母の面会

昨日は二人の姉と、母がお世話になっているケアハウスへ面会に行ってきた。
認知用で耳の遠い母には、部屋の入り口で声をかけても聞こえない。
部屋に入って、とんとんと腕なり肩を叩いてやっと気付く。
昨日も窓の方を向いていた母の手をとんとんとするとやっと気付いた。

私はずいぶん久しぶりだったので、忘れられてるかなと思っていたが
顔を見て「○代はえらいせんどぶり(久し振)」やなと言った。
忘れられてなかったことに一安心する。
そして3人で来るのもせんどぶりやと嬉しそうであった。

かなり大きな声で話さないと、会話は一方的になっていまう。
自分の年齢、私たち娘の年齢を訊いてみた。
母は現在95歳だが90歳と言う、私は69歳だが64歳だと言った。
だんだんこんがらかってきて、長姉に至っては明治生まれだという。
息子も孫もごっちゃになってしまった。

それでも自分の両親の没年はしっかり覚えていて、その時の自分の
年齢も覚えていた。

ここの職員さんは私たちを見かけると「ありがとうございます」と先に挨拶をしてくれる。
こちらが先にお世話になっていますと挨拶をすべきなのに・・・。
本当によくしていただいている。
世間では老人施設での事件や事故がよくくニュースになっているが、私たち姉妹は
まったくそんな心配をしていない。
日常的に何かそんなことがあれば、気付くよねと3人の意見が一致する。

そしてこれは時々思い出したように言うことなのだが、「死ぬまで一回○代の車で
産まれた家に行きたい」
母は養子娘なので産まれた家は、85年住んで理不尽にも追い出された家である。
母の気持ちは痛いほどわかるが、車いす生活でおそらく今は一歩も歩けない母を
連れ出すのは容易ではない。
連れ出すとすれば、リフト付きの介護タクシーでないととても無理だと思う。
願いを叶えてあげられれば、最後の親孝行になるだろう。

しかし介護タクシーで行ったとしても、歓迎されないのは私たちには解っている。
車椅子で家の周囲をぐるっと回るのが、精いっぱいだろう。
切ない母の願いを叶えてやりたいと思う。

不眠症№2

昨夜は次女の幼かったころを思い出そうとした。
ところが長女と同じように、同じ長さの幼い頃があったにも関わらず、
次女の幼かったころのことは、あまりたくさん思い出せない。
真っ先に思い出したのは、2歳3か月ぐらいの時、長女が幼稚園に行っている間に
JRの駅前の大型スーパーに行った。
何気なく子供服を見ていると「誰の買うの姉ちゃんの?」と何度も言う。
普段お下がりばかり着せられているので、「私にも買って!」と言いたかったのだろう。

親の懐具合を知る由もないが買って!とは言わなかった。
買ってとねだらない子が不憫で「Sちゃんのスカート買おうか?」と言った時の
嬉しそうな顔 そんなわが子が愛おしかった。
翌日そのスカートをはいていると、ご近所さんが何人も「Sちゃん新しいスカートやね、かわいいよ」と
声をかけてくれる。
それがまた嬉しくて「昨日おかあさんと○○で買ったの
宿舎生活で見栄を張る必要もなかったが、子どもは正直だった。

しかし考えると次女はこの時、既に口が達者だった。
もちろん40年あまり経った今も口達者である。

不眠症

私タンポポはいつからか不眠症になっている。
若いころはバタンキュウで寝られたのに、最近はほんと寝られない。
睡眠導入剤のお世話になる日もあるが、出来るなら飲みたくない。
ある人が寝られないときは、楽しいことを考えたらいいと教えてくれた。
しかしながらそうそう楽しいこともない。
そこで子育てをしていたころの諸々を、思い出してみることが多い。
22歳で長女を25歳で次女を産んで、まだまだ若くて元気だった
あのころのことを思い出す。

夕べは長女の2歳半ぐらいの時の事件を思い出していた。
その日は給料日だった。まだ手渡しの時代で、夫は出向していた。
買い物に行ってきてお財布はすっからかんになっていた。
宿舎内でお友達と長女は遊んでいたが、お友達も帰ったので、
帰ろうといっても嫌と言う。夕飯の準備もあるのでちょっと手を引っ張った。
その途端に泣き出した。その時は解らなかったがよく見ると手をブランと
して泣いている。どうも肩関節が外れたようだ。
病院へ行かねば・・・でもお財布は空っぽ。

まだ銀行のカードもATMもない時代。そして銀行の窓口も閉まっている
夫がお給料をもって帰るまでまだ少し時間がある。長女は泣きじゃくっている。

仕方なく勤務先に電話をして、夫につないでもらった。
事情を話し、帰ってきてくれるよう頼んだ。
夫も子どものこと、すぐに帰ると言ってくれた。
そして夫が帰宅し無事に病院へ行って、元に戻してもらった。

そんなことを思い出していて、あの時も夫は怒らなかったなと思った。
人によったら怒る人もあると思う。
私にとって長い結婚生活のなかの、唯一の大失敗だったと思う。

冷蔵庫

冷蔵庫

      冷蔵庫の中でゆっくり劣化する  タンポポ

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

無花果

結婚48年目の我が家、今までもこれからも買わないものの一つに
無花果がある。
嫌いなのではない。否むしろ好物に近い。
それを昨日ご近所さんから頂いた。
何年ぶりだっただろう。ブツブツ感が堪らなく柔らかくて美味しい。

今までもこれからも買わない理由は一つ。
私の実家も夫の実家も無花果の木があった。
そのあった場所が悪かった。
トイレの横なのだ。田舎のトイレは汲み取り式である。

しかし田舎にいるときは食べていた。食べ終わったら
贅沢にニワトリ皮を放り投げていた。

そんなことがあって我が家で無花果はお金を出してまで
食べるものではなくなっている。

柿も結婚後しばらくは買うのに抵抗があった。
手を伸ばせばいくつでも食べられるそんな環境に
慣れていた
でもいつからか、シーズン中何度も買って食べるようになった。

無花果の木が庭にあったのなら、買って食べていたかも知れない。
否やはり買わないかも・・・手の届くところにありふんだんに食べていた
ものが結構な値段がする。
それなら葡萄や梨がいいなと思うのである。

年齢

シニア


イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

自分の歳時々忘れそうになる  タンポポ

こんなことはありませんか?

虫取り

    natu_child_musitori01_d_02.jpg


イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

2学期が既に始まっているところもありますが
我が家の辺りは明日からのようです。

蝉の鳴き声がぱったり聞こえなくなって思ったのです。
この夏休み虫取りをする子供を、一度も見かけなかったなと・・・。

虫取りをする子見ないな夏休み  タンポポ

プレミアムフライデー

R0024241@

プレミアムフライデーどうだっていい  タンポポ

鳴り物入りで始まったプレミアムフライデーは、不評で
いつのまにか終わったのでしょうか?
当方何にも関係ありませんが・・・。

記念切手

      記念切手


      記念切手丸い切手の切りにくさ  タンポポ

かわいいけど切りにくい丸い切手。
切手の在庫がたくさんあるが、封書もはがきも切手を貼り足さなきゃ・・・。
丸い切手こそ、粘着シールにすればいいのにと思うのですが。

台風一過

7日に進路を変える予定だった娘たち、台風5号の影響で、1日ずらした。

行先の和歌山は台風のメッカ。無理をしていかなくてもいいかと言うことになった。
何より関空でお父さんと落ち合って、おじいちゃんの車で和歌山へ向かう予定だった。
その関空への飛行機が、羽田から飛ぶかどうか微妙だった。

昨日和歌山へ進路を変えたちびっこ台風。我が家はホッとしている。
2年生と4年生だいぶおとなしくなったとは言え、普段静かなジジババ2人の
生活を送っていると、見ているだけで疲れてしまった。

今回も忙しいスケジュールで、そのたびアッシーをした。
そのための納車だったのかと、思うほどだったが良しとしよう。
私たちが出向かない限り、次に会うのはお正月である。
また大きくなっていることだろう。

里帰り

埼玉に住む次女が、子連れで昨日から帰っている。
小2の女児と小4の男児、それはそれは賑やかである。
何時もは年寄り2人のところが一気に5人になった。

この夏、会社が清算をしたので娘は現在無職である。
したがって例年よりゆっくりするのかと覚悟をしていたが、
結構慌ただしい日程を組んでいる。

我が家は一泊二食付きあるいは朝食付きの宿のようである。
今日は早速、昼食を済ませて水族館へ出かけて行った。
ナイトショーを楽しんでくるそうである。

娘たちが出かけて放心状態のバアチャン。
いやいやほんと見ているだけで疲れる。

やっと納車

午前中待ちに待った納車だった。
中古とはいえとてもきれいな状態で満足。修復歴もない。
昨年の7月におろした車だから当然と言えば当然。


           納車


ETC、ナビ、バックモニター、自動ブレーキが付いているがディラーさんから
帰ってくるまで試したのはバックモニターとナビ。
ETCは身障者の私は、一度市役所に行って新たに申請をしないと
割引を受けられない。

自動ブレーキに至っては、いまいちわかっていないので、取説を見なければ・・・。
ショックだったのは、今まで乗っていた2台の車はキーレスだったのに、今回のは違う。
キーレスの便利さに慣れていたので、大きな戸惑いと不便さを感じる。
バッグにキーを入れておけばドアを開けるのも閉めるのも、もちろんエンジンを
掛けるのもキーを出さなくて済んだ。

そして帰りにスーパーに寄って、エンジンを切ろうとしたのに切れない。
正しくはエンジンは切れたのに、ラジオが付いている。
キーを押し込むのだと気づくまで数分・・・
さてこのキーに慣れるまでどんなに失敗をすることやら?

ともあれこれが最後の車だと思う。大事に乗るからよろしく頼むよ。

スマホ

illustrain06-sma02.png

シニアスマホ年寄り馬鹿にしてるよう  タンポポ

使いやすいからって喜んでいるかたもいますが、
あれは本当にシニアを馬鹿にしていると思うのです。

無痛分娩

最近ニュースで無痛分娩の話題を、よく目にし耳にする。
実は私、無痛分娩で娘2人を産んだのです。
もうずいぶん昔、2人の娘は今年44歳と47歳になる。
そんなに昔から無痛分娩はあったの?とビックリされるかも
知れない。でもあったのです。

1970年と1973年、町の開業医で無痛分娩をしました。
だから本当の産みの苦しみを、知らないのです。
そのクリニックは当時にしては、○○マタニティクリニックと
洒落たネーミングだった。

最初に「当クリニックは無痛分娩を取り入れています。
お母さんも赤ちゃんも楽なお産です」と言われ何しろ初めてで
何も解らずそうですか、はいはいという感じだった。
無痛分娩に対する不安はなかった。

当時無痛分娩を取り入れているところは、ほかにないようだった。
臨月を迎え、予定日を一週間過ぎた日の早朝、陣痛が来た。
入院をして陣痛促進剤を何本も打った。

分娩室へ入ったまでは覚えているが、記憶はそこまで・・・。
気が付いたら産まれていた。
お腹を押されていたことは、うっすらと覚えている。

無事に生まれてくれたことに感謝した、22歳の母親だった。
産みの苦しみを知らずに2人の子供を授かり罰当たりだなと思っていた。

そして最近の無痛分娩のニュース、結構な頻度での事故があることを知り
今更ながら無事で産まれたことに感謝をしている。

2人の娘も母親になったが、普通に痛い思いをして出産をしている。

首のばして

済み納車


納車日をジリジリジリと待っている  タンポポ

何とも不便な車のない日々。
お金を支払って10日になるのに
うんともすんとも言ってこない。
いったい何日待たせるのやら?

そりゃね新車じゃないけど・・・。
あと何年乗れるか解らないのに
新車は買えませんて・・・。

去年おろした車で、走行距離6000キロの
元レンタカー。
もちろんナビ、ETC,バックモニター、それに自動ブレーキも
付いている。

画像は無料素材屋さんからお借りしました。

大騒動

我が家には次女夫婦から、夫の退職記念にと贈られたiPadがある。
名目は夫のものだが、事実上はほぼ私が使っている。
いえね、たいしたことには使ってないの。
ほぼゲーム三昧・・・。

約5年も使っていると色々不都合が出ていた。
iphoneもそうだがアップデートのお知らせがくる。
これは無視していた。
思いついてiphoneのアップデートをしようとしたが、何が気に
いらないのか出来ない。
ならばと、とても反応の鈍くなっているipadのアップデートをした。

アップデートが完了して要求されたパスコードを入力する。
間違いはないのに、何度入力してもはじかれる。
とうとう5分後にやり直しを・・・15分後にやり直しを・・・
60分後にやり直しを・・・と、そしてとうとうipadは使えませんと表示された。
ええどうしよう。

何がどうなっていたのか解らないが、あくる日また挑戦すると今度はあっけなく
使えるようになった。
パスコードを間違いなく入力できたということだろう。
一件落着、暇つぶしのゲームを再開できた。

昼の月

済み昼の月


   目立たずに損をしている昼の月     タンポポ

愛車

vittu.jpg


不注意で予定より早く、愛車と別れる時が来ました。

大切な愛車手放す時が来る  タンポポ

画像は素材屋さんからお借りしました。

朝の騒音

午前6時半、我が家はまだ寝ている。
1年程前からトン・・・トン・・・トンという音が響いてくる。
この音で毎朝目覚める。でもまだ起きる時間ではないのだ。
おそらく上の階からの音であろうと思っている。
この音は冬場は6時45分であった。
上階には小学生が二人いる。
その子たちが起きる時何かをしているのだと思っていた。

ある日、この部屋が売りに出ていた。
これでこの音から解放されると思った。
そして一か月前、荷物を運び出しているところに出会った。
二年間自治会の役員をしていたので、自治会費を7月まで
徴収している。5月中に出て行くなら、6月7月分を返さねばならない。
新役員にその旨を伝えねばならない。

そのことを言うと「家が売れるまでダンナがいるから・・・」と言う。
奥さんと子供だけが引っ越したようだ。

そしてあのトントンという音は、今もほぼ毎朝聞こえてくる

ここに引っ越してきて6~7年だと思う。
どんな事情があるのか知る由もないが、仮にオープンハウスをするにしても
空き家の方が便利だろうと思う。

そしてあの音から、早く解放されたいと願っている。

40歳の時、卵巣嚢腫の手術のため大学病院の婦人科に入院した。
今では珍しい8人の大部屋だった。
すぐ打ち解けてみんな仲間になった。
婦人科の病気は子宮癌、卵巣癌、子宮筋腫、卵巣嚢腫、それと胞状奇胎の人もいた。
病棟全体では、やはり子宮がんの人が多かった。
年齢は関係なし・・・。20代~80代の方がいた。

入院するまでは大病のように思っていたが、ほかの人たちの苦しみ方を
見ていると何だ私なんて大したことはないのだと思った。
何より悪いところを切れば治るのだ。
それを教えられたのは、明日退院と言う日、同室のTさんと退院受診をし、
Tさんを待っている間、Tさんのご主人と話をした時だった。
「切って治るものはよろしいわ。本人は知りませんけど家内は手遅れですねん。」
ええ~~!!びっくりしたのは言うまでもない。今の今まで考えてもなかったのだ。

子宮癌だった。
本人は微塵も疑わず、明日の退院を喜んでいた。
病棟へ戻り、どうにも苦しくて悲しくて一昨日オペをしたKさんに話した。
2人で泣いた・・・。
私はその後、屋上(当時の屋上は洗濯物を干していた)に上がって、声をあげて泣いた。
そのTさんは1年後に亡くなった。

このときの入院で仲良くなった人の殆どは、子宮癌卵巣癌で亡くなった。
kさんもいったん元気になり仕事に復帰していたが、5年程前に亡くなった。

私の周囲で亡くなった人の殆どは、癌で亡くなっている。
やっぱり癌は怖い病気だと思う。
なのに子宮癌検診も乳癌検診も、もう長い事受けてない。罰があたるかも知れない。

昼の月

月

堂々としていればよい昼の月  タンポポ

昼の月ってぼんやりしてて自信なさげに見えます。

観覧車

   @R0024154.jpg



     てっぺんは一瞬だけの観覧車    タンポポ

ティッシュ

     済みティッシュ

今年の入選句から・・・。

洟かんだティッシュ広げる癖がある   タンポポ

あまりお行儀がよくありませんが、こんなことしませんか?

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

震災復興住宅

県下には、22年前の阪神大震災で被災した方のための、震災復興住宅がある。
我が家のすぐ近くにもある。
そして退去を巡って、市や県と揉めている。
大部分の方が退去した建物の周囲は、雑草が生い茂りひどいことになっている。

すぐそばの建物は来春で全戸立ち退きとなり、後はペット飼育可の賃貸住宅になると言う。

その説明会が先日、管理組合の役員に向けてあった。
ペット禁止の住宅に住んでいるものとすれば、今後のトラブルが予想される。
複数棟で構成されている当住宅は、敷地が広く公園は敷地内に2箇所あり、
フェンスを出たところに提供公園もある。
ペット飼育可となれば、当然犬なら散歩をさせねばならない。
この提供公園が散歩コースになるのは、目に見えている。

ペット不可の住民もペット可の住民も、お互い気持ちよく暮らすには
どうすればいいのだろうか?

課題は多い。いい案を出して、今まで以上に気持ちよく住みたい思う。

自動車保険

8月に自動車保険の更新がある。
前の車からずっと○ニー損保をかけてきた。
先日損保会社からお知らせがきた。
ネット申し込み割引で、ペーパーレスなのに高い。
事故をしていないし、保険を使っていないのに
去年より高い。

今回、思い切って損保会社を変えようかと思った。
そこで一括見積サイトを見つけたので、見積もりを取った。
CMで見かける各損保会社から見積もりが届いた。

一番高いところと安いところでは、大きな開きがある。
等級と免許証の色にもよるだろうが、この差は大きい。

大手の会社(そう思っている)でもいまのより、かなり安い。
十分に悩んで変えようと思う。
しかし、車とは維持費の高いものだなとつくずく思う。
あと何年乗れるか解らないが、私の脚として頼むよ。

MRI結果・・・

結論から言うと変なものは、映っていないということだった。
検査当日とあくる日、あまりの気分の悪さに寝ていたというのに、
異常は見つからないって・・・それはないでしょ?って気がする。

それに確かに左ひざの裏に、指先に触れる何かがある。
そしてどうかした拍子に、その何かが関節に挟まってアイタタタ!
しかし医者としてもMRIに映ってないものには判断を下せないと
いうところだろう。
もっと大きくなれば、MRIに映るのかも知れないが・・・。

これで一安心と行かないのがつらいところ。

MRI

先日、ある総合病院でMRIを撮って来た。
この病院では右脚を手術する時(約20年前)にも撮っている。

ただ今回と比べて、そんなにダメージが大きくなかったように記憶している。
今回はマイッタ。防音のためヘッドホンをしていても、そのうるさいことうるさいこと。
これには参った。

今回撮ったのは左膝。膝の後ろの角になんだか解らないが、
親指の先ぐらいの肉の塊のようなものがある。
それが関節に入った時、痛くて暫く膝の曲げ伸ばしが出来ない。
先月、股関節の年一回の定期検診に行ったとき、医者に言うと
MRIを撮りましょうと言うことになった次第。

撮り終えた時、頭は自分の頭ではないようだった。
取りあえず頭を抱えて休憩した。
膝でこれなら、頭だとどんなだろう?

結果は明日聞きに行く。
悪いものでなければいいのだが・・・。
悪性のものでなくても、取り除かねばこの痛みからは
解放されない。しかし簡単であれ手術と言うことになれば
病気の夫をどうするか・・・。
子どもではないので一日ぐらい何とかなるだろう、しかし三日あるいは一週間。

食の制限のある身で、どうしたものか?
頭の痛い話である。
そして糖尿のある私は、簡単に手術が出来ない・・・。

コーヒー

我が家の朝は夫が先に起きる。
そしてゴミの日は、夫が出してくれる。
だから長期入院をされると、非常に困る。

私が起きてくると夫は、食事中あるいはもう終わっていたりする。
もちろん毎朝は沸いている。

2週間ぐらい前、コーヒーが残り少なくなったと言うので、
いつものスーパーでいつものコーヒーを買ってきた。
コーヒーメーカーには、ミルが付いているのだが
コーヒー通でもないしと、豆の挽いてあるのを買う。
いやそのつもりだった。

そして缶に移し替えて、いつものように沸かした夫。
私が起きてきたとき、今日からコーヒーが変わった。
何時ものより白いという。?間違えて買ったのか。
私は数年前のある事件から、自宅ではブラックが飲めなくなっていて
マグカップに残った牛乳の上に、コーヒーを注いで飲んでいる。
その時、白っぽいと言ったけどコーヒーはの色は濃いし、いつもより苦いなと
思いながらも、たいして気にすることなく飲み干した。

そして片付ける時、フィルターを捨てようと蓋を取った
フィルターが空っぽ、わずかに粉が残っているだけ。
夫にフィルターの中身すてたの?と聞いてみる。
もちろん返事は

はぁ~~なんと、レギュラーコーヒーを買ったと思ったのに、
インスタントコーヒーだったというお粗末
それにしても夫婦二人して、コーヒーの味など解っていなかったのだと
笑い話でもあり、情けない話でもある。

あくる日売り場で確認しましたとも。
レギュラーコーヒーは売り場の左の方、インスタントは右のほう。
確か左の売り場の商品をカゴに入れたと思うのだけど・・・。
持ってみると重さが全く違う、インスタントは非常に軽い。
気付かなかったとは、主婦歴48年目の大失敗。
仕方ないので、いつものレギュラーコーヒーを買って
一件落着と相成りましたが、今後こんな失敗は多々あるような気がする。

済みコーヒー


コーヒーをブラックで飲む潔癖さ  タンポポ

こんな句を作ったことがありました、今でも外出先ではブラックです。

認知症

     @おばあちゃん


叱らないことが基本の認知症  タンポポ

なりたくてなるのではない認知症、私の母は坂道を転げるように
重症化しています。悲しいことです。
施設に入り、張りつめていた気持ちが緩み、認知症になりました。

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

親不孝

5月も今日で終わる。
今月もとうとう母の面会に行けなかった。

@R0024225.jpg



親不孝な娘でゴメンおかあちゃん  タンポポ