風の影響がありこのところの灼熱地獄からは解放されたが蒸し暑い。
せっかくのヒマワリに曇り空であった。まぁこれがピカ~ンと晴れていたら蒸し暑いどころではないのでよかった。一面に色々なヒマワリが咲いていて圧巻である。
そしてブルーサルビアも涼しげな色できれい。

IMG_9859.jpg IMG_9871.jpg IMG_9833.jpg

次に向かった先は「ウエルネスパーク五色」ここは高田嘉衛平資料館や阿久悠氏のあの鐘を鳴らすのはあなた?の「愛と希望の鐘」がある。なかなかいい音で鳴る鐘であった。
ここにはオートキャンプ場やログハウス、温泉あり他にも宿泊施設がある。次に友人と行く時はここに泊まろう。

IMG_9884.jpg

そして映画《瀬戸内少年野球団》の像

IMG_9878.jpgIMG_9879.jpg

そして本日のお宿へ向かう。
お盆の直前に思い立って予約をしたので正直期待はしていなかった。今回で3回目の宿泊であったが、期待を裏切らない宿であった。




2泊3日で

次女のところへ行って来た。夫の東京出張に合わせて行った。合わせてとは言うものの夫は朝、新幹線で行き私は午後神戸空港からスカイマークに乗って行った。スカイマークは初めてだったし乗ると決めてから色々不祥事が表面化し、国土交通省から厳重注意を受けたこともあり、少し迷ったが安さと速さで飛行機を選んだ。何より新幹線で東京まで行ってもその先一人では行けないのだから仕方がない。羽田まで行くと最寄駅まで高速バスがあるので一人でも行ける?

羽田の高速バス乗り場に何ともたくさんのバスが次々来ては発車する。田舎者にはさすが羽田空港と感心する。

窓から雨の東京の街並みを眺めながら約1時間40分後には最寄り駅に到着予定である。娘からは高速を降りると急に田舎の風景になるから電話してと言われていた。

なるほど高速を降りると風景が一変する。一般道を走り停留所を3~4箇所停まり予定より15分も早く最寄り駅に到着する。

子どもを2人連れて迎えに来る娘の車はまだ見当たらない。出るのに手間取っているのであろう。お手洗いを済ませて戻ってくると車が来た。チャイルドシートには2人の孫が乗っている。約70日ぶりに見る赤ん坊は、まるまるしている。お兄ちゃんはなるほどやんちゃ坊主ぽくなっている。

2日間どんなに面白い表情を見せてくれるのだろうと期待するバアチャンである。夫は翌日合流予定である。

 



お天気

今日はいいこれが昨日であったなら・・・

今日は娘の退院日、ならばと昨日もう一度病院へ行こうと少しあやしげな空模様を気にしながら出発した。
途中で雪がチラチラ舞いかけたが高速を走り続ける。1時間ぐらい走っただろうか、前が見えなないくらい降ってきた。目的地に近付くにつれ高速と言えども、山の中は一車線の対面通行になる、あの山道に雪が積もっていたら・・・?とても病院に到着出来るとは思えない。
色々考えた挙句、引き返すことを選んだ。またもやまったく知らないICで降り、ナビを自宅にセットして引き返した?

昨日はテレビの点検の予約をしていたのだが、朝電話がかかって来た時にキャンセルをし、でかけたのだった。今日の午後、改めて点検にくる。

来月親子で1ケ月検診があるのでそれまでにあちらへ伺おう。

しかししかし南の方角は私の鬼門かも知れない?

 おにいちゃん


豚もおだてりゃ・・・

IMG_7058.jpg

IMG_7056.jpg

木に登る・・・・ということで花鳥園Part2書いてみよう。

お花の下で食事、休憩、お口の運動と充分にしたおばちゃん2人は再び園内を見て歩いた。
ペンギン池、水鳥池、中池、等を見る。ペンギン、白鳥、黒鳥、カモ、孔雀、フクロウ、池の中には鯉もいる。人が近づくと鳥も鯉もえさを貰えると思って寄ってくる。カモがグヮッグヮッとやかましい。待て待ておばちゃんはそんなに優しくはないよ。ää
赤いくちばしの黒鳥、長い首を後ろに向けて休んでいる姿は岩のように見える。絵のようなきれいな鳥もいるいる。
ike2
今回は孔雀が羽を広げているのは見られなかった。
ペンギンが泳いでいる、なかなか上手手を入れると古い角質を食べてくれるふれあいフイッシュ、足の角質を食べて欲しいなぁフクロウのショー、バサバサと羽音がすると思っていたが意外と静かに飛ぶ。
カラフルなインコたちが人をおそれもせずに飛び交う。

初めてだった友人は、モノレールの駅から見える建物がお花の栽培の温室のような感じだったので「え~?ä」とビックリしていたのだが、きれいで楽しかったと満足をした様子で安心した。
欲を言えば少~しお花が少なかった。やはり春から夏がいいと思う。また行こうね。次は車で行こう。

IMG_6966.jpg


IMG_6985.jpg   
IMG_7019.jpg    
IMG_6980.jpg


神戸花鳥園

IMG_694@.jpg IMG_6932.jpg

約2年ぶりに行った花鳥園、一歩中へ入ると色々のベゴニアやフキシアに目を見張る。
ゴージャスなお花の球根ベゴニアがきれい
IMG_7024.jpg
球根ベゴニア

IMG_6935.jpg
ネリネ彼岸花みたいですね


前回は夫と来た、その時、あまりのゴージャスさに球根ベゴニアを買って帰ったのだが、明くる年、芽が出なかった。
エンジェルストランペットも色々咲いている。
睡蓮の池にはきれいで珍しい睡蓮もたくさん咲いていて楽しい。

中でもオオオニバスの堂々たる葉、花の周りも葉の周りも致そうなトゲがいっぱい。残念ながら開く途中の花しか見られなかった。食事をしてからもう一度戻ってみたがやはり咲いていなかった。

IMG_6987@.jpg   IMG_6990.jpg
オオオニバス

平日でありインフルエンザの影響もあるのか園内は割合空いていた。昼食時になっても空きテーブルの方が多い。
おばちゃん二人はここで「ふくろうべんとう」をいただき、まだ喋るか?と言うほどおしゃべり&休憩をして午後に備えたのだった?